BLOG

外国人排撃を狙ったトレグリッツ放火事件を糾弾する

2015年04月19日 16時14分 JST | 更新 2015年06月18日 18時12分 JST

旧東独にあるザクセン・アンハルト州のトレグリッツは、人口2816人の小さな町だ。4月4日、亡命申請者の収容施設になる予定だった住宅に何者かが放火し、屋根の一部が焼け落ちた。現在ドイツではシリアなどからの亡命申請者が急増している。トレグリッツは今年5月以降、約40人の外国人を受け入れる予定だった。

*「法治国家への攻撃」

政界からは、いっせいに非難の声が上がった。連邦家庭省のマヌエラ・シュヴェーズィヒ大臣(社会民主党=SPD)は、「卑怯で恐るべき放火事件だ。私は激怒し、悲しみに溢れている」として犯人を非難。「極右主義との戦いの手を緩めてはならない」と述べた。

連邦議会でキリスト教民主同盟(CDU)の議員団の院内総務であるフォルカー・カウダー氏は、「亡命申請者の収容施設に放火し、外国人の受け入れを妨害しようとする行為は、法治国家ドイツに対する攻撃だ」と批判した。

*ネオナチの犯行か

トレグリッツでは、今年に入って極右勢力が不穏な動きを繰り返していた。この町では、今年1月から一部の市民が、周辺の郡から集まったネオナチ勢力とともに毎週日曜日に亡命申請者の受け入れに抗議するためのデモを行っていた。

神学者でもあるマルクス・ニールト町長は、亡命申請者の受け入れに賛成していた。今年3月にネオナチを含む反対派が、デモの後ニールト氏の家の前に止まって抗議集会を行う方針を明らかにした。ニールト氏は、トレグリッツを受け持っているブルゲン郡当局に抗議集会を禁止するよう訴えたが聞き入れてもらえず、「郡から十分な支援を受けられない。デモ隊によって家族が脅かされるのは耐えられない」として、町長を辞任した。

ニールト氏は、何者から「殺す」と脅されていたことを明らかにした他、トレグリッツの難民問題を引き継いだブルゲン郡のゲッツ・ウルリヒ郡長も、「首を切り落とす」と脅迫されていることがわかった。

本稿を執筆している4月8日の時点で、放火事件の犯人は摘発されていない。しかし今年1月以来の状況から、外国人の排撃を狙うネオナチ勢力の仕業である疑いが濃厚だ。

これまで亡命申請者は、兵舎など1ヶ所に固まって住むことが多かった。だがこれではドイツ人住民との交流が進まず、外国人が地域に溶け込みにくい。このためブルゲン郡当局は、12の住宅で部屋の一部を借り上げて、亡命申請者を住まわせることにしていた。外国人が孤立するのを防ぎ、ドイツ人との交流を促進するためである。

*受け入れ賛成は小数派

ウルリヒ郡長は、亡命申請者の受け入れをあきらめていない。しかし放火事件や脅迫事件のために、5月にトレグリッツが最初に受け入れる亡命申請者の数は10人に減らされることになった。

ニールト前町長は、「トレグリッツの大半の住民は、亡命申請者をめぐる議論で押し黙り、受け身だった」と語る。彼のように難民受け入れに積極的だった市民は、小数派だった。4月4日には、トレグリッツで放火に抗議する集会が開かれたが、集まったのは約350人に過ぎなかった。

この種の事件が起きているのは、トレグリッツだけではないし、旧東独以外の地域でも起きている。去年12月には、旧西独バイエルン州のフォッラという町で、亡命申請者の収容施設になる予定だった建物が放火された。犯人は、近くの建物にスプレーで鉤十字を描いていた。また今年2月には、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州のエッシュブルクでも、イラクからの難民を住まわせる予定の建物が火をつけられた。

*90年代にも極右の暴力が増加

私はこれらの事件を聞いて、極右の暴力が吹き荒れた1990年代を思い出している。

1992年には極右勢力が2285件の暴力事件を引き起こし、外国人ら17人を殺害した。旧東独のロストクでは、極右勢力が亡命申請者の住宅に放火、投石し、周辺の住民が喝采を送る模様がテレビで放映された。

1992年11月には、旧西独のメルンで極右の若者がトルコ人の家族が住む家に放火し、女性と子ども3人が焼死。1993年6月にも旧西独のゾーリンゲンで、極右思想を持つドイツ人が民家に火をつけ、トルコ人の女性と子ども5人を殺害した。

2015-04-18-1429356717-8590942-48Moelln.jpg

1992年にメルンで発生した極右勢力による放火事件の現場(筆者撮影)

当時外国人に対する暴力事件が急増した理由の一つは、ドイツ政府が統一とともにポーランドやチェコに対する国境検査を緩和した結果、ルーマニアなど東欧からの亡命申請者が、急増したことである。1992年には、43万8191人がドイツに亡命を申請した。

憲法擁護庁によると、ドイツの極右勢力の数は2013年の時点で2万1700人。ドイツの人口の0.03%にすぎない。数は少なくても、極右勢力はこの国に住む外国人にとって危険な存在なのだ。さらにこの種の事件は、ドイツの対外イメージを深く傷つける。

*ドイツ人の不安感

ドイツ人、特に年配の人々と話すと、彼らが亡命申請者特に中東からの難民について強い不安感を抱いていることを感じる。「ドイツがイスラム化するのではないか」とか、「難民に混じって、ISのテロリストがドイツに潜入するのではないか」という不安である。

だがこの国では、「イスラム過激派とイスラム教徒を混同してはならない」として、イスラム教徒を批判から守ろうとする動きが目立つ。また、「国民経済に負担がかかっても、戦争や圧制を逃れてきた外国人を受け入れて、救いの手を差し伸べるべきだ」という意見も根強い。そのことは、心強く感じる。政府は極右勢力や排外主義との戦いに一層力を入れて欲しいものだ。

ドイツ・ニュースダイジェストに掲載した原稿に加筆の上転載

筆者ホームページ: http://www.tkumagai.de