BLOG

旅行者なら必携!シチュエーションや環境に合わせた旅の持ち物8選

2014年09月01日 15時11分 JST | 更新 2014年10月30日 18時12分 JST

こんにちは、キャシーです!

海外旅行中、Touristとして思いもよらない出来事に直面することはよくありますよね。どんな時でも自分で解決できるよう対策を打っておくことは絶対に必要です。 四季がある地域には何をもっていけばいいか? バーをはしごする為に大事なことは? 旅をよりおもしろくするために大事な事をお教えしましょう!

(引用・画像参照:What to pack? Gear for every situation)

1. 突然の雨には「折り畳み傘」

2014-08-30-umbrella.jpg

折り畳み傘は必須です。プラスチックでできたレインコートは環境に良くありません。 そしてファッションセンスも微妙・・・ 野外と屋内の行き来の度に脱ぎ着するのも面倒ですよね? でも折り畳み傘ならスペースも取らないし、そして日傘にもなります! 日本と比べ物にならないくらい暑い国だらけですからね。

2. 買い物には常に「エコバッグ」

2014-08-30-cago.jpg

写真:Mayu「COUNTDOWN IN MOROCCO」より

お買い物をして両手に袋を抱えてるあなた。今までのビニール袋を、最近増えているスタイリッシュなエコバッグに変えてみましょう。 もし暑い国への旅行を考えているのなら、クーラーボックスを持っていくのもいいアイディアです。最近は小さくて手軽なものもあって、長期滞在での食料やお土産用の食べ物にだって使えちゃいます。

3. のまどワーカー必須「バッテリー」

2014-08-30-macbook.jpg

旅の最中であっても、常に写真や仕事の書類を整理しなければならないなら、パワーバッグで常にバッテリーを満タンに! 日本ではまだ見かける事が少ないけど、まずはこのビデオを見てください。 取り外し可能のバッテリーがついていて、なんと一度に4つのディバイス充電が可能!! 本体のバッテリーはもちろん充電可能です。

4. 海外出張者はいわずもがな「パソコン」

2014-08-30-santorini_531.jpg

写真:Akiyuki Minami「Santorini 2009 - サントリーニ島にて、白と青の断崖の向こうに世界一の夕陽を眺める」より

画面が小さいスマホもいいけど、ウルトラブックやMacbook Airがおすすめです。 軽くてバッテリーも長持ちするし、繋がる速度や送信可能データの容量も大きいから、ほっと一息つきたい時に、映画だってさくさく見れちゃいます! ノイズキャンセリングカナルイヤフォンさえ持っていけば周りの音も問題なしですね。

5. ロードトリップには「ポータブルスピーカー」

2014-08-30-roadtripftr960x600.jpg

Photo Credit Parade

長時間の移動に音楽はつきもの! でも沢山のCDを持ち込むのは重たいし面倒。最近はケーブルを使って車内で音楽を聴くのもメジャーになっていますね。でも、海外でレンタルした車が全てがケーブルに対応しているわけじゃないですよね。ということで絶対ポータブルスピーカーを持って行きましょう。海外モデルならX-miniがおすすめ! そして忘れてはいけないのがGPSです。

6. どこでも撮影可能のカメラ「Liquid Image」

2014-08-30-image12.jpg

写真:Takuya Miura「Scuba diving in CEBU」より

ウィンタースポーツやマリンスポーツなどなど、大自然の中で全力で楽しむ姿を写真に収められるのがこちら。 Liquid Image! 直訳すると「液体画像」ことこのカメラは完全防水・動画撮影可能!スカイダイビングのような空中撮影でも綺麗に動画が撮れちゃうんです。アプリを通して手持ちのディバイスからいつでも見ることが可能! Liquid Imageは2008年の創業から活気的な発展を遂げていて、近年ではWifi対応のカメラだって出てきています。商品は幅広く、ゴーグル式の水中カメラもあります。ロードバイクでも大活躍の大人気商品!

7. 飲みたい貴方に「スタビ―ホルダー」

2014-08-30-stubby.jpg

お酒スタビ―ホルダー(stubby holder)を忘れないでください! お酒は瓶で飲むのが主流だけど、キンキンに冷えたビールって意外に少ないんです。これはウェットスーツと同じ生地で作られているから、効果は抜群。お土産としてもよく売られているからチェックしてみてください!

8. 天気のみならず冷暖房にも注意「パーカー」「カーディガン」

2014-08-30-12434643605_741c72478b_b.jpg

Photo Credit: Miss C.J. via Compfightcc

目的地がメルボルンとか、一日を通しての寒暖差が激しい土地なら、暑さ&寒さに備えるべし!! 分厚い服を着るんじゃじゃなくて、重ね着をお勧めします。それならただ脱ぎ着するだけでOK!とは言え、オーストラリアでは現地の人たちは最高気温に合わせた服装をするから、基本的にいつもに半袖なんですけどね。考えてみてください。日本で見る外国人ってほとんどが薄着だと思いませんか?

さいごに

さて、今日の記事もこれからの旅行に役立つものばかりです。 当たり前のことだと思っていても、実際何が一番良いなんて分からない事は多いもの。そんな旅人達の役に立てたなら嬉しいです。

HAVE A GOOD TRIP!!

バックパッカーなら知っておきたい、海外への旅に備える持ち物10選

■Akiyuki Minami「Santorini 2009 - サントリーニ島にて、白と青の断崖の向こうに世界一の夕陽を眺める

■Takuya Miura「Scuba diving in CEBU

■Yusuke Kon「ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

ライター:Cathy

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT