BLOG

7月からスタート!外務省の新サービス「たびレジ」とは

2014年07月14日 14時40分 JST | 更新 2014年09月12日 18時12分 JST

今や海外へ行く事は珍しくなくなり、インターネットを利用すれば地球上どこにいても電話やメール、データのやり取りが出来るのが当たり前になっています。しかし、9・11、3・11、の時はどうだったかを覚えていますか?

私たちは時として予想もしていない事に巻き込まれることがあります。それは台風地震などの自然災害かもしれませんし、テロ紛争クーデター戦争かもしれません。自分が巻き込まれるかもしれないし、自分の家族や大切な人が巻き込まれるかもしれない。可能性はゼロではないですし、悲しいことに実際に起きています。

2014-07-13-980385688_d52ba8d2a5_b800x600.jpg

(Photo Credit: Dani Bora via Compfightcc

実際に国外で災害やテロ等に巻き込まれ、ネットが遮断され言語も上手く通じない、周りに助けてくれる知人も居ない、そんな時に私たちが個人レベルで出来る事はほぼ皆無と言えるでしょう。また自分の大切な人が海外で災害や事件に巻き込まれたかもれない時に連絡が取れない状態でいるのは胸が潰れるような気持ちになります。

2014年7月1日から外務省が短期旅行者向け(ひとつの国や都市に三ヶ月以内の滞在者)にたびレジという新しいサービスの提供を始めました。

たびレジ公式ホームページ

どんなものなのか簡単に言うと、事前に登録した旅行先の最新情報や、災害や大きな事件、事故に巻き込まれた時の緊急事態発生時の連絡メール、いざという時の緊急連絡のためのサービスです。まだ記憶に新しい、2013年1月の在アルジェリア邦人に対するテロ事件を教訓に作られました。

実際に登録してみた

7月から始まったばかりのこちらのサービス。登録の煩わしさも特にありません。実際にどのような流れで使えるのかを見てみましょう。

「たびレジ」で検索をかけると一番に出てきます。カンタン新規登録から進みましょう。

2014-07-13-2014070410_07_26.jpg

個人情報保護方針に同意すると、旅行予定を記入画面になります。旅行日程は複数の国や地域、都市に分けて入力する事ができます。

2014-07-13-2014070410_08_47.jpg

続いて、旅行者自身の情報を入力します。追加メールアドレスには、自分の他のメールアドレスだけでなく、家族や職場などのメールアドレスを入力する事もできます。

2014-07-13-2014070410_11_19.jpg

本登録が完了すると、旅行期間、旅行先等と共に、旅行先の最新渡航情報の分かるページへのアドレスや、旅行先の在外公館連絡先等が記載されたメールが届きます。

2014-07-13-2014070412_09_41.jpg

※登録情報の変更や追加は後からでも可能なので、旅先で行き先や滞在先を変更する事も可能です。

外務省の「たびレジ」サイトには『在外公館は非常に広い地域を管轄しているので、すべての事故・事件に対応できるわけではありません。海外では「自分の身は自分で守る」という心構えで、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。』とあり、自分や大切な人が海外で何かに巻き込まれた時に「たびレジ」に登録しておけば100%確実に連絡を取る事が出来る訳ではありません。

しかし、万が一の時に連絡が取れそうな手段を少しでも多く持っておけば、旅に行く側でも、見送る側でも安心材料のひとつになるのではないでしょうか?

Have a nice trip!

アメリカへの通行手形!ESTAの事前申請はお済みですか?

アメリカに行くなら、なるべく早めに取得しよう!ESTAの申請方法

ネットに接続しなくてOK!旅先で役立つ無料スマホアプリ5選

ライター:赤崎えいか

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT