BLOG

16日間の大宴会!世界一のビール祭り「オクトーバーフェスト」とは

2014年09月13日 22時47分 JST | 更新 2014年11月13日 19時12分 JST

夏と言えばビール、と言う人も多いと思います。しかし、夏の終わりが近づくにつれ、なんとなく寂しく感じている人もいるのではないでしょうか。しかし、ビールの本場であるドイツのミュンヘンでは、これからが本番。そう、世界最大のビールのお祭りオクトーバーフェストが開催されるのです!

2014-09-13-22.jpg

Photo:Kanae Hoshi「オクトーバーフェス: Muchen」より

オクトーバーフェストってなに?

一言で言えば、640万人が700万リットルのビールを消費する世界一のビール祭りです。

1200以上の醸造所を抱え5000以上の銘柄を作り出すビール大国、ドイツ。その半数の醸造所がバイエルンにあり、一年に一度バイエルン州、ミュンヘンにてその祭りは行われます。世界中からビール好きが押し寄せ、飲めや歌えの大騒ぎ。開催期間は10月の第1日曜日を最終日とする16日間と決められており、入場料は無料です。

始まりは?

2014-09-13-Pett300111905.jpg

Photo:muenchen.deより

起源は1810年、当時のバイエルン王国皇太子ルードヴィヒと、ザクセン皇女の結婚式を多くのミュンヘン市民が祝ったお祭りでした。最初は競馬大会でしたが、いつの間にか競馬もバイエルン王国も無くなり、残るべくして残ったのがビールをひたすら飲むオクトーバーフェストです。

会場ってどんな感じ?

2014-09-13-wiesnplan2014620.jpg

Photo:muenchen.deより

会場は1810年から変わらず、テレージエンヴィーゼという場所で開かれます。ここは東京ドームの9倍という広大な敷地で、オクトーバーフェストの開催期間以外はただの空き地です。

会場では、ひとつに1万人程入る14の巨大テントが設置され、ビールと伝統料理と共に世界中のゲストを迎えてくれます。14のテントはそれぞれ醸造所直営テントなどになっており、それぞれ違った味、雰囲気を楽しむ事が出来るようになっています。毎年人気のテントは並ぶ事も多く、席取り合戦が繰り広げられていますが、近年はネットでの予約も利用できます。

また期間中敷地内には、音楽ステージや移動遊園地、観覧車などが設置され、ブラスバンドや全長数キロにもなる民族衣装に身を包んで練り歩くパレードなど、開催期間中は途切れることなくイベントが行われ、老若男女、国籍も関係なく目一杯楽しめるものになっています。

Oktoberfest

どうやって会場にたどり着く?

日本では「オクトーバーフェスト」の名前で親しまれていますが、ミュンヘンでは会場のTheresienwiese(テレージエンヴィーゼ)を略して「Wiesn(ヴィーズン)」と呼ばれています。道路案内なども「Wiesn」と表示されています。

会場に一番近いのは、地下鉄(U-Bahn)4号線と5号線が停車するテレージエンヴィーゼ(Theresienwiese)駅や、500m程離れた3号線と6号線が停車するゲーテプラッツ(Goetheplatz)駅。路面電車のトラムやタクシー、バスでも会場に行く事ができます。

さっそく注文して飲んでみよう!

2014-09-13-12.jpg

Photo: muenchen.deより

オクトーバーフェストの目玉は何と言っても、開幕と同時に解禁されるオクトーバーフェストビール。地元醸造所が、オクトーバーフェストの為に仕込んだこの特別なビールで、他のビールよりアルコール度数が6%と少し高めです。それぞれの醸造所の違いを味わいつつ楽しみましょう。

テント内ではテーブル毎に担当の人がいるので、事前にチェックしておいた食べ物やビールを注文しましょう。そして受け取ったその場で清算します。ビールは1マス(1L)が基本。金額は1マス9.5~9.85ユーロ(日本円で1300円)ぐらい。そう、決して安くはないのです。

そして、持ってきてくれたお姉さんには5~10%のチップを忘れずに渡しましょう。端数をチップにして10ユーロ札をそのまま渡すとスマートでよいかもしれません。伝統のソーセージやプレッツェル、人気の鶏の丸焼きなどもビールが進むだいじな酒の肴。忘れずに注文しましょう。

一緒に歌って踊ろう

会場内のステージ等で何度も繰り返し演奏され、歌われているの、この歌。

簡単な歌詞とメロディーなので覚えておくと、当日一緒に歌って踊って楽しむ事が出来ます。

ビールが苦手、騒がしいのがの苦手な人も大丈夫

2014-09-13-0101.jpg

Photo:muenchen.deより

ミュンヘンのオクトーバーフェストは、ゆっくりとビールを味わいたい人や 、伝統料理は味わいたいけどビールは苦手という人への配慮も忘れてはいません。アプフェルザフトショーレ(Apfelsaftschorle)という炭酸のリンゴジュースや、シュペーツィ(Spezi)という、コーラとオレンジジュースの炭酸もの、ビールの苦みが軽減できる、ルス(uss)というレモネードを割って飲むものもあります。

また、午後6時までは伝統的な管楽器などの静かな音楽しか流さず、音量は85デシベル(電車内の音ぐらい)以下に抑えることという決まりがあるほどの徹底ぶり。家族連れや高齢者、ゆっくりとビールを味わいたい人に喜ばれています。

おまけ・ミュンヘン以外のオクトーバーフェスト

日本各地でも開催されているオクトーバーフェストですが、その波は世界にも広がっています。ミュンヘンのオクトーバーフェストに次ぐ規模と言われているのが、カナダのオクトーバーフェスト。他にもスペインオーストラリア、アメリカ各地、近くではアジア最大規模と言われている香港でも楽しむ事も出来ます。

上記以外の各国でも行われているので、ドイツビールと世界各国それぞれの料理を楽しみに行くのはいかがでしょうか?

さいごに

2014-09-13-02stimmungfestzelt.jpg

Photo:muenchen.deより

世界最大のビール祭りと言う事は、世界最大の酔っぱらいの祭りということでもあります。日本の酔っぱらい同様、絡み絡まれ小競り合いが起こる事も多々あり、酔っぱらいを狙ったスリもいます。酒は飲んでも飲まれるなと心に刻んだうえで、世界中に飲み友達を作りましょう!

Hava a nice trip!

【関連記事】

Oktoberfest(日本語表記無し)

■Kanae Hoshi「オクトーバーフェス: Muchen

■Satomi「2012夏ミュンヘン旅

■Risa Okamoto「ドイツ*オーガニックとビールと猛暑のドイツ

[世界の一秒]ドイツ - かわいい家の変わらない日常 -

海上の楽園!贅沢な世界の豪華クルーズツア-10選

世界の音楽 クラシック編 - 作曲家は変わり者ばかり!? -

ライター:赤崎えいか

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT