BLOG

九州は4月27日に大雨の恐れ 土砂災害に注意

2016年04月24日 21時52分 JST | 更新 2016年04月24日 21時58分 JST

wether
図をクリックすると最新の雨雲の動きへジャンプ

九州の南には前線が停滞。この前線の南北の動きによって、雨の範囲や降り方、気温がぶれる可能性があり。あす25日(月)は前線がやや南下。北部中心に晴れ間が出ますが、26日(火)からは再び前線が北上。次第に雨が降り出し、27(水)は大雨の恐れ。

24(日)の九州 雨の範囲予想より広がった

きょう24日(日)は、当初の予想より九州の南の前線が南下しなかったため、雨の範囲が九州南部だけでなく北部にも一部広がり、熊本でも所々で弱い雨が降りました。

熊本の最高気温は18度くらい。平年より4度くらい低く、日中も上着が必要でした。

この先も、九州の南に停滞する前線の動きによって、雨の範囲や雨量、気温がぶれる可能性があるため、最新の予報をこまめにチェックお願いします。

25日(月)の日差し有効に!

あす25日(月)の九州は、鹿児島など南部ほど雲が厚く所々で雨。福岡など北部は晴れる見込み。熊本は雲が多めですが、日の差す所もありそうです。

25日の最高気温は、熊本で26度の予想。日中は動くと汗ばむくらいの所もありそうです。復旧作業はこまめに水分補給を行うようにしましょう。

weather

26日(火)次第に雨 27日(水)雨量多くなる恐れ!

26日(火)はじわりじわりと前線が北上。次第に雲が厚くなり、雨が降り出す見込みです。

27(水)は前線上に低気圧が発生し東へ進みます。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、九州は雨量が多くなる恐れがあります。

現時点では、27日の一日で100ミリ以上の雨が降ると計算しているデータもあります。すでに熊本市や益城町では、14日の地震から23日までの10日間雨量が、平年の2倍となっています。

さらに、大雨となると、土砂災害などの恐れが一層高まるため警戒が必要です。

weather
図をクリックすると最新の10日間予報にジャンプ

27(水)は大雨! 29(金)の朝は冷える!

26(火)~27(水)は大雨に警戒! また29日(金)昭和の日は、朝はグッと冷えそうです。

最低気温は熊本と大分は9度、阿蘇市は6度と各地とも一桁の予想。日中は20度くらいまで上がりますが、朝晩と日中の気温差が15度くらいになる所もあります。

気温5度で洋服1枚分違います。重ね着など、服装でうまく調節しましょう。

(2016年4月24日 18時13分)

【関連リンク】

2014-10-05-small.jpg

福冨 りか

気象予報士

空と飛行機が大好きです♪ 職業も客室乗務員→気象予報士と空つながりです。

ちびっ子からお年寄りまで、わかりやすい解説を目指します!