BLOG

【天気1カ月予報】この先は秋晴れ多く

2015年10月08日 20時37分 JST | 更新 2015年10月08日 20時37分 JST

2015年10月8日 21時33分

weather

このところ、本州でも朝晩を中心に冷えてきました。台風23号から変わった低気圧の影響で、北海道の峠では雪が積もった所もあります。グッと秋が深まってきましたが、この先はいったん季節の歩みは足踏みも。この先1か月の天気の傾向をまとめました。

この先は秋晴れ多く

10月のスタートは猛烈に発達した低気圧の影響で、広く荒れた天気となりました。

今週も台風23号の影響で北海道を中心に大荒れに。

北海道には寒気も流れ込み、峠では雪の積もった所もありました。

本州付近もこのところ、朝晩を中心にグッと冷えてきています。

この先、1か月は全般的に高気圧に覆われる日が多く、頻繁に天気が荒れることはないでしょう。

気温は10月後半以降は平年並みか高く、いったん季節の歩みも足踏みしそうです。

weather 三国峠の雪の様子(8日午前8時すぎ)三国峠cafe 武田さん撮影

週ごとの天気傾向

【1週目(~10月17日)】体育の日はお出かけ日和

【天気】

北海道は明日も台風から変わった低気圧の影響で、風の強い状態が続くでしょう。

土曜日以降は荒れた天気は収まりますが、寒気の影響で日本海側を中心にしぐれる日が多くなりそうです。

東北は明日は晴れますが、日曜日は広く雨が降るでしょう。

月曜日以降は晴れる日が多くなりそうです。

関東から九州は土曜日から日曜日は雲が広がりやすく、太平洋側を中心に所々で雨が降るでしょう。

月曜日以降は高気圧に覆われやすく、晴れる日が多くなりそうです。

沖縄・奄美は日曜日まで雨が降りやすいですが、その後は晴れる日が多いでしょう。

【気温】

北海道や東北は平年並みですが、関東から九州、沖縄・奄美は平年より低くなるでしょう。

【2週目(10月17日~10月23日)】季節はいったん足踏み

【天気】

北海道は低気圧や寒気の影響で、日本海側を中心に曇りや雨の日が多いでしょう。

一方、東北から九州は高気圧に覆われる日が多く、秋晴れの日が多くなる見込みです。

沖縄・奄美は天気は周期的に変化しそうです。

【気温】

全国的に気温は平年より高くなり、季節の進みは少し足踏みするでしょう。

紅葉前線も例年より少しゆっくりとなるかもしれません。

特に沖縄・奄美は平年よりかなり高くなる見込みです。

【3~4週目(10月24日~11月16日)】秋晴れ多く、秋の行楽を楽しめそう

【天気】

北海道や東北の日本海側は平年同様にしぐれる日が多いでしょう。

北海道や東北の太平洋側、関東から九州は高気圧に覆われやすく、晴れる日が多くなる見込みです。

沖縄・奄美では天気は数日の周期で変わりそうです。

【気温】

全国的にほぼ平年並みですが、やや高くなる可能性もあります。

(2015年10月8日 21時33分)

【関連リンク】

2014-02-06-small.jpg

吉田 友海

気象予報士

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。

現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。

土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。