BLOG

2015年の夏、関東〜東海では厳しい暑さに その理由とは?(堀江万喜)

2015年02月25日 23時13分 JST | 更新 2015年02月25日 23時13分 JST

今週前半は春の兆しもみられ、季節の歩みを感じられましたが、そろそろ夏の天候が気になる方もいらっしゃるかと思います。今年の夏は暑いのか、梅雨や盛夏の雨量はどうなのか、暖候期予報をもとに見ていきましょう。

2015-02-26-20150226tenki1_large.jpg
2015年・夏の暑さは?

■今年の夏 関東から東海でかなり暑く!! 近畿以西も普段より暑い!

上の図をご覧ください。

25日(水)発表の暖候期予報によりますと、

今年の夏は関東甲信や北陸、東海でかなり暑い夏(濃いピンクのエリア)になりそうです。

また、近畿や中国、四国、九州、沖縄にかけても

普段より暑い夏(薄いピンクエリア)になる確率が高くなっています。

東北や北海道は例年並みの暑さ(ベージュのエリア)になりそうです。

今年の夏は、特に関東から東海を中心に広い範囲で厳しい暑さが予想され、

熱中症対策など暑さへの万全の備えが必要でしょう。

2015-02-26-20150226tenki2_large1.jpg
2015年・梅雨の雨量は?

■今年の梅雨 東北や沖縄で雨量が多い

では、梅雨の期間の雨量はどうなのか、次の図をご覧ください。

多くなりそうなのは、東北と沖縄(濃い青エリア)です。

その他は、梅雨のない北海道をのぞいて、

関東から九州にかけての広い範囲で例年並み(薄い青エリア)となりそうですが、

短時間にザッと降る大雨には注意が必要です。

■「暑い夏」の理由は近年の高温傾向 梅雨明け後は北陸や近畿以西で多雨

近年は、上空を流れる西風(偏西風)の南側を中心に、高温傾向となっています。

また、太平洋赤道域の海面水温が高い影響で、大気全体の温度が高く、

暑い夏になりやすい傾向です。

今年の梅雨明け後は、北陸や近畿から九州にかけて雨の日が多くなる可能性があります。

偏西風が平年より南寄りで強く流れるため、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く

高気圧の縁をまわりこんで西日本や北陸方面に湿った空気が流れ込みやすくなるためです。

北陸や近畿から九州では、梅雨明け後も雷雲が発生して、激しい雨や雷雨になる可能性もあります。

参考になさってみてください。

(2015年2月25日 23時4分)

【関連リンク】

2015-02-04-20150204tenki_horie_small.jpg
堀江 万喜
気象予報士 防災士
出身地の東海地方では「中京テレビ」や「NHK名古屋放送局」で気象キャスターを務めました。その他、各局ラジオの気象コーナーも担当し、経験を積んできました。2014年4月からは関東に移り、新しい土地の空気や空を感じながら毎日enjoy♪しています。のんびり歩いたり、車窓から景色を眺めることが大好きです。お天気を通して、皆さんの生活がより楽しくなるようお手伝いしていきたいと思います♡