BLOG

狭くてもスケスケでも、住めば都。世界のミラクルな家10選

2014年04月30日 19時21分 JST | 更新 2014年06月28日 18時12分 JST

突然ですがみなさんは、どんなお家に住んでいますか? マンション、一軒家、それともアパートでしょうか。住めば都と言いますが、今日は世界の驚愕のお家を10個紹介します。

<引用・画像参照 10 Of the Most Unusual Homes in the World

1. 透明な家/東京, 日本

unusual-homes-4-1

unusual-homes-4-4

子供のいないご夫婦からの要望で設計されたこの家。透けすけですのでプライバシーはほぼ皆無です。

2. スケボーハウス/マリブ, カルフォルニア

unusual-homes-2-1

unusual-homes-2-2

プロスケーター選手権のチャンピオンの提案で作られた世界初の「スケーターハウス」。家中どこでも滑れちゃう、世界中のスケーターが夢見た家ではないでしょうか。

3. 世界一細長い家/ワルシャワ, ポーランド

unusual-homes-10-5

なんと幅92cm~152cmの家。どうやって寝るのかは謎です。建築家のユニット「Centrala」に所属するポーランドの建築家Jakub Szczesnyさんが、イスラエルの作家Etgar Keretさんのために、スリムな家を作りました。Keretさんは1年間ここに住んで執筆に勤しんだそう。今は世界中の芸術家たちが、数日から数週間滞在できる場所になっているようです。

4. 元給水塔のモダンな家/ベルギー

unusual-homes-5-1

unusual-homes-2-2fdfd

戦争時にナチスの給水塔として使われていた30mの塔。これが今ではモダンなお洒落な家に大変身!円柱の建物だからこそ、内部の設計にも丸みを持たせたものがたくさんで、統一感のある家に仕上がっています。

5. アニメに触発された洞窟の家/マリブ, カルフォルニア

unusual-homes-3-1

unusual-homes-3-2

アメリカで60年代にヒットした「Flintstone family」というアニメに影響されてマリブに建設された家。アメリカを代表するコメンテーターDick Clarkさんが3億5千万円で購入したそうです。

6. 1スクエアの世界一小さい家/ベルギー

unusual-homes-6-2 (1)

unusual-homes-6-4 (1)

「1スクエア = 0.093平方メートル」。つまりとてつもなく小さい家で、ほとんど箱に住んでいるようです。設計図を見れば一応姿勢は動かせるようですが......。設計された理由としては、どこにでも移動できるお家が欲しかったからだとか。

7. 滑るお家/東京, 日本

unusual-homes-7-1

unusual-homes-7-3

家の中に滑り台がある、都内の目黒にあるこの家。外見もやわらかい丸みを帯びているだけではなくて、内部も優しい雰囲気を醸し出しています。

8. 岩のお家/サンモント, ポルトガル

unusual-homes-9-2

unusual-homes-9-3

岩でできた家で、ドアだけでなく煙突と窓もきちんとあります。サンモントという街には岩の家が多く、観光スポットとしても人気。地形をそのまま生かした町並みで、地元の人たちにとっては岩の家は一般的なんだとか。

9. 元教会のモダンなお家/オランダ

unusual-homes-1-1

unusual-homes-1-4

廃止された2つの教会を住宅へリフォームしたこの家。美しいものを残す為に、用途を変えて今は住宅となっています。一部、無礼だ!という意見もあったようですが、数多くの協会が潰れることが問題となっていたオランダが打ち出した新施策です。

10. 巨大貝殻のお家/メキシコ

unusual-homes-8-1

unusual-homes-8-2

貝殻の中がまるでVIPルームのよう。2人のこどもを持つ夫婦が建てたお家で、もちろん本物の貝殻ではありません。ガウディに影響された設計で、自然と融合したお家にしたかったそうです。

住宅地には意外と生活感が出ていたり、好奇心を刺激されるものです。大御所が作った建築を見て回るのもいいですが、こういう人々が生活している普通のお家を見るのもおもしろそう。ただし、これらが住宅街に溶け込んでるかどうかは謎......。それはぜひ実際に行って確かめてみてください!

Scottish-Inspired Home On B.C. Island