BLOG

人の手は一切加わってません!マイナスイオンたっぷりの自然が作り出す6つのプール

2014年04月29日 00時01分 JST | 更新 2014年06月25日 18時12分 JST

いよいよ待ちに待ったゴールデンウィーク。本格的に暖かくなってきた最近ですが、この春が終わればいよいよ夏! 今日は、ちょっと気が早いけれど、人の手が一切加わっていないスーパーナチュラルなプールをご紹介します。

(参照・写真引用元:6 of the Most Beautiful Natural Pools in the World)

1. ビクトリアの滝/サウスアフリカ(The Devil's Pool, Victoria Falls, southeastern Africa)

101

ナイアガラの滝の2倍の大きさである、ビクトリアの滝。スケールは世界最大! しかも何故かてっぺんの穴がプールになっています。水面が一番低い9月から12月だけプールに大変身。ただ、高さは地表約108mのところにある高所プールだから、落ちないように気をつけてください!

2. バートン春のプール/テキサス(Barton Springs Pool, Austin, Texas)

Screen-Shot-2013-06-28-at-12.35.14-PM-300x199

ここの湧水は、もともとアメリカの原住民によって清めの儀式に使われていました。水温は常に20度をキープしていて快適。水深5.5mの自然のプールは、11月から3月までの夜の9時以降からオープンしていて期間限定で使用できます。料金は大人3ドル、子供は1ドルとお手軽です。

3. ボンディ氷山公共プール/シドニー(Bondi Iceberg public pool. Sydoney, Australia)

Screen-Shot-2013-06-28-at-12.47.25-PM-300x175

オーストラリアのシドニーから、車で15分の所で、タスマニア海の面しているアイスバーグ。100年以上も存在し、周りには子供用のプール・バーも設備されていて、至福の時間を楽しめます。こんな絶好のロケーションでも入場料は大人が5.50ドル、子供は3.50ドル。「ちょっとそこまで」の感覚でプールに行けますね。

4. 温泉国際公園/アーカンソー(Hot Springs National Park. Arkansas, USA)

Screen-Shot-2013-06-28-at-11.59.21-AM-300x223

特別保護地として、7代目アメリカ合衆国大統領のアンドリュー・ジャクソン大統領によってつくられた場所。平均32度という海外では珍しい温泉で、今では癒しの場所として一世紀以上も人々を魅了しています。

5.ジョンソンズ/ミズーリ(Johnson's Shut-Ins, Missouri, USA)

Johnsons_Shut-ins_20090815_1

イーストフォーク川は約一億年前からあって、溶岩といくつもの小川によって形成されています。大きさはなんと東京○ィズニーランドの68個分!! これだけ大きいと施設も充実していてキャンプができることでも人です。

6.ドウブブルーラグーン/ドミニカ共和国(Dudu Blue Lagoon. Cabrera, Dominican Republic)

Screen-Shot-2013-06-27-at-5.16.37-PM-300x222

水深30mの自然のプールだからこそ味わえる、この青さ。思わず見とれてしまいます。ここは滝に埋もれる洞窟でも有名で、スキューバダイビングのスポットとしても人気の場所なのです。

いかがでしたでしょうか。技術の進歩が進めば、沢山の娯楽施設が増えてきているけど、やっぱり自然に勝てるものはないですね。本物を見て、骨の髄まで癒されたいところです。夏のプランに先取りしてみては?

ヴィクトリアの滝「デビルズ・プール」