BLOG

海が綺麗なだけじゃない!新婚旅行にピッタリの島3選

2014年06月27日 22時43分 JST | 更新 2014年08月26日 18時12分 JST

6月といえばジューンブライド。結婚式のシーズンですね。6月の挙式に向けて準備をしてきたカップルも多いのではないでしょうか?

挙式が済んだらやっぱり気になるのが新婚旅行

3347781102_466cf8c533

Photo Credit: muha... via Compfightcc

今や新婚カップルの約9割がハネムーンにでかける時代(ゼクシィnet:ハネムーン事情)となっているようです。そこで今回新婚旅行先としておススメしたいのが「モルディブ」「ニューカレドニア」 「バリ」です!

8399837947_f90cdaa841

Photo Credit: Thomas Tolkien via Compfightcc

「ああ、定番のリゾート地ね」と思われた方が多いと思います。しかし、数あるリゾート地の中でもこの3つの島を特にオススメしたいのには理由があります。くつろげる、楽しい、それはもう当たり前。2人の時間をより豊かにしてくれる、これらの島々を見ずして新婚旅行は語れません。新婚さん、いらっしゃい!

(1)地上の楽園「モルディブ」

日本からモルディブへの行き方は主に3つです。

  1. スリランカ航空/日本~モルディブ、約9~10時間半(直行便)
  2. シンガポール航空/日本~シンガポール、約7時間 シンガポール~モルディブ、約4時間半(経由便)
  3. マレーシア航空/日本~クアラルンプール、約7時間 クアラルンプール~モルディブ、約4時間(経由便)

スリランカ航空からの直行便が一番スムーズですが、残念ながらスリランカ航空直行便の運航は成田空港のみで、関西国際空港にはありません。ちなみに一番人気は世界的にも評判の高いシンガポール航空の経由便のようです。

IMG_2299_1_-1

写真:Josephine Keung「11人之新加坡旅」より

乗り継ぎの際、シンガポール観光を楽しむのもいいですね! 時差は日本時間からマイナス4時間となっています。

◆ベストシーズン

10~4月がベストシーズン。年間を通じて気温は高く、平均気温は30度です。1~4月は乾季で、湿気が少なくほとんど雨が降らないので、さらにおススメです。

◆平均予算とプラン

モルディブへの新婚旅行は、大体7日間で平均40万円前後が相場となっています。

モルディブといえば、やっぱりきれいな海を連想される方が多いのではないでしょうか? 世界屈指の透明度を誇ることで有名なモルディブの海。青く透き通った海が見渡す限り広がるその空間は、まさに非日常の夢の世界です。

P1000298

写真:Tatsuki Higashimura「"地上の楽園"と呼ばれる モルディブ」より

そんなモルディブの最大の魅力、それはワンアイランド・ワンリゾート制をとっているところです。約1200もの島から成るモルディブは、非常に特殊で1つの島に1リゾートというまさに夢のような世界。

島のもつ雰囲気、宿泊施設の設備やデザイン、予算などが各リゾートによって異なります。バリエーション豊富な宿泊先の中から、2人の希望に沿ったものを選べるのが大きな特徴です。

一例としては、

  • 全室にプライベートプールとバトラーサービスがつく(ザ・ビーチハウス・アット・イルヴェリ・モルディブ)
  • ハウスリーフ(島が所有する浅瀬で潜りやすい海)が良く、シュノーケリングを楽しむのに最適(カヌフラ・モルディブ)
  • ティアドロップ形をした白いビーチと緑豊かな南国植物のコントラストが美しい島。島内にはウミガメが産卵に訪れることもある(ココパーム・ドゥニコル)
  • 隣接した無人島「ジェフヌフラ島」で、プライベートピクニックやロマンティックディナーなど、忘れられない特別な想い出を演出することができる(カヌフラ・モルディブ)

などがあげられます。(※()内は宿泊施設の名前です)

