Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TRiPORT(トリポート) Headshot

国境を超えるレインボーフラッグ - 世界LGBTプライドパレード巡り -

投稿日: 更新:
印刷

いよいよ恒例の「東京レインボープライド」が近づいてきました。4月27日に11時から18時まで渋谷・原宿界隈でパレード、そして代々木公園で行われる大規模なお祭りです。

世界中に行われているLGBT(※1)プライドイベントと同様に、「東京レインボープライド」の目的は、LGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティが、差別や偏見にさらされることなく、当たり前に生きていける社会を実現することです。

(※1)LGBT(レズビアン/女性同性愛者、ゲイ/男性同性愛者、バイセクシュアル/両性愛者、トランスジェンダー/心と体の性の不一致)

5708e928d1d6902ee31ba88ccc4d7a8153620e51_tn647x298
Tokyo Rainbow Pride 2013 Photo: Time Out Japan

「東京レインボープライド」と同じく、LGBTの存在を幅広く知ってもらうことを目指すイベントは、実は世界中でたくさん予定されています。パレード、映画祭、パーティーなどなど世界の国々のLGBTプライドイベントが多種多様です。

今日はそのようなイベントをご紹介します。旅先で出くわしたら、ぜひ参加してみたらいかがでしょうか?

(1)「プケット・ゲイプライド」/タイ

東南アジアではタイが一番LGBTフレンドリーな国だと言われています。同性結婚などの権利がまだ認められていませんが、セクシュアル・マイノリティが素性を隠すことなく普通に生活を送ることができます。

そのため、LGBT旅行者のなかでタイが特に人気を集めています。プーケットで行われているゲイプライドに参加するためにタイを訪れる方も少なくないでしょう。

phuket-pride-gay-festival-2
Phuket Pride Festival 2013 Photo: Travelfish

「プーケットプライド」は4月20日から27日まで行われる予定です。8日間も続くイベントで、アジアで一番大きなLGBTプライドイベントだそうです。プールパーティー、ラチャ島へのクルーズ、バレーボールトーナメントなどなど、楽しいイベントが目白押し。

そして、27日にグランドフィナーレのパレード。シングル、カップル、子供連れなど老若男女や持っている思考性を問わず、誰でも参加できますよ! 「プーケットプライド」のイベント詳細はこちらです。

(2)「サンパウロ・ゲイプライド」/ブラジル

「サンパウロ・ゲイプライド」は世界の最大ゲイプライドイベントだと言われています。去年の「第17回サンパウロゲイプライド」になんと4百万人も参加していたとか。

1997年から毎年「サンパウロ・ゲイプライド」がLGBT差別問題を議論する場となっています。このようなLGBT人権運動の活動のおかげで、ブラジルではセクシュアル・マイノリティがあまり差別されることなく、同性結婚も含めて法律上に異性愛者と同じ権利が認められています

1parada-gay_bx_jose-cordeiro_pi
São Paulo's Parada Gay Photo: Time Out

今年5月4日に開催される「サンパウロ・ゲイプライド」はコンサートや文化的なイベントが行われる予定です。そして、なんといっても注目なのは巨大なパレード。
アベニーダ・パウリスタに位置するサンパウロ美術館(MASP - Museu de Arte de São Paulo)前に集合し、朝から道が人であふれます。パレードは14時頃から22時まで続きます。お見逃しなく!

(3)「テルアビブ・ゲイプライド」/イスラエル

テルアビブはLGBTフレンドリーな街として定評があり、2011年にLGBT旅行サイトGaycities.comによって最適な旅行スポットとして認定されました。
他の都市と違って、テルアビブにはゲイバーが密集している、いわゆる「ゲイエリア」が存在しないそうです。なぜならば、街全体がLGBTのセクシュアル・マイノリティを受け入れ、特定なエリアにゲイバーを設置する必要がないからです。

IMG_8712
Tel Aviv Gay Pride Parade 2012 Photo:The Tower

「テルアビブ・ゲイプライド」は、1998年から毎年行われています。小さな集まりとして始まったこのゲイプライドイベントは、現在10万人まで集まっています。今年の「テルアビブ・プライドウイーク」は6月8日から13日まで行われる予定です。パレードはテルアビブの街中を通り、ゴードンビーチに到着します。参加したいと思っている方は、水着をお忘れなく!

「テルアビブ・ゲイプライド2014年」の詳細はこちらに随時追加されるようです。

4901586320_ace898f0fc_o
Photo: Shohei Watanabe

イスラエル、と聞くとどうしても危ない国のようなイメージがありますが、ジェンダーに対する考え方も教育制度など多くの人にとって住みやすい場所です。エルサレムから鉄道で地中海の街を見て回った、Shohei Watanabeさんのログブック「テルアビブと周辺の街散策」を読むと、その理由がわかります。

(4)「サンフランシスコ・プライド」/アメリカ

そもそもLGBTプライドパレードというのは、いつ、どこで始まったのでしょうか?

1969年6月28日に、ニューヨークのゲイバーで警官の捜査に対して、LGBTの人々が反撃を行った事件が発生しました。「ストーンウォールの反乱」として知られているこの事件をきっかけに、LGBTプライド運動の活動が始まり、毎年反乱を記念して世界中でパレードが行われているのです。

その中で、1970年から毎年6月28日〜29日に開催されている「サンフランシスコ・プライド」は、一番歴史が長くアメリカ最大のLGBTプライドイベントとなっています。

zuck3
San Francisco Pride Parade 2013 Photo: Business Insider

「サンフランシスコ・プライド」は国際LGBT映画祭をはじめ、様々なイベントが行われています。そして最も注目を浴びているのは29日に行われるパレードです。パレードはLGBTの方だけではなく、いわゆる「ストレート・アライ」(※2)も自由に参加できます! 去年のパレードにSNS大手フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグもフェイスブック社員700人とともに参加しました

毎年違うテーマでパレードが行われていますが、今年のテーマは「誇りをもって世界に色付けしよう」です。カラフルで賑やかな一日を過ごしたい方、ぜひ足を運んでください! 「サンフランシスコ・プライド」のイベント詳細はこちらです。
(※2)ストレート・アライとは、人権の平等化や男女同権およびLGBTの社会運動を支援する異性愛の人々を指す

]IMG_0494
Photo: Fumiaki Nakagawa

サンフランシスコといったら、有名なシリコンバレーが浮かんできます。アップルなどの大手IT企業に興味がある方はパレードの他にも新進気鋭の若手実業家たちの刺激的な世界をぜひ覗いてみてください。シリコンバレー企業の見学を紹介するFumiaki Nakagawaさんのログブック「SanFrancisco&SiliconValley」が参考になるかも?

さらば、偏見!

「レズビアンとゲイの方へ。旅する際に知っておきたい9個のTips」でも紹介されているように、LGBTの方に対する差別が根深く同性愛を禁止する法律を持つ国もあります。危ない目に遭わないように、海外旅行に行く前にその国の事情を確認しましょう

一方、LGBT運動の活動のおかげで、だんだんセクシュアル・マイノリティに対する差別がなくなって、同性結婚や同性愛カップルの養子縁組みが認められている国もあります。自分の国であり得ないことや見かけないことは、他の国ではすでに現実になっているんです。このように世界中の国々が違うからこそ、旅に出る価値があると思いませんか?偏見を捨てて、新たな世界を発見しましょう!

Close
南米のLGBTプライドマーチ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド