BLOG

「一生に一度は見るべきカナダの景色50選」の2つのシンプルな目的作成

2015年10月10日 16時59分 JST | 更新 2016年10月08日 18時12分 JST

2015-10-09-1444374318-6686890-acanadaaurorahouseboat_71331_600x450.jpg

氷に囲まれているハウスボートの上のオーロラ。グレート・スレイブ湖、イエローナイフ、カナダの北方地域。Photo credit: Jason Pineau for "Canada's 50 Places of a Lifetime"

一生に一度は見るべきカナダの景色50選

最近、『ナショナルジオグラフィックトラベル』が「Canada's 50 Places of a Lifetime」を発表しました。カナダの絶景を50個ピックアップして、それぞれの場所を写真一枚で紹介するという大きなプロジェクトでした。

サイトのリンクをクリックすると、全50枚の写真を大きなサイズで見られます。この写真を眺めると、カナダがどれだけ素晴らしい国であるかがわかるでしょう。カナダは本当に素敵です!

カナダは隅々まで美しい自然が溢れています。できたばかりの氷山。緑がいっぱいの山間の湖。藤色に染まっていく日暮れ...。「Canada's 50 Places of a Lifetime」には目がくらむほどキレイな写真が並んでいます。 今回は『ナショナルジオグラフィックトラベル』の写真部長であるDan Westergrenさんから話を聞くことができたので、このプロジェクト、そして写真についてたくさん学ぶことができました。

2015-10-09-1444374343-7229882-bcanadanunaveticeberg_71329_600x450.jpg

ヌナヴーの青空を抜けるようにそびえる初期の状態の氷山。Photo credit: John E. Marriott, Corbis for "Canada's 50 Places of a Lifetime"

トロントでフォトウォーク

2013年10月に、デン・ウェスタ―グレンがトロントで「500px」とコラボ。2つのGoogleハングアウトのビデオカンファレンスを開催し、そこで「Canada's 50 Places of a Lifetime」を紹介しました。その際にデンは写真に関する知恵を共有してくれました。 まず、「Canada's 50 Places of a Lifetime」を作成するにあたって、どのように内容を考え、印象的な写真たちを選んだのかについて説明してくれました。そして、歴史的に有名なトロント・ディスティラリー地区でフォトウォーク(フォトウォークとは、グループで街歩きをしながら写真を撮ること。参加者は皆カメラを持ち、風景や出会った人々、あるいは参加者同士を撮影する)まで開催してくれたのです。 「Canada's 50 Places of a Lifetime」についてデンは次のように述べています。

2つのシンプルな目的がありました。第一に、ある場所を違うフォトグラファーたちならどのように撮れるのかを見せたかった。第二に、この経験をリアルタイムで世界と共有したかったのだ。つまり、生放送の写真集ですね!

以下のリンクからデンのトークを聞くことができます。

トロントのディスティラリー地区散歩(前編)

トロントのディスティラリー地区散歩(後編)

私はプロのフォトグラファーが大都市で、どのように働くのかがいつも気になります。どのように人の自然な姿を撮っているのでしょうか。Googleハングアウトのビデオでは、仕事中のデンも見ることができます。彼が道で会った人々に声をかけて、自分の作品の一部になってくれないかと説得しているのです。

「その人の写真を撮りたければ、自分のやろうとしていること、そしてなぜ自分にとってそれが大切なのかを説明してあげてください!」

とデンが述べています。これはいいアドバイスですね! 今度、私も街中で写真を撮るときにやってみます。

カナダの50選の中の一つで育った私

子供のときは、家族がトロントとアルゴンキン公園の間のシムコー湖にコテージを持っていました(下の写真)。松の木に囲まれた、涼しそうな湖の石に寄り添うカヌー。この風景は、私の心に深く刻み込まれています。

私はオンタリオ川でカヌーを漕ぎ、アビの鳴き声を聞き、涼しい風を感じながら育ってきました。日射しの輝きや川の真っ白な泡、そして毎夜暗くなっていく空に現れる星を見ながら...。 毎年そのオンタリオ川にあるコテージで、のどかな夏を過ごしてきました。それは、私の人生の中で一番幸せな時期だったと思います。これについては「Twilight at the Cottage」で書いたので、興味がある方はぜひ一読ください。(※英語のみ)

2015-10-09-1444374359-2719299-ccanadacanoelake_71202_600x450.jpg

アルゴンキン州立公園のカヌー湖はパドラーの楽園です。Photo credit: Chris Rainier for "Canada's 50 Places of a Lifetime"

世界の国々を旅している中、カナダは私にとって目的地というより、むしろ私の基地でした。しかし今度はその考え方を変えて、新しい夢を見ています。「Canada's 50 Places of a Lifetime」に載っているスポットをできるだけまわりたいと思っているのです。

[この記事の作者について:マリエッレ・ウォードは「意義のある旅行冒険」を探るカナダ出身のトラベルライターです。旅ブログのBreathedreamgoはインドをはじめ、世界の国々に関する情報や旅アイディアを配信しています。マリエッレ・ウォードのカナダに関する記事に興味がある方はこちら(英語のみ)]

Licensed material used with permission by BreathdreamgoInstagram, Twitter, Facebook

訳:Barbara Casu

カナダの旅行記はこちら

*Satoshi Abe「『世界で一番美しい島』 カナダ・プリンスエドワード島の旅

*Naoto Okumura「カナダ・イエローナイフでオーロラ鑑賞

*Shohei Watanabe「カナダ オンタリオ州 ナイアガラフォールズ、トロント

【関連記事】

【激アツ】わざわざ観に行く価値のある本場のスポーツ5選

【ゲン担ぎ】幸運をゲットしよう!世界の開運スポット5選

【働き方】海外で感じた日本との違いと共通点から今後を考える

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT