BLOG

ビックマックが141円で食べられる?世界のマクドナルド事情

2015年07月29日 22時58分 JST | 更新 2016年07月26日 18時12分 JST

TRiPORTライターのマリアです。

世界の街中でふとした瞬間に目に入る「M」の看板。そう、お馴染みのファーストフード店「マクドナルド」です。そのカジュアルな雰囲気や、旅行者にとっては安心感もあるので、旅先でも利用しやすいお店なのではと思います。特に観光地と言われる街には、ほとんどあると言っても過言ではないでしょう。

その国だけのスペシャルメニューも?

マクドナルドには期間限定メニューや、朝食・通常メニューの他にも、その国だけのスペシャルメニューもあるので、それをチェックしてみるのも意外と旅先での楽しみの一つになります。ハッピーセットのおもちゃも国によって違うこともあるそうです。

また、それぞれの国や地域によってはケチャップが有料だったり、ドリンクがお代わり自由だったりすることも。「同じメニューでもサイズが全く違ってビックリ!」というエピソードは、旅人からしばしば聞くことがあります。そして海外では、日本でお馴染みの「スマイル0円」が存在していないとか...。

国によってその値段も様々。実際のところ、日本とどのように違うのでしょうか? 同じメニューでもかなり金額が違い、下手すると「これってファーストフードの金額?」と疑いたくなるような高い国もあります。 マクドナルドの値段ランキングをつけたとき、上位(値段が高い)にランクインするのは北欧の国々、ヨーロッパ圏の国が多いそうです。

2015-07-27-1437961551-4680033-aimg_11640x480.jpg

Photo credit: Nobuki Arai「マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

ビッグマック価格ランキングは?

日本も世界から見れば物価は高めと言われていますが、北欧では「自国外」からの食文化や新しいモノという位置づけのマクドナルドは、税金の関係もあり、価格は高め。2015年のビッグマック価格ランキング(※「世界経済のネタ帳」調べ)では「1位:スイス(888円)」となっています。

また、安い国を見てみると、やはり相対的にその国の物価が安い傾向にあります。その国の物価とマクドナルドの値段がかけ離れていると、どんなに食べたい商品でも購入することは不可能に近いので商売として成り立ちませんので、安いのは当然だと言えるのかもしれません。世界のマクドナルドの価格を見たとき、最も興味深いのは本家本元のアメリカのマクドナルドが意外とお得な金額ではないことでしょう。ビッグマック価格ランキングでは「6位:アメリカ(564円)」となっています。ちなみに同調査で最も低かったのは「ウクライナ(141円)」でした。日本(370円)に比べてグッとリーズナブルですね! 思わず客である我々のほうからスマイルが溢れるのではないでしょうか。

ライター:マリアヤマガミ

Photo by: Nobuki Arai「マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

世界のマクドナルドの旅行記はこちら

*Nobuki Arai「マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

【関連記事】

あなたの知らない台湾の世界 国民の10%が好む「スーシー」って?

知らなかったからこそ感動!想像以上においしかったベルギー

近所にあるツバメの巣と、高級食材のツバメの巣の違いって何?

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT