BLOG

ママやパパ必見。子どもと旅をするなら絶対に覚えておきたい15のこと

2014年06月02日 22時36分 JST | 更新 2014年08月01日 18時12分 JST

海外へ行くと、時々家族で旅をしている人がいます。でもまだ幼い子と旅をするには、いつもと違った準備が必要です。好奇心旺盛な彼らと全く違う環境で、安全に旅をするのはたいへん。

そこで今日はよちよち歩きのこども年頃のこどもたちと一緒に旅をするTipsをご紹介します。

(参照・画像引用 20 TIPS FOR TRAVELLING WITH CHILDREN)

乳幼児との旅

1. 時間に余裕を持つ

空港、観光地だけでなく移動時も、いつもより多くの時間を見積もっておいたほうがベター。赤ちゃんはハイハイしながら新しい事を探検するのが大好き。時間も気にせずどこへでも行くから、時間のゆとりを忘れずにしたいですね。

2. 全ての予約を事前に

79670703-660x440

キャンプするにもホテルに泊まるにも、予約は絶対に事前にしておく方がいいです。行き当たりばったりの旅行もいいけれど、子供連れが必要な設備の揃った場所を、当日見つけられるとは限りません。

3. カメラを持たせる

カメラと言えども、もちろん、おもちゃやインスタントカメラみたいな簡易なもののことです。彼らの目線から映し出されるものって写真で見てみるとおもしろいものです。ちなみに、ヒラリー・クリントンの3歳のベイビーは、動物とお花、そしてうさぎの糞を撮ったんだとか。

4. どんな気候にも合わせた服の準備を

130110642-660x437

これは基本的なことだけれど、ちょっとした気温や天候の変化が、子供の体調に影響を及ぼすことは十分ありえます。裸足で駆け回るのもいいけれど、サンダルでもなんでも必ず履いておいたほうがいいです。何が落ちているかなんてわからないし、日焼けも大敵です。

5. トイレ練習セットは万全に

飛行機や公共交通機関でのトイレも一苦労。もし旅行の荷物に、ビニール袋や着替えなどを余分に持っておくことが重要です。日本みたいに、車椅子の人や子供連れの人のための広めのトイレがあるとは限りません。

6. スマートフォンアプリをフル活用!

今は子供のためのアプリがたくさんあります。おもちゃやぬいぐるみって嵩張るからたくさん持っていけないけれど、アプリならスマホひとつで十分。もしダダをこねたら、クレヨンと紙があるだけでもOK!

7. 公共の交通機関を使う

109420274-660x438

まだ歩けないような子だったら、ハイヤーみたいな人目を気にしない乗り物を選びたいかもしれません。でも、可能な限り公共交通機関を使うのもよいです。理由は、学ぶものが沢山あるから。電車なら車内アナウンス、ほかの乗客たちの視線や五感に訴えかけるものが多いため、なるべく気負いせず公共機関を使ってみてください。

8. GPSに頼って

子供は自由を縛られる事が嫌い。だからこそ、彼らのミニバックかどこかにGPS付きの探知機をつけてあげるのがいいです。大袈裟と思うかもしれませんが、空港や駅、テーマパークなどの人混みでは、いつ好奇心旺盛な子供たちがいなくなるか分かりません。

9. 携帯消毒液&ジェル常備!

現地の衛生面が心配ならば、消毒材は必須!  液体だと飛行機での移動などでめんどうですから、使い捨てできる除菌シートなどが便利です。

10.薬を忘れないで!

機内での揺れ、いつもと違う食生活、そんな些細な事でも子供たちの具合は変わりかねません。赤ちゃんや小さい子は、いざお出かけという時に具合が悪くなることが多いもの。もともと飲み慣れているお薬が安全です。もちろん、絆創膏なんかも必須!

ちょっとオトナになった(?)こどもとの旅

1. 子供に荷物の準備をさせないで

139800671-660x440

あれもこれも詰めすぎて、旅先で「荷物が重い!」なんて駄々をこねられようものなら、パパもママも途方にくれてしまいます。一旦子供達に準備をさせてみて、何が本当に必要か、パパやママが確認しながら再度選抜するのがよさそう。

2. 甘いものは避けて

普段とは違う場所への長い旅行。子供から「お腹すいた!」と食べ物をねだられることは間違いなし。でも、そこでお菓子をあげるのはだめ。どうせなら、現地で買ったフルーツや、旅先だからこそ食べられるものに変えるのが良いです。

3. 旅行日記を書かせて

143151580-660x440

子供たちに、何を見たか、面白かった物や美味しかった物などの話を、書いて残すよう促してみてください。見てきたものの絵を描かせるなんてのも大事! 旅行先でポストカードを買って、未来の自分に手紙を書くのもいいですね。

4. 親の連絡先を

人混みで子供が迷子になることは日常茶飯事。いつ何が起きてもいいように、子供の荷物に連絡先をしのびこませておくのが大事。意外と忘れがちですので、気をつけてください!

5. 子供の意見を聞いて

147217471-660x440

少し年頃になると、家族と一緒の行動を避けるのはよくあること。しかし、親のプランを押し付けず、彼らのやりたいことに耳を傾けるのが大事です。旅先だからこそ見える、こどもたちの成長も感じられるはずです。

年代によって子供心も変わります。一緒に旅へ行くのが、こどもとおとなの組み合わせになると、行く国によって準備する物も違う上に、計画する内容も変わります。せっかく異国の風に触れるなら、おとなもこどもも五感で楽しめる旅になるといいですね。

■Masaki Hilano「Tabiiku @ ノルウェー・オランダ

■Shohei Watanabe「小6の娘と北京コソ連

■Masayuki Oka「パラオ 2012

http://blog.compathy.net/

▲編集元:TRiPORT

Ten Reasons To Travel With Your Kids While They're Little