BLOG

まるで遊園地!オーストラリアのお祭り「EKKA」とは

2014年09月07日 15時41分 JST | 更新 2014年11月06日 19時12分 JST

もう9月ですね。涼しくなったと思いきや、まだまだ蒸し暑い日もありますが、日本と反対側に位置するオーストラリアでは現在冬真っ盛りです。しかし、寒いのかと思いきや、ひんやりするのは朝と夜中くらいで昼間は結構暑いんです。

オーストラリアというとサーフィンやマリンスポーツが注目されがちですが、みなさんはこの時期開催されるオーストラリアのお祭りをご存知ですか?

その名も「EKKA(エッカ)」。いったいどんなお祭りなのでしょうか。

EKKAとは

2014-09-06-214991331_d485a664c4_o.jpg

Photo Credit: Garry - www.visionandimagination.com via Compfightcc

EKKA(エッカ)は、毎年8月に10日間にわたって催されます。クイーンズランド州の春の訪れを告げる風物詩として1876年に初めて開催されました。正式名称は「Royal Queensland Show」と言うのですが、「Brisbane Exhibition」と呼ばれていたこともあり、長い単語を何でも短縮してしまうオージーによりEKKA(エッカ)と呼ばれるようになりました。

2014-09-06-image21024x768.jpg

Hiroto Kawasaki「オーストラリアのお祭り!EKKA(エッカ)」より

この祭りの起源は農業収穫祭で、同州各地の農家や事業者が成果を競うお祭りです。ブリスベンでは、EKKA開催中の水曜日は "People's Day" (the official Royal Queensland Show public holidayというのが正式名称)という祝日になっており、この日は語学留学でブリスベンを訪れた留学生たちも多く訪れるようです。ちなみにこの祝日は、オーストラリアのクィーンズランド州のみの祝日です。

なんと今年でEKKAは138回目で、8月8日から8月17日まで開催される予定です(People's Dayは8/13)。

どこで開催されるの?

EKKAは、クィーンズランド州のRNA Show Groundというところで開催されます。

最寄り駅は「Bowen Hills駅」と「Fortitude Valley駅」、それぞれの駅から徒歩10分です。会場は遊園地のようになっており、屋外は観覧車などのアトラクション、動物のショー、屋台で埋め尽くされています。屋内に入ると、主に景品を目当てに楽しむアトラクションが多く、ゲームセンターのような感じです。

2014-09-06-image3800x600.jpg

Hiroto Kawasaki「オーストラリアのお祭り!EKKA(エッカ)」より

お祭りに参加するにはまずチケットを買いましょう! webサイトから簡単に購入できます。家族連れなどがお得に利用できるチケットもあるようです。

EKKA公式HP

EKKAの魅力とは?

アトラクションがいっぱい!

2014-09-06-IMG_3313803x600.jpg

Hiroto Kawasaki「オーストラリアのお祭り!EKKA(エッカ)」より

空中ブランコやメリーゴーランド、ジェットコースターなどバラエティ豊かなアトラクションが  ありますが、中でもお化け屋敷の迫力は抜群でめちゃくちゃ怖かったです。。

お化け屋敷はものすごい人気でたくさんの人が並んでいます。

動物がたくさん会場にいる!

2014-09-06-11246889254_2e018e9081_b.jpg

Photo Credit: haphopper via Compfightcc

EKKAはもともと農業収穫祭が起源です。そのためか、農家の方がお祭りの会場にたくさん来ています。実際に動物と触れ合ったりショーが行わ  れたりしています。普段見ることの少ない動物たちが見られるチャンス! 農業を知る良いきっかけになるかもしれませんね。

会場内の広場ではショーが行われています。

ご飯がおいしい!

2014-09-06-9517155810_e6035030ed_o1.jpg

Photo Credit: dxrae via Compfightcc

ホットドックやアイスなどの軽食や飲み物が販売されています。食べ歩きながらEKKAをぶらぶらするのも良いですね!ちなみに持ち込み飲食可なのでお弁当をもってピクニック気分で出かけてみてもいいかも。

注意すること

EKKAでは、人が多く会場も広いので、家族や友達とはぐれないようにしましょう。待ち合わせ場所などを決めておくと良いかもしれません。

また、土地柄もあって、かなり砂埃が舞っています。汚れても良い格好で行くことをおすすめします。それから冒頭でもありましたが、冬といえども暑く、会場には日陰がほとんどありません。これは会場の特性上どうしようもありません。飲み物を持参するか、屋台で購入して水分補給を心がけるようにしましょう。(屋台で売っているレモネードがさっぱりしていてとても飲みやすかったです!)またオーストラリアは日差しが強いので、日焼け対策もしっかりとしましょう。

さいごに

日本が夏祭りで浮かれている間、オーストラリアではEKKAが盛り上がっているのです。

お祭り好きな方、アトラクションや動物が好きな方は楽しめること間違いなし! オーストラリアでEKKA(エッカ)の熱気を体感してみては?

【関連記事】

■Hiroto Kawasaki「オーストラリアのお祭り!EKKA(エッカ)

安いだけじゃない!環境にも優しい世界のエコホステル7選

【家族旅行】絆を強める、国内&海外の家族旅行5選

ライター:Hiroto Kawasaki

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT