BLOG

【質問】24時間やってるお店は、海外では珍しいんですか?

2015年08月17日 22時04分 JST | 更新 2016年08月11日 18時12分 JST

TRiPORTライターのヤマガミです。

日本ではコンビニは全国各地にあり、ファミリーレストランをはじめとする24時間営業の店舗が数多く存在しています。そのため、夜間でも買い物ができたり、食事ができるので、とても便利です。このような24時間営業の店舗は、万国共通なのでしょうか? 今回、TRiPORT読者から以下のような質問が寄せられました。

【質問】海外では24時間営業のお店は珍しいのでしょうか?

2015-08-12-1439359363-3141629-a1280pxYoshinoya_250gosenAboshi640x451.jpg

Photo credit: Yoshinoya 250gosenAboshi.jpg by Corpse Reviver via Wikimedia Commons(license)

ではさっそく、TRiPORT 編集部がお答えしましょう。

海外の国々では、24時間営業のお店は地域によって様々。日本に近いアジアの国々、韓国や台湾、中国などのほかにもタイやベトナムなどでは、セブンイレブンやファミリーマートなど、日本でお馴染みのコンビニを見かけます。海外市場の拡大を戦略的に図っていることが背景にはあるようです。

これらのコンビニは日本以外の国でも、24時間営業していることもあり、いつでも便利に買い物ができます。今やアジアの国々では珍しいものではなくなり、庶民に浸透している店舗でもあるのです。また、国によってはファミレスも存在していて、昼間はもちろんのこと夜に食事をしながら過ごす場として、利用する人も少なくありません。

海外の国々でも、欧米はどうでしょうか。ハワイやグアムなどを含むアメリカは、大手のコンビニのほかにも、ローカルのコンビニがかなりあります。ガソリンスタンドなどに併設されている店舗も多く、そういったところを日常で利用する人が多いのです。また、オーストラリアなどにもそれは存在しています。

しかし、ヨーロッパでは...?


それに対してヨーロッパの国々では、24時間営業のお店はなかなかありません。ヨーロッパでは、習慣として「お休みの日はきちんと休む」といった感覚があり、日曜や祭日を「お休み」にしている店舗がほとんど。ただ、利用者が困らないように、全ての店舗を休みにするのではなく、1店舗だけ順番で営業をするようなスタイルをとっているのです。

このように、日本では一般的なコンビニやファミレスという24時間営業の店舗は、アジアやアメリカなどでは数多くあり、利用されていますが、ヨーロッパの国では見かけないものなのです。ヨーロッパ旅行の際は、そのお店が何時までやっているのかをしっかりチェックしておいたほうがいいかもしれませんね!

ライター:マリアヤマガミ

Photo by: Yoshinoya 250gosenAboshi.jpg by Corpse Reviver via Wikimedia Commons(license)

【関連記事】

馴染み深く、その国の日常も感じることができるコンビニの世界

残業しすぎ?「過労死」という言葉は、英語でも「KAROSHI」!

国際結婚で新郎に待ち受ける試練とは...?シンガポールの結婚事情

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT