Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

飯野哲夫 Headshot

いまを変えるためには、違うやり方が必要かもしれないということ

投稿日: 更新:
印刷

最近のあなた、上手くいっていますか?

うまく回転していて、やる事なす事万事順調、
順風満帆、向かうところ敵ナシ!

だとしたら、そのまま突き進んでください。

上手くいっているパターン、方法を変える必要などないでしょうし、
変えることは妨げにしかならないでしょう。

考え込んでしまうとか、明確にそうでないとするならば、
違った結果のためには、小さな変化が必要なのかもしれません。

いまと違う状況をつくり出すためには、
「いままでと違う未来のつくり方を試してみる」

ということも方法だと思います。

たとえば毎朝の通勤ルートの路線や、道路を変えてみるとします。
その結果って、いつもとおなじになるでしょうか?

時間は大して変わらないこともあるでしょう。
思いのほか早く着くこともあるし、
残念ながら遅刻してしまうこともあるかもしれません。

美味しそうなパン屋さんがあったり、
知り合いにバッタリ会ってしまったり、
知らないお店が新しくできていたり......

ルートを変えてみたとしたら、
時間もおなじ、景色もおなじ、すれ違う人もおなじ......

ということは考えにくいですよね。
きっとそういうことは無いはずです。

夜空に浮かぶ、静かに光る月。
私たちは月のことをどれだけ知っているでしょうか?

知っている方も、知らない方もいると思いますが、
地上から見上げる月とは、いつもおなじ顔しか見せてくれません。

いつも、月の表側です。

カニがいたり、ウサギがいたりするヤツですね。
おなじ表側でも、ライオンやロバに例えられる地域もあるそうです。

見上げられる月と、見上げる私たちが立つ地球。

この月と地球、お互いの自転や公転の関係で、
地球から見えることのできる部分とは59%ほどだそうです。

私たちが地球の上に立って、直接その裏を見ようとすることは、
いまのままでは困難です。

いつか有人飛行で観光できるようになったら、
メジャーな観光コースの1つになったりして、
私たちが直接に目で見て楽しむ。

そんな未来も訪れるのかもしれませんね。


いくら悩んでも出てくる答えは自分の中のものでしかない

私たちが頭を悩ませて
「どうにかしなければいけない」

と、解決を求める問題やトラブルというものも、
月を見ることと同じようなものではないでしょうか?

私たちは、一生懸命に「なんとかしよう」と努力すれば努力するほど、
自分の頭をフル回転させて、絞りだして考えます。

そうして出てくる答えとは、いつも自分で考えた自分の答えです。

それが「あなたらしさ」といえばその通りですが、
自分の視点で観察し、自分の中で出した答えです。

性格やパターンもそうでしょう。

いつも同じ失敗をする、いつも同じ評価を受ける、
いつも「○○な性格だね」と言われる......

では、それ以外の可能性とは存在しないのでしょうか?

もっと別の見方、ほかの選択肢、ちがう方向性、
思わぬリスク、ビックリするようなメリット......

月で言うならば、裏側に見えるモノ。

おなじ模様を見ても、そこに見立てる模様は
ウサギにカニにライオンにロバに......様々です。

・カフェやレストランで、たまたま聞こえてしまった隣の話。

>そんな方法よりも、○○線に乗ったら一番早いのになぁ
>その美味しかったメニュー、ライバル店のだから、A店では食べられないよ
>君はそう思っているかもしれないけど、お母さんの意見の方が正解だよ

そうツッコミたくなったことはありませんか?

・ことわざから、「3人寄れば文殊の知恵」
・地上で見ても何の意味もない?ナスカの地上絵
・推理小説、サスペンスドラマの犯人
・種も仕掛けもある???手品やマジックショー

自分の目に見えているもの、感じる世界、思考とは、
思ったよりも小さな世界なのかもしれません。

ましてや上手くいかなくて辛かったり、苦しかったり、
すぐになんとかしようと焦っていたり、あきらめはじめているようなときは、

カラダにも影響があったり、ココロの余裕もないことが多く、
なおさら「小さな世界に閉じこもっている」のではないでしょうか。

地上では表側しか見上げることのできない月も、
いまではその裏側を衛星の写真などでみることができます。

パッと見はちょっと気持ち悪い感じに?見えます。

おっと、これは私の視点ということですね。
( すぐに見つかりますので、ぜひ調べてみてください! )


自分の見えていない月の裏側を見てみる

「いままでと違う未来のつくり方を試してみる」とは、
こうした別の視点、ほかのやり方などを取り入れることではないかと思います。

相談する、学ぶ、マネする、辞める、新しくはじめる、
対話する、時間を掛ける、とりあえずやってみる、決断する......

その方法は、人により様々でしょう。

そうすることであなたに見えない裏側を見えるようにしてみる......
そうしていくうちに、だんだんと実際に裏側を見ることも、
いつかは可能になるかもしれません。

解決や未来を求める、そのルートを変える。
そのことによって、時間が変わるかもしれない。

新しく見えるモノも、あるかもしれない。
気づかなかったことに気づくことも、あるかもしれない。

いつもとおなじことは、おそらくおなじ結果になるでしょう。

いつもと違うことは、違う結果になることもあるのではないでしょうか?

(2016年06月22日「ボトルボイス」より転載)

オンライン カウンセリング/コーチング サービス ボトルボイスロゴ