ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

飯野哲夫 Headshot

~天気は変えることはできない~あなたは不可能なことにこだわり続けていませんか?

投稿日: 更新:
印刷

今日も5時過ぎに目覚めたのですが、窓に目をやるとあいにくの雨。

激しい降りで、ウォーキングは断念せざるを得ませんでした。

残念!

降りやまない雨を見上げて、「何とか雨が降らないようにできないか?」と考える。

このようなことを一生懸命に考える人はいないですよね。

なぜならそれは、「不可能」だと明らかに分かっているからです。

雨ならわかりやすい不可能です。

でも、なかなか「こだわり」や「感情的なこと」があると、すんなり不可能と思いきれないこともありますよね。

自分の事は不可能と認めづらいもの


別れた好きな人に気持ちが残っていたら、追いかけたくなります。

あのとき大学へ行っていたら、と後悔し続ける。

怪我をしなければきっと、と想像する。

......

天気ならば変えられないと認められても、自分のことは難しいものです。

ただ、天気そのものは変えられなくても、別の方法を試す、今後のために対策する、こういったことはできるのではないでしょうか?

変えられないならば別の方法を考えてみる


たとえば「雨でもウォーキングするんだ」と決めれば、出かけることもできます。

  • 濡れても帰って着替えればいい
  • 傘や合羽を使う
  • 大きなショッピングモールで歩く
  • 地下街が近くにあれば、そういったところで歩く

とまぁ、考えてみればたくさん方法はあることでしょう。

「なんとかしようと思うか?」ということや「アイデア」次第なのかもしれませんね。

ルールやお金に制限がなければ、もっとたくさんあるでしょう。

それは次への対策や、時間のかかること、になるかもしれませんけれどもね。

  • ウォーキングの為のマシンを買って部屋へ設置する。
  • 家の周りに下屋(屋根)を設置する
  • 地域一帯に屋根を設置して濡れないようにする(笑)

(法律や常識を疑われますかね、でも雨を止めるより可能性があります)

不可能な事にはこだわり続けない


雨に対していろいろと考えられるならば、その問題やこだわりに応用することはできないものでしょうか?

別れた人が気になるのは、その人といれば幸せだと思うからではないでしょうか?

だとすれば、別の人とより幸せになるという可能性はありませんか?

それこそ別れようなんて、お互いに思わないほどに......

学歴が必要ならば、放送大学や大学の通信もありますよね。

1つの分野だけならば、独学でプロレベルになる人もいます。

時間をまき戻すのはちょっと無理ですからね。

おなじ怪我をしないように、予防的なトレーニングやストレッチを学び実行する。

怪我をした経験から、メンタル、コンディショニング、身体構造などを学ぶ、それを仕事などに利用する。

1つの事を直線的に解決しようとすることだけが、解決とは限らないと思います。

こだわっていることが、「変えようと思って変えることのできることかどうか?」という問いは、ときに気持ちの部分で辛いことかもしれませんが、重要なことです。

あなたは不可能なことに、こだわり続けたりしていませんか?