BLOG

【家族旅行】絆を強める、国内&海外の家族旅行5選

2014年08月22日 17時15分 JST | 更新 2014年10月21日 18時12分 JST

「子どもがいたら旅に出るのは無理」と思う方は多いかと思います。しかし、それは大間違いです。

一人旅や友達との旅などとは当然違いますが、決して無理ではありません。海外にせよ国内にせよ、旅は子どもにとっては刺激の源、親にとっては日常生活からの開放感を味わえる機会です。そして、家族で旅に出るのは家族の絆を強めるきっかけにもなると思いませんか?

というわけで、今日はCompathyに投稿された「家族旅行」のログブック(旅行記)をまとめてみました。

Traveler's Express「岡昌之さん - 好奇心の赴くまま、息子と世界を泳ぐ旅 -」

(1) 北海道

2014-08-21-DSC_1038.jpg

Keisuke Kamada北へ 子連れキャラバン

スノーボード、ヘリコプター乗り、乗馬などなど。日常生活で味わえない楽しみは旅に出ると身近になります。

(2) オランダ

2014-08-21-IMGP2457450x600.jpg

Masaki Hilano Tabiiku @ ノルウェー・オランダ

オランダの世界遺産都市 デルフト。歩きはじめた頃の子どもが一生懸命オランダの石畳を歩く。

(Masaki Hilano Tabiiku @ ノルウェー・オランダより)

国境を超えて、歩き出す子どもを見て思わず微笑んでしまいます。

(3) 静岡

2014-08-21-CIMG28301000x562.jpg

Yoshida Yusuke静岡の三島・沼津で家族旅行

修善寺にあるテーマパーク「虹の郷」にて。水遊びで大はしゃぎをする子どもは大人にも開放感を感じさせます。

(4) 沖縄

2014-08-21-IMG_1221.jpg

Satoko Nishiyama Fujioka まるでめがねのワンシーンのよう。同じ太陽に朝はみとれ、夕に黄昏れる。石垣・竹富島。6年前と変わらない春の浜辺は変わらず美しい

家族で沖縄本島・石垣島・竹富島を巡った一週間。1泊那覇、1泊石垣島、3泊は竹富島にて。それぞれ、もう何度もいっている島なのに、息子を持ってからみる沖縄は、また全然違ってみえた。

(Satoko Nishiyama Fujioka「まるでめがねのワンシーンのよう。同じ太陽に朝はみとれ、夕に黄昏れる。石垣・竹富島。6年前と変わらない春の浜辺は変わらず美しい」より)

(5) オーストラリア

2014-08-21-IMG_0218.jpg

Masayuki Oka オーストラリア父子旅 メルボルン編①

美しいビーチが目と鼻の先のホームステイ先に到着。まずは10日間ここにお世話になります。小さな子供が3人と犬がいて、息子は大喜び!

(Masayuki Oka「オーストラリア父子旅 メルボルン編①」より)

子どもにとって旅に出ることは友達を増えるきっかけでもあります。大人と違い、子どもたちは言語の壁もすぐさま超える力をもっています。

ママやパパ必見。こどもと旅をするなら絶対に覚えておきたい16のこと

いかがでしたか? どんなに仕事で忙しくても、子どもと一緒に新たな冒険に出る時間はきっと取れるはず。今度の夏休みこそ家族旅行に行ってみませんか?

■Keisuke Kamada「北へ 子連れキャラバン

■Masaki Hilano 「Tabiiku @ ノルウェー・オランダ

■Yoshida Yusuke「静岡の三島・沼津で家族旅行

■Satoko Nishiyama Fujioka 「まるでめがねのワンシーンのよう。同じ太陽に朝はみとれ、夕に黄昏れる。石垣・竹富島。6年前と変わらない春の浜辺は変わらず美しい

■Masayuki Oka 「オーストラリア父子旅 メルボルン編①

ライター:Leti Letizia Guarini

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT