BLOG

猛暑はいったん今日まで?北は大雨警戒

2015年08月10日 20時59分 JST

1

今日も関東から西では、うだるような暑さが続きます。ただ、猛暑日はいったん今日まで、となる所が多くなりそう。一方、北海道は局地的に滝のような雨が降るおそれ。大雨による災害に警戒を。

関東から西 猛烈な暑さ 広い範囲で今日まで


関東から沖縄にかけては、広くジリジリと強い日差しが照りつけます。予想最高気温は、名古屋や岐阜、津、京都で36度と猛烈な暑さに。大阪や高松は35度の予想で、連続猛暑日は大阪で12日目、高松は14日目となる見込み。今日も、体にこたえる暑さとなるでしょう。

ただ、明日になると、猛暑日地点はグッと少なくなりそうです(上の図)。県庁所在地で猛暑日が予想されているのは、名古屋・岐阜・津の東海三県と甲府、京都 のみ。そのほか、埼玉県熊谷市静岡県浜松市も猛暑日となりそうです。その後、13日木曜から14日金曜にかけては広い範囲で天気が崩れるため、暑さが少し和らぐでしょう。

とはいえ、肌にまとわりつくような蒸し暑さは続きます。お出かけの際は、汗ふきタオルやハンカチを多めに持っていくことをオススメします。

北海道は大雨に警戒 東北~関東も急な雨に注意


一方、昨日から所々で猛烈な雨が降っている北海道。けさも活発な雨雲がかかっています(下の図を参照。クリックすると最新の雨雲の様子が見られます)北海道は大気の状態が非常に不安定になっており、局地的に滝のような非常に激しい雨が降ることがあるでしょう。特に昨日大雨となった所では、低い土地の浸水土砂災害河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

また、東北~関東も晴れ間が出ますが、急に雨が降ったりカミナリが鳴ったりする見込み。お出かけは、折りたたみ傘があると安心です。洗濯物を外に干している方は、空模様の変化にご注意を。乾いたら早めに取り込むと良いでしょう。

2

北海道の雨雲の動き(クリックすると最新の様子が見られます)

(2015年8月11日 7時28分)

【関連リンク】

middle.jpg
石上 沙織

気象予報士

「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」

NHK岐阜放送局のキャスター時代、

取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。

天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。

以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、

「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。


その後、NHK名古屋放送局キャスターや

中部支社での解説・予報業務を経て

2015年春より日直予報士の一員に。


読んでくださった皆さんに、

少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!