BLOG

絶滅の危機?10年後には無くなってしまうかもしれない、世界の16の島々

2014年04月26日 16時19分 JST | 更新 2014年06月22日 18時12分 JST

最近はすっかり暖かくなってきました。今はゴールデンウィークですし、トロピカルな島に旅行なんてのもいいかも。ただ、今世界には近い将来無くなってしまうかもしれない島々があるんです。温暖化による海面の上昇も、その原因と考えられています。

今日は美しくも危機的状況にある、16の島々を紹介します。

参照:16 ASTONISHING IMAGES OF ISLANDS THAT COULD DISAPPEAR IN THE NEXT CENTURY

1. モルディブ島 (Maldives)

1_The-Maldives

名前は「島々の花輪」という意味を持ちます。インドから南に400㎞離れた所にあります。海底からはたったの1.5㎞しか離れておらず、世界で一番浅い海に囲まれた島です。

2. ゴラマラ島 (Ghoramara)

3_Ghoramara

人口はなんと5000人だけ! 最も大きいマングローブの木がある、インドのサンダバーバンデルタにある島です。1972年~2010年の間に島の半分が無くなってしまったと言われているのです。

3. キリバティ島 (Kiribati)

4_Kiribati-940x679

ハワイとオーストラリアの間にあり、33の島で形成されています。調査では最も無くなってしまう可能性が高いと言われていて、政府は103,000人の住民たちの避難先を探している最中なんだとか。

4. ツバル島 (Tuvalu)

5_Tuvalu

南太平洋にたくさん浮かぶ小さな群島国のひとつで、世界で4番目に小さいと言われている国。ある島の人の「もしこの50年のうちに、気候の急激な変化に対して何もしないのなら、世界は私たちの死体を海から集めることになるだろう」という言葉がセンセーショナルに報道されたことでも話題になりました。

5. パーマストン島 (Palmerston Island)

15_Palmerston-Island

南太平洋にある、ニュージーランドの領土のクック島の一部で、離島です。人口は62人。一般的な学校の一学年分よりも少ない、人数です。

6. ギゾ島 (Ghizo Island)

ghizo

写真:Google Mapより

大きさはたったの11㎞×5㎞の小さい島。パプアニューギニアの東に位置していて、ソロモン諸島に属しています。ホテルなど宿泊施設もあり、小さい面積ながらも、リゾートな雰囲気が漂う離島です。

7. マーシャル島 (Marshall Islands)

6_Marshall-Islands-940x588

海面平均から2メートルの高さに位置しているこの島、26個のサンゴとサンゴ礁で形成されているんです。6万8000人以上の人々が住んでいて、「真珠の首飾り」という名前でも呼ばれてる、マーシャル諸島全域を領土としているスゴク小さい国家です。

8. トリニダード&ドバゴ島 (Trinidad and Tobago)

11_Trinidad-and-Tobago

とてもカラフルな島。ベネズエラから11km離れた所にあり、2つ島と属領からなる共和制国家です。 イギリス連邦加盟国でもあります。

9. ボイグ島 (Boigu)

10_Boigu-940x1028

260人の先住民族が住んでいる、オーストラリアの島です。パプアニューギニアから6km離れたところに位置しています。オーストラリア政府は、島を守るために日本円で約2600万円も投じて防波堤を作ったそうです。国をあげて守るべき、大事な島です。

10. バヌアレブ島 (Vanua Levu)

8_Vanua-Levu (1)

フィジーの次に大きい島。政府によると、600人以上もの住民たちの住むところが、海面の上昇で少なくなっているそうです。ちなみに島の主要生産物はサトウキビ。いつまで採れるかわからないという不安定な現状を抱えています。

11. パラセル島 (Paracel Islands)

14_Paracel-Islands

島の権利は長年、中国とベトナムの間で争われています。砂丘や小島で形成されています。

12. フェネ島 (Huene)

9_Huene

既に海によって2つに分かれてしまっているという、厳しい現実を既に映し出しているこちら。パプアニューギニアのカーテレット島の一部です。

13. アイツタキ島 (Aitutaki)

aitutaki-matador-seo-940x597

日本ではまだまだ知られていないこの島だけど、ニュージーランド人とオーストラリア人の間ではハネムーンの場所として有名なスポットです。約2000人が住んでいて、すぐに消える恐れは無いけれど、住んでいる所には海岸が迫ってきているようです。

14. アシュモア・カルティエ諸島 (Ashmore and Cartier Islands)

12_Ashmore-and-Cartier-Islands

3つのサンゴ礁からできているオーストラリア領土の無人島。オーストラリア政府は、この島をまもるための計画を練り、そのおかげで、無人島にも関わらずしっかりとした整備がされているのです。

15. アルバドラグループ島 (Aldabra Group)

2_The-Aldabra-Group

この島は4つの島で構成されるんだけど、そのうちの1つは、世界で2番目に大きなサンゴ礁です。さらにユネスコから世界遺産として認められており、アルダブラゾウガメというゾウカメの生息地としても有名です。

16. バミューダ諸島 (Bermuda)

7_Bermuda-940x592

イギリスの領地で、数多くの環境問題抱えながらも生き延びている島です。観光産業がとても盛んで、一人当たりのGPAは76ドルなのです。(日本の一人当たりのGPAは約37万円です)

いかがでしたでしょうか。ありきたりな言葉ですが、技術が発展して生活が便利になると、その分どこかで弊害が生じてしまうということを、改めて感じずにはいられません。綺麗な景色も、住んでいる人々の生活も、しっかり守っていきたいですね。

北マリアナ諸島・サイパン

死ぬまでに行きなさい!! 外国のチャーミングな風景18選♡

アジアのベストアイランド

世界のベストアイランド