BLOG

レズビアンとゲイの方へ。旅する際に知っておきたい9個のTips

2014年04月13日 16時03分 JST | 更新 2014年06月11日 18時12分 JST

TRiPORT編集部の立花(@misakichie19)です。

旅をする際、宗教やお国柄によっては、一筋縄ではいかないこともあります。ゲイやレズの人たちなら、なおさら「こんなハズではなかった」ということも多いかもしれません。性別に関して、日本も含めシビアな所も多いのが現状です。全く知識を持たないままだと、不要なトラブルを巻き起こす原因になるかもしれないのです。

ここで大事になってくるのが「ゲイフレンドリー」という言葉。今回は、ゲイやレズの人たちが旅をする上で気をつけたい、10個のTipsをご紹介します。

<引用元:10 Important Tips for Gay and Lesbian Travelers>

1. 寛容な国を知る

Explore-Alternative-Destinations

ゲイやレズビアンを何の問題もなく受け入れている国は限られています。ゲイコミュニティーがあることで有名なのはサンフランシスコとミコノス島(※1)です。更に、タイイスラエルスウェーデンもゲイコミュニティーを持っています。最近ではインドも近頃は同性愛に寛容になってきているようです。

(※1)エーゲ海に浮かぶ、ギリシャ領の島

2. 宿泊先の条件を確認

Seek-Advice-on-Accommodation

いくら同性愛にウェルカムな国でも、宿泊場所によっては宿泊を断る所もあるようです。どこに泊まったか、情報共有がとても大事。いくらゲイ・レズビアンフレンドリーな国だからと言えど、全ての宿が受け入れてくれる訳ではないです。

3. クルージングエリアにはご用心

Be-Wary-of-Cruising-Areas

クルージングエリアの警備は、他の交通機関よりも厳しいことが多いのです。モニター監視がある所もしばしばで、人が居ないからと言って自分たちの世界に入ると、とんでもない罰金を受け取ることもあります。

4. 公共の場では外で二人だけの世界に入らない

Two women in a cafe

特定の場所では同性愛者同士のささいな行動は要注意。どんなにイチャイチャしたくても、キスや手をつなぐだけでもダメ。さらに婚前にも関わらず、屋外での営みなんて監獄行き決定。ビーチや森でも禁止の所が多いです。

5. フレンドリー過ぎる赤の他人には要注意

Woman on disco in night club.

中にはゲイコミュニティーを利用しようと考えている、輩もいます。ゲイコミュニティーは基本的にはオープンで、一般的にみんなを受け入れる風潮ですから、親切心を装う人も多いのが現実。「ステキな人!」と思ってホテルに一緒に・・・なんてことは安易にしてはいけません。

6. 海外で違法な薬は絶対に使わない

Never-Use-Illegal-Substances-When-Abroad

ゲイやレズのコミュニティーで薬のやり取りが行われているものもあります。しかし!多くの国では使用者がゲイであろうと外国人であろうと、厳重なペナルティが課さられます。南アジアの一部では、大量の薬(睡眠薬でさえ)が発見されたら死刑になることも。

7. インターナショナルレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランス協会(ILGA)のウェブサイトをチェック

??????????????????

ILGA(※2)のウェブサイトでは、同性愛を禁止する法律を持つ国が、マップ形式で公開されています。更に男女に対する処罰も確認できるため、事前にチェックしておくのがおすすめ。ほんの一部の国は、未だに同性愛に「死刑」を課しているところもあります。

(※2)ILGA公式HP

8. 旅行地での、あたなの国の大使館の住所をチェック

Closeup Of Student Hand Writing On Paper

パスポートと一緒に、あなたの国の大使館の住所も必ず持ち歩きましょう。万が一、被害者や加害者になってしまったら、まず一番に大使館に電話するのが鉄則。

9. 最高のガイドブックを購入

beautiful blonde women with map in the city

ネット上では便利な情報が得られますが、たまに大げさなものもあります。ガイドブックには出版前にきちんと調査された、信憑性のある情報が乗っているから問題ありません。ただし、時代によって変化するものでもあるので、ネットと合わせて確認するのがベストです。

海外旅行は、多くの人の人生を大きく変える経験をさせてくれるもの。全く異なった文化や宗教、伝統や料理はとても刺激的です。そんな経験を愛する人と一緒に味わえるのも醍醐味です。しかし、いろんな考え方がある中で、旅をする身としては、お邪魔しているという感覚は不可欠。旅先の国の文化に敬意を払っている限り、滅多なトラブルに巻き込まれることはありませんし、忘れられない最高の思い出が作れることでしょう。