BLOG

130円で我が家を買える?美食と綺麗な海が待つ、南イタリアの空家に住もう

2014年09月26日 16時48分 JST | 更新 2014年11月25日 19時12分 JST

日本人のうち、イタリアに憧れている人は少なくないと思います。

食べ物が美味しい、気候がいい、のんびりできて気持ちいいなど理由は様々ですが、とにかくイタリアは常に人気の旅行先です。そして一回イタリアを訪れたらまた行きたくなり、イタリアに住んでみたいという声もしばしば聞きます。

もし本気でイタリアに移住するなら、必要なのは住む家です。イタリアで家を購入するなら、実は今はナイスタイミングかもしれません。現在南イタリアのシチリア州でなんと100円ぐらいで家を買うことができるんですから。

サレーミ(Salemi)とガンジ(Gangi)では、家を修復する前提で1ユーロ(約136円)で家を購入することができます。どんな場所なのか詳しくみてみましょう。

2014-09-25-medium_5857235122.jpg

photo credit: Images_of_Money via photopincc

古代ギリシャの趣が漂う、シチリア

イタリアでは依然として田舎の過疎化の問題が続いています。その問題を解決するために、シチリア州の2つの村では空き家の売却が始まりました。

シチリアはイタリアの最南に位置する州であり、ヨーロッパでありながら、アフリカから140キロしか離れていない大きな島です。東京から山梨の甲府市あたりまで行くのと変わらない距離です。

息を呑むほどきれいな海、そして古代ギリシャの遺跡で有名なシチリアですが、ヨーロッパ最大の活火山もここにあります。エトナ火山が現在も活動中で、夜には山の頂上に赤い光を見ることができます。食文化も豊で、特に魚介類は絶品。鮮度のよいタコ、生魚、ウニなどの料理も美味しく食べられますが、カッサータ(リコッタチーズのお菓子)やグラニータ(氷菓子)など、甘いものが好きな方にはたまりません。

また、シチリアはイタリア最大のワインの産地でもあります。エトナ火山の裾野に広がるブドウ畑ではネロ・ダヴォラ(Nero D'Avola)が栽培され、日本でも有名な赤ワインがここで生産されています。

2014-09-25-14596884717_c0884715a2_b434x600.jpg

Photo Credit: s_wh via Compfightcc

シチリアは南イタリアの他の州と同様に古代ギリシアの植民地でした。しかしアラブやノルマンといった地中海の南北から侵略を受け、様々な文化が入り交じっています。イスラムの影響も強く、シチリアを観光すればイタリアとは異なった雰囲気に圧倒されるはずです。

では、このような素敵なシチリア島ですが、1ユーロで家を買える町のサレーミとガンジは、どんな場所なのでしょうか?

シチリア島で我が家を買っちゃう?

2014-09-25-screen2014080716_05_09.jpg

サレーミ(地図の1)は、シチリア州の州都である、パレルモから75キロぐらい離れています。サレーミの元住民の多くは村を去って、新しい周辺地区に移住したそうです。

サレーミは440メートルの高さで丘に位置していますが、トラパニの海から35キロしか離れていません。現在7000人しか住んでいない小さな村で、東京に住んでいる人にとってはあり得ないぐらいガランとしているかも。きれいな空気、快適な気候を楽しむことができて、古代ギリシャ歴史の趣が漂う素敵な場所です。

購入についての詳細はこちら(イタリア語のみ)

2014-09-25-3829779374_1b56ff4c89.jpg

Photo Credit: ciccioetneo - www.sicilyinpoto.net via Compfightcc

ガンジ(地図の2)は州都パレルモに近くて、1時間ほどでチェファルのリゾートエリアにたどり着きます。1000メートルの高さで、この山村の背後にエトナ火山がそびえています。ガンジでも古代ギリシャ文化の影響は未だに残っており、古代ギリシャの祭りが毎年開催されています。

購入条件としては、買手がガンジの町議会に5000ユーロ(約68000円)を預けて、修復工事が完了したら返してもらうとのことです。修復工事は5年間で完了するという前提ですが、結構ぼろぼろになっている家もあり、だいたい30000ユーロ(約4,100,000 円)が必要とのことです。

Telegraphによると、現在スウェーデン人のコンサルタントのマリーウェスターさんの協力のおかげで、イギリス、アメリカ、ロシアなどの買手がどんどん現れているそうです。

購入についての詳細はこちら(イタリア語のみ)

2014-09-25-Gangi2_2999115c.jpg

Photo Credit: Comune di Gangi

とりあえず行ってみよう

イタリアを旅行する多くの人はヴェネツィア、フィレンツェ、ローマという、定番所にしか行きません。しかし、南イタリアにも魅力的なスポットが山ほどあります。食文化や習慣をはじめ、様々な点で北イタリアと南イタリアが違い、同じ国ではないかのような錯覚を抱くこともあります。

イタリアに住みたいかどうかに関わらず、イタリアが好きなら南は必見です。シチリアから南イタリア巡りを始めてみてはいかがですか?

【関連記事】

■Shimpei Takamatsu「街並みを堪能 イタリア〜ギリシャ〜クロアチア

■Viktoria Oplakanets「Vacation in Sicily

【地中海料理】本場はどんな味?人気の地中海料理を食べられる国6選

コッポラ監督の最新作、南イタリアの豪華ホテル「パラッツォ・マルゲリータ」とは

【パスタ】スパゲティだけではない!イタリアの絶品ロングパスタ5選

【参考:シチリア紹介動画】

ライター:Leti Letizia Guarini

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT

世界遺産、南イタリアのマテーラ