BLOG

【イベント】おしゃれで過激?なヨーロッパのローカルなイベントまとめ

2014年10月06日 23時10分 JST | 更新 2014年12月05日 19時12分 JST

僕の秘書は嫁とiPhone、どうもまぐにぃです。

祭りは世界のどの国にもあり、無数にある街一つ一つで祭りやイベントは行われています。今もどこかで何かのイベントが行われていることでしょう。今回はCompathyのログブックの中から旅人がヨーロッパの国々で見つけたイベントや祭りの写真をまとめてお届けします。

(1) オランダ:ファッションウィーク

2014-10-06-01_localEvent1.jpg

Manami Otoshi「Netherlands

たまたま開催されていたfashion week. It was so cool!

(Manami Otoshi「Netherlands」)

(2) スペイン:聖母マリア巡礼

2014-10-06-02_localEvent2.jpg

Ayami Yamamoto「太陽の記憶 スペイン・アンダルシアの夏、2014

聖母マリアの巡礼

(Ayami Yamamoto「太陽の記憶 スペイン・アンダルシアの夏、2014」)

(3) ドイツ:セント・パトリックデー

2014-10-06-03_localEvent3.jpg

Daiki Suzuki「ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン

セント・パトリックデーに遭遇。アイルランド出身の聖書訳で有名なパトリックを祝う日。だから緑色の服を着て、ギネスビールを飲む。

(Daiki Suzuki「ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン」)

2014-10-06-04_localEvent4.jpg

Daiki Suzuki「ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン

ドイツ人は中世ゲルマン民族の衣装やバイキングの格好をしている。

なんか秋葉原のような光景だけど、こちらは昔本当に着ていたものである。

時代の重みを感じます。

(Daiki Suzuki「ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン」)

(4) イタリア:ヴェネツィアビエンナーレ【建築展】

2014-10-06-05_localEvent5.jpg

Chicaco Murakami「イタリア6都市巡り-1-ヴェネツィア

2014年はヴェネツィアビエンナーレ【建築展】の年。

日本でも横浜トリエンナーレ、神戸ビエンナーレなど各地でこの芸術祭が開催されていますが、このヴェネツィアビエンナーレが元祖です。

1895年から行われており、ピカソ、マティス、リキテンスタインらも出品していたそう。

国際的な展覧会でもちろん日本も参加してます。もっとニュースとか取り上げてほしいな〜

しかし時間がなく会場内へは入りませんでした。

(Chicaco Murakami「イタリア6都市巡り-1-ヴェネツィア」より)

(5) ドイツ:シュトリーツェルマルクト

2014-10-06-06_localEvent6.jpg

Takafumi Sato「ドイツ留学体験記

2014-10-06-07_localEvent7.jpg

Takafumi Sato「ドイツ留学体験記

(6) ドイツ:クリスマスマーケット

2014-10-06-08_localEvent8.jpg

Kanae Hoshi「Deutschland/stuttgart

クリスマスマーケット

(Kanae Hoshi「Deutschland/stuttgart」)

2014-10-06-09_localEvent9.jpg

Kanae Hoshi「Deutschland/stuttgart

クリスマスマーケット

srtuttgartのクリスマスマーケットは

装飾がすごく凝っていて、ごちゃごちゃな感じで、子供向けなイメージを受けました☆

(Kanae Hoshi「Deutschland/stuttgart」)

(7) スペイン:泡パーティー

2014-10-06-10_localEvent10.jpg

Natsumi Daizen「パーティー島、イビザへ!

6時になって数分後、大砲の音とともに泡が噴射!!!尋常じゃない量なんです!水中ゴーグル持ってきている人は大正解!

何を隠そう私は生粋の日本人であるため、背が15○㎝と低く、周りは背の高い欧米人ばかり。目はコンタクトレンズだし、もちろん水中ゴーグルという気の利いたものは持っていなかったため、瞬く間に私は泡のなかへ...。

(Natsumi Daizen「パーティー島、イビザへ!」)

2014-10-06-11_localEvent11.jpg

Natsumi Daizen「パーティー島、イビザへ!

目も開くことができない、泡にまみれて呼吸もできない。人って死ぬって思た瞬間、大胆な行動をとることができるんですね。無我夢中で近くにいた大きい欧米人によじ登って、助けを求めてた。(笑)ほんまに背の低い人は気をつけて!!!!!!

(Natsumi Daizen「パーティー島、イビザへ!」より)

さいごに

祭りというのはどんな形式でも何処の国で行われていようとも楽しいものなのではないでしょうか。見ていてそう感じましたが皆様はいかがでしたか? 国々の文化や思想によって根本的に違う部分ももちろん存在するでしょうが、イベントや祭りは楽しむという思想は人間社会で珍しい万国共通の文化なのだと思います。

Compathyのログブックにはまだまだ様々な国で行われているであろうイベントや祭りが存在するので、是非ご覧ください!!

【関連記事】

16日間の大宴会!世界一のビール祭り「オクトーバーフェスト」とは>

【肉料理】豪快にかぶりつきたい、ヨーロッパ肉料理5選

【ワイン】旅先で贅沢に味わいたい、南ヨーロッパのワイン5選

海上の楽園!贅沢な世界の豪華クルーズツア-10選

ライター:InoueKoji

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT