BLOG

オーストラリアの首都キャンベラに起こった「棚からぼた餅」

2015年05月08日 01時35分 JST | 更新 2016年05月06日 18時12分 JST

「オーストラリアの首都は?」と聞かれると、つい「シドニー」と答えてしまうのではないでしょうか? 2000年にシドニーオリンピックが開催されたこともあり、親しみのある人も多いはず。オペラハウスや中心部に近いボンダイビーチなどが観光スポットとして有名ですが、ただ街を歩くだけでも十分に楽しめます。

2015-05-07-1430963824-7756627-aDSC_0590640x425.jpg
Photo credit: Usami Takuya「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光

冒頭の「オーストラリアの首都は?」という質問の答えは、ご存知の通り「キャンベラ」です。しかし、キャンベラはシドニーと比べると様々な部分で足りていないとも言われており、オーストラリアで一番栄えている都市といえばシドニーなのは間違いないでしょう。

キャンベラがオーストラリアの首都として選ばれたのは1908年のこと。その背景には、二大都市であるシドニーとメルボルンの首都争いが関係しています。キャンベラが選ばれた理由は、この争いの妥協案だったのです! 両者譲らず決着がつかないので、真ん中にある「キャンベラ」という、まさに棚からぼた餅のようなことが起こったわけですね。今ではキャンベラには国会議事堂、オーストラリア国立大学、高等裁判所、オーストラリア国立スポーツ研究所などが存在しており、立派に首都としての役割を果たしているようです。

Photo by:Usami Takuya「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光

【関連記事】

来年の年越し決定!世界中から人が集まる大晦日のシドニーとは

昔の自分がおしえてくれた「ピンクの湖」と「固定観念の檻」

ゲイとレズビアンの祭典「マルディグラ」で感じた『普通』への疑問

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT