BLOG

トランジットツアーを無料で楽しめる!アジア主要のハブ空港3選

2014年07月29日 18時50分 JST | 更新 2014年09月23日 18時12分 JST

トランジット時間を有効に使いたい気持ちはあるものの、「でも、もし一旦空港から出たら、再入場の際足止めされて搭乗時間に遅れてしまったら......。」「ちゃんとスムーズに戻って来れるだろうか?」。そんな不安がチラついて、トランジットの時間をもてあます人も多いのではないでしょうか?

2014-07-25-tranjittotuarayumikato.jpg

Photo:Ayumi Kato「2013~2014 ローマとウンブリア州の旅」より

貴重な旅の時間ですもの、隅々まで楽しみたい!という方にオススメなのがトランジットツアーです。

トランジットツアーとは、乗り換えの人の為に設けられたツアーなのです。トランジット時間に合わせてツアーコースの選択ができるので乗り遅れなどの心配が要らないんです。また乗り継ぎだけにも関わらず、その国の観光地などを効率よく見る事が出来てしまうのでお得感倍増です。

現地の旅行会社などが有料でツアーを組んでいるものもありますが今回は私たちがよく利用するアジアの主要ハブ空港の中から、なんと無料でトランジットツアーを提供している空港を紹介しちゃいます。

(1)言わずと知れた世界一の空港/シンガポール「チャンギ国際空港」

過去に何度も世界一の称号に輝き、2013年、2014年と首位を独走中のシンガポール、チャンギ国際空港。

飛行機の乗り過ごし注意。贅沢なレジャー施設を持つ世界の空港トップ3

トランジットツアーは5時間以上のトランジットがある人であれば参加できます。定員オーバーで参加できない事もある程人気のトランジットツアーの所要時間は約2時間程

2014-07-25-.jpg

Photo:Haruna Nasu「シンガポールChangi 国際空港を満喫する‼への旅」より

マーライオン公園とチャイナタウン、リトルインディアなどの文化遺産を巡るヘリテージツアーは朝の9時から夕方の4時までの間に1日4回。夜の6時半からはマリーナ・ベイ・サンズや観覧車シンガポール・フライヤー、ナイトマーケットなど夜景を楽しむ事が出来るシティーライトツアーが1日1回用意されています。

2014-07-25-aoi.jpg

Photo:Aoi「シンガポールのぶらり正月旅」より

(2)1位に肉薄!?世界第2位/韓国「仁川国際空港」

2009年、2012年と世界一位の空港に輝き、それ以外ではずっと2位をキープしている韓国の仁川国際空港。こちらはトランジット時間が2時間以上から参加可能。人によってトランジット時間はまちまち。そんなニーズに応えて1時間・2時間・3時間・3時間30分・5時間コースと種類別に、1日14本もの充実したラインナップです。

2014-07-25-in.jpg

Photo:Shohei Watanabe「韓国 軍事境界線~朝鮮戦争の爪痕と反日教育の前線を見る」より

行き先はコースによって違ってくるのですが、お寺や美術館、歴史的建造物や文化に触れるツアーから、モーターボート競技場やショッピングセンター、公園など老若男女楽しむ事が出来るツアーが用意されています。

2014-07-25-bi.jpg

Photo:Guarini Letizia「アジアにヨーロッパの雰囲気ーソウル」より

(3)今後の成長に期待/台北「桃園国際空港」

空港自体の世界的知名度はそれほど高くないかもしれませんが、アジアやヨーロッパに行く時などハブ空港のひとつとして私たちには身近な台湾の桃園国際空港には1日2回の充実半日ツアーが用意されています。

こちらは7時間以上のトランジットの人から参加可能。午前中のツアーは三峽鎮や鶯歌鎮といった歴史を感じるレトロタウンや陶器の街として有名な町を周るツアー。午後のツアーでは世界最高の高さを誇る「台北101」や日本の国会議事等にあたる総統府、300年近い歴史を持つ龍山寺や台湾民主記念館などを周ります。どちらも台湾の歴史を感じる事が出来る興味深いツアー間違いなしです。

2014-07-25-izawakeie1404728502559.jpg

Photo:Kei Izawa「癒しの台湾旅行記」より

◆トランジットツアーの注意点◆

ツアー自体は無料で提供されていますが、観光地の入場料や食費等は個人負担になります。また、人気のツアーは定員オーバーで参加できない事もあるので、事前予約可能なツアーは予約しておくのをおすすめします。

航空券の種類によっては途中降機ができないものや、ストップオーバーチャージが発生するものがあります。また、再度飛行機に搭乗する際には持ち物検査などを受ける事になるので、お土産の買い過ぎや水分の持ち込みなども注意が必要です。

トランジットツアーはどれも基本的に英語での案内になりますが、英語があまり理解できなくとも楽しめること必至。異国で他の国の人たちとツアーに参加するというひとつの貴重な経験をを楽しみましょう。

Hava a nice trip!

■Haruna Nasu「シンガポールChangi 国際空港を満喫する‼への旅

■Aoi「シンガポールのぶらり正月旅

■Shohei Watanabe「韓国 軍事境界線~朝鮮戦争の爪痕と反日教育の前線を見る

■Guarini Letizia「アジアにヨーロッパの雰囲気ーソウル

■Kei Izawa「癒しの台湾旅行記

ライター:赤崎えいか

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT