BLOG

日本未出店!安くてかわいい、注目の北欧雑貨店3選

2014年05月15日 22時54分 JST | 更新 2014年07月11日 18時12分 JST

こんにちは! TRiPORTライターの佐川です。

最近は気温もあたたかくなってきましたね。季節や気温が変わってくると「そろそろお部屋の模様替えでもしようかなぁ......」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメしたいのが北欧雑貨です!

北欧雑貨の魅力とは

denmark

写真:Jun Shibui「Denmarkへの旅」より

多くの日本の女子の心を鷲掴みにしている北欧雑貨ですが、何がそんなにイイんだろう?という方に、まずは簡単に北欧雑貨の魅力についてご説明。

  • 大量生産をしているとこが多いので種類も豊富でそろえやすい
  • 色のバリエーションが豊富で、自分の気に入った色や幅広いテイストに合わせることが出来る
  • 家具やインテリアがどことなく丸みを帯びたデザインが多く、こどものおもちゃのような温かみがある
  • 値段もお手頃な物が多い

など、それぞれのライフスタイルに合った良質の物を、手軽に選ぶことができるのです。

そこで今回は日本未上陸の、現地価格でお安くゲットしていただきたい北欧雑貨店について紹介します。

1.H&M HOME/スウェーデン

H&M home

写真:H&M Home / Fall Collection

スウェーデンのアパレルメーカーであるH&Mグループが経営するファッションブランドとして有名な「H&M」。レディース、メンズ、そしてキッズと幅広い洋服を取り扱っていて、さらには値段もお手頃なのでファストファッションとしての高い人気を得ています。日本にも続々とお店がオープンし、今では全国に40軒を超える店舗を構えています。

「H&Mって洋服を売っているだけじゃないの?」と思われますが、驚くなかれ。実はファッショナブルで大人から子供までひきつけられる「H&M HOME」という雑貨店も展開しているのです。

かわいい花柄や、シンプルで使いやすく合わせやすいデザインなど、商品はどれもこれも迷ってしまうほど。さらには動物をモチーフにした柄など、大人から子供まで楽しめる豊富なデザインがそろっています。

2.ZONE/デンマーク

1619585_814127071949243_1647596887_n

写真:ZONE公式Facebookページより

家をお洒落にしよう!と思っても、実用性を優先すると好きなデザインがなかなか見つからなかったり、とりあえず見つけたものを使ってしまえ!となるのが水回り。ですがこちらのデンマーク生まれの「ZONE」なら、北欧デザインに染まりきれない部分も解決してくれるかもしれません!

と、いうのもこちらのお店はキッチン用品とバスルーム用品に力をいれており、料理やバスタイムが思わず心躍るようなデザインが豊富なのです。

キッチン用品はお皿やカップはもちろんのこと、泡だて器やおたまなど、ただ置いておくだけでも気分が上がりますよね。しかも、まな板にメモリがついていたり利便性も兼ね備えています。バスルーム用品も清潔感がある商品がたくさん!

毎日使う水回りこそ、全て同じ柄で集めて、自分好みの色合いと雰囲気に囲まれて過ごしたいですよね。

3.Design Torget/スウェーデン

527713_549845615036768_1843370939_n

写真:design torget公式Facebookページより

ここの雑貨店の特徴は、その個性的なデザイン。置物やグラス、バッグや時計など多種多様な商品を取り扱っているのですが、とにかくデザインが独特なんです。見たことのない斬新なオリジナルの商品がたくさんあり、思わず「なにこれ!」と言ってしまうような興味のそそられる雑貨がたくさんあります。

お土産としてプレゼントに買って帰るのも、家にインテリアとして飾るのにもぴったりな商品がたくさんあるので、選んでいる間も楽しめます。

ほんとうのお気に入りは、現地のお店だけ

image

写真:Hiroaki Takeuchi「初めての一人旅 北欧スウェーデン~フィンランド」より

ご紹介した店舗では、中にはウェブでの通販を行なっているところもあります。見ているだけでわくわくするのが北欧雑貨の魅力ですが、注目したいのはその肌触り。手で取ってみないと分からないことってたくさんあると思います。生地が違っていたりだとか、予想外の大きさだったり......。

現地で買えばそのような失敗も減りますし、なによりも思わぬ掘り出し物に出会えることもあります。ご紹介したお店以外の小さな個人で営むところでも、見逃せない店舗があるのが北欧です。そういう偶然の出会いは、現地へ赴かないことには得られません。また、町中を歩いて自分だけのお気に入りのお店を見つけるなんて、宝探しみたいでますますわくわくしませんか?

ぜひ、生の北欧雑貨を、現地でゲットしてみてくださいね!

http://blog.compathy.net/

▲編集元:TRiPORT

H&M Designer Collaborations