P1000378

写真:Tatsuki Higashimura 「"地上の楽園"と呼ばれる モルディブ」より

モルディブには、全部で約100のリゾートがあります。「モルディブ 各島の特徴」で検索してみると島の特徴や宿泊施設を紹介しているサイトが見つかるので、おススメです。

(2)天国に一番近い島「ニューカレドニア」

日本からニューカレドニアへの行き方は、エア・カレドニア・インターナショナル(エア・カラン)(直行便)で成田空港から約8時間40分、関西国際空港から約8時間45分です。時差は日本時間のプラス2時間となっています。

◆ベストシーズン

12~3月です。年間を通じて20~25度の亜熱帯性気となっており、雨季は特にありません。6~9月は水温が低めなので避けたほうがよいでしょう。

◆平均予算とプラン

ニューカレドニア島への新婚旅行は大体7日間で平均30万円前後が相場となっています。おすすめは、本島の首都ヌメアと離島を組みあわせたプランです。

8646188377_36c7f75690

Bibi The Best 98800 via Compfightcc

ニューカレドニアはフランス領ですが、首都ヌメアはプチ・フランスと称され、特にフランスの雰囲気が色こいのが特徴です。西洋文化を彷彿とさせるコロニアル調の建物や、リゾート感たっぷりのヨットハーバーなど、オシャレでかわいい街並みが広がっています。

中でもおススメなのが、F.L.Oの丘。晴れた日にここから見る港町ヌメアの美しい街並みは圧巻です! 島にいながら、フランス感が楽しめちゃう一石二鳥感がたまりません。また、上の写真にも写っている2つの鐘塔は、ヌメアのシンボル的存在とされているニューカレドニアのカットリック総本山「セント・ジョセフ大聖堂」のものです。

4159300577_44e73306fd

Eustaquio Santimano via Compfightcc

2つの時計台と、建物内部のパイプオルガンや色鮮やかなステンドグラスが美しいこちらもお勧めの観光スポットです。また、ヌメアはショッピングやグルメ、カジノなどのアクティビティが充実しているところも魅力的です。特にお勧めなのがグルメ! フランス料理はもちろんのこと、ベトナム・トルコ・イタリア・スペインなど様々な国籍の料理をいただくことができてとても楽しいですよ。

そして、ニューカレドニアの象徴である、澄んだエメラルドの海が見たいならやっぱり離島ははずせません!

IMG_1840

写真:Mio Sugiyama 「天国に一番近い島!ニューカレドニアでバケーション^^b」より

人気なのは

  • 映画「天国に一番近い島」の舞台、真っ白な砂浜と青い海のコントラストが美しい「ウベア島」
  • 天然プールのピッシンヌ・ナチュレルへのツアーが大人気「イルデパン島」
  • ニューカレドニアの秘境、手つかずのジャングルが残り独自の文化が色濃い「マレ島」

という3つの島。と、ひときわ目立つ不思議な単語。......ピッシンヌ・ナチュレルってなに?!

イルデバン島は、シュノーケリングなどのマリンアクティビティが充実していることで有名なのですが、旅がさらに楽しくなるとっておきのスポットがあるんです! それがニューカレドニア伝統の帆掛け船、ピローグで行く「ピッシンヌ・ナチュレル」。一日がかりでイルデパン島から、天然のプールピッシンヌ・ナチュレルを目指す冒険ツアーがあります。

1083427116_795f13319e

Photo Credit: bilbo_en_ballade via Compfightcc

まずはピローグに乗って、エメラルド色の海をクルーズするところからスタート。イルデパン島の美しい自然をたっぷり感じることができ、運が良ければ海ガメやイルカに遭遇できるそうです。そしてピッシンヌ・ナチュレルのあるオロ湾に到着したら、木が生い茂るジャングルの中をかき分け進みます。まさにアドベンチャーといった感じです。

歩くこと約40分。景色が、ジャングルからヤシの木が生い茂る南国のような景色に変わったころ、浅瀬の海が見えてきます。そこから10分程水の中を歩いたところで、やっと目的地ピッシンヌ・ナチュレルに到着です! ピッシンヌ・ナチュレルには、50cm程度の子供でも足が付く浅さから、水深50mくらい深い場所もあり、様々な形のシュノーケリングを楽しむことができます。海水は抜群の透明度なので、潜らなくても足元の魚がよく見えますよ!

