BLOG

もはや城? 豪華すぎる世界の10個のファーストクラス

2014年04月14日 18時28分 JST | 更新 2014年06月13日 18時12分 JST

海外旅行に飛行機はつきもの。地域によって選ぶエアラインも変わるし、サービスそのものも全く違います。エコノミー、ビジネス、そしてファーストクラス・スイート。今日は世界最高峰のエアライン、豪華すぎるファーストクラスを紹介します!

<参照:The 10 Most Luxurious Airline Cabins

1. カンタス空港 エアバスA380/オーストラリア(Airbus A380. QANTAS)

qantas2_376903

広々とした空間にある席は、コントロールパネルで背もたれ、腕、足を自由自在に角度変更できるます。ベッドではないけど、それ以上の快適な席では、寝たきりでなんでもできちゃうんだから、もはやずっと乗ってても大丈夫そう。

2. エミレーツ航空 A380/ドバイ(Emirates)

2014-04-14-ShowerSpa_mediaplayer_1_tcm2636847782.jpg

各スイートには、引き戸式の扉、専用ミニ・バー、調光可能な間接照明、化粧台、鏡、クローゼットを完備! さらにスパまで付いています。さすがお金持ちな国は違いますね。

■参考:Dubaiへの旅

3. キャセイパシフィック航空 ボーイング747&777/中国(CATHAY PACIFIC AIRWAYS)

cathway_376903

この広々とした空間は思わず長居してしまいたくなりそう。アジア圏のロングフライトならこれに決まり!

4. エティハド航空 エアバスA340&A330 ボーイング777/アブダビ(Etihad Airways)

etihad_376903

世界最高にリッチな国、アブダビの航空会社。やることもスケールが違います! 大きなスクリーン、そして座席もベッドに変身。完全にプライベートな空間で、豪華なデザインと絢爛な色の装飾はセレブ感を増してくれます。

5. シンガポール航空 ボーイング777/シンガポール(Singapore Airlines)

singaporeairlines_376903

一人の時間も大事だけど、ここでは大切な人とのプライベート空間も充実しています。1席160万円という破格のお値段。もはや想像もつきません。

■参考:シンガポール Changi 国際空港を満喫する‼への旅

6. バージンアトランティック航空 エアバスA330/イギリス(Virgin Atlantic Airways)

virgin2_376903

この洗練されたデザインには、テーブルに12インチの液晶画面つき! 液晶の上にはミニスタンドライトが隠れていて、自由自在に手元を明るくできます。

7. ルフトハンザ航空 ボーイング474/ドイツ(Lufthansa Airlines)

lufthansa_376903

ファーストクラスであれば、どんなチケットでもベットと座席が別々に分かれて常備されています。より多くの人が快適に飛行機に乗れるシステムです。

8. ジェット航空 ボーイング737/インド(Jet Airways)

jetairways3_376903

限られたスペースの中で「プライベートな空間」にこだわった内装。ドアはスライド式、個人の空調管理、照明、クローゼット完備。もはや引っ越せるレベルです。

■参考:最高に、ちょうどいい、インド(二人旅編)

9. ブリティッシュ航空 ボーイング474&777/イギリス(British Airways)

2014-04-14-british1.jpg

女性に嬉しい、美貌を保つために完璧なアメニティーセットが好評です。一見コンパクトに見えるけど、この洗練されたスタイリッシュな座席は、広々した空間でゆったり使えます。

参照:http://www.britishairways.com/en-jp/information/travel-classes/first/first

10.タイ航空 エアバスA340&ボーイングB747/タイ(Thai Airways)

thai_airways_first_class

http://www.thaiairways.com/en/index.page

充実したエンターテイメントと、働くキャリアウーマンには必須の電源コンセント付き。座席は、ゆったりとしたベットに早変わり。テーマカラーに沿ったピンクの花が可愛いらしいです。

いかがでしたでしょうか。「飛行機=疲れる」というイメージを覆されます。既にここまでサービスが充実していて、この先どうやって新たなサービス革命を起こすかが注目するところです。機内での通信機器の利用が緩和されつつある今、喫煙スペースを復活させるかどうかが、キモになるかもしれないですね。

■関連記事:「機内食ドットコム」に学ぶ、世界一おいしい美食の航空会社トップ10

2014年に世界で最も行きたい旅行先