このツアーは、各ホテルで予約ができますし、そんなに動きまわりたくないけど、ピッシンヌ・ナチュレルには行きたい場合は「ル・メリディアン・イルデパン」に宿泊するのがお勧めです。歩かずにカヌーで直接行くことができます。

時を忘れてのんびりしたい人や、自然と戯れて童心に帰りたい人も楽しめる、ニューカレドニアはどんな願いも叶えてくれる万能島です。

IMG_1850

写真:Mio Sugiyama 「天国に一番近い島!ニューカレドニアでバケーション^^b」より

(3)バリ「神秘の島」

日本からバリへの行き方は主に2つ。

  1. ガルーダ・インドネシア航空 日本~バリ 約8時間半(直行便)
  2. シンガポール航空 日本~シンガポール 約7時間、シンガポール~バリ 約2時間半(経由便)

時差は日本時間からマイナス2時間となっています。

◆ベストシーズン

4~9月で平均気温は30度前後となっています。雨季は晴れた空に断続的にスコールが降るいわゆる「お天気雨」状態が多いです。

◆平均予算とプラン

新婚旅行は大体7日間で平均30万円前後が相場となっています。バリ島の人気の秘密、それは比較的コストパフォーマンスがよいところです。

2012-09-08_12.50.49

写真:Masayuki Oka 「バリ島 2011」より

せっかくの新婚旅行ですから、いつもよりワンランク上の贅沢に浸ってみるのもアリかもしれません。プライベートプール付きのヴィラへの宿泊は「四六時中泳ぎまくれる!!」と老若男女問わず大人気。

P1040860

写真:Masayuki Oka 「バリ島 2011」より

極上スパで癒されるのもおススメです。いつもは、なかなか時間もお金もかけられない自分のメンテナンス。普段できない自分への贅沢なご褒美。いいじゃない、新婚旅行だもの。(特に人気のスパがスパ・オンザ・ロックロイヤルキラーナ・スパです。)

そしてなんといってもバリ島はビーチだけでなく、アートや伝統芸能など独自の文化が発達しているところが最大の魅力! 中でも絶対見逃せないのが、上半身裸の腰に布を巻いた男性たちが円陣を組み、「チャッ!チャッ!チャッ!」と合唱して踊る謎のエンタテイメント、「ケチャダンス」です。実はケチャダンスはここ、バリ島でしか見られない独自の伝統芸能。

バリケチャ

写真:Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」より

断崖絶壁の上にあるウルワツ寺院で見ることができます。

バリ夕景

写真:Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」より

毎日18:00-19:00まで公演されていて、観覧料金は10000ルピア(日本円で約100円)と格安ですが、その時間に合わせて観光客が集まってきて毎日ほぼ満員御礼状態。きちんと観たい場合は、17:00までに寺院に入るのがポイントなのだそうです。

男性たちのコーラスと舞踊がサンセットと絶妙なハーモニーを醸し出し、会場一帯が幻想的な雰囲気に包まれる様子は圧巻です!

バリケチャ②

写真:Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」より

いかがでしたか? 現実だけど、どこか非日常的で時間を忘れる不思議な空間。それがリゾートの最大の魅力だと思います。2人の時間が夢のようなひと時になりますように。そしてこの記事を読んで下さったすべての方に幸せが訪れますように!

■Josephine Keung 「11人之新加坡旅」

■Tatsuki Higashimura 「"地上の楽園"と呼ばれる モルディブ」

■Mio Sugiyama 「天国に一番近い島!ニューカレドニアでバケーション^^b」

■Masaomi Takatsuka 「初めてのバリは王道のバリ。」

■Masayuki Oka「バリ島 2011」

ライター:渡部美佳

http://blog.compathy.net/

▲編集元:TRiPORT