BLOG

海外に行って働いてみたいけど不安な人はとりあえず訓練もアリ

2015年08月30日 23時51分 JST | 更新 2016年08月27日 18時12分 JST

TRiPORTライターのAnnaです。

日本で働くよりも海外に行って働きたいという人が徐々に増えてきているのではと思います。しかしながら、海外で働くということは、ほとんどの場合、他言語を学ぶ必要があるでしょう。

その希望を実現させるために、まずは英語を勉強しようとする人も多いはず。英語そこまで堪能ではない人の場合、「はたして海外で仕事が見つけることができるのか?」そして「ビジネス英語ができなくても働ける国はあるのか?」と、気にする人も少なくないようです。その疑問の答えを見つけるためには、その国にどのくらい日本人がいるかということを考えてみましょう。なぜなら、海外であっても、日本人を相手にする仕事に就けば、英語はそれほど必要がない場合もあるからです。

2015-08-28-1440725068-4507694-aDSC_0006640x426.jpeg

Photo credit: Tomoka Aono「ボラカイ・・・のお隣の隠れスポット!カラバオ島で、地球と遊ぶ一日!

つまり、日本人が多くいる国または、日本人旅行者が多い国であれば、必然的に日本人向けの企業やお店も多くなるため、英語がそんなにできなくても、比較的仕事は見つけやすいと思います。例を挙げると、東南アジアやアメリカのハワイ州・カリフォルニア州などには、日本人が多く住んでいて、実際に英語をそこまで使わなくても生活できている方々もいます。

まず訓練もあり!

とは言うものの、英語が話せなくても仕事があるからといって、全く英語を学ぶ努力をしないのはいかがなものでしょうか。これは必然的に限られた情報の中で生活をするということになり、思うような自由な生活は望めないと思われます。いわば井の中の蛙であるといえるのではないでしょうか?

留学や長期滞在に一歩踏み出す勇気が出ないという人は、まず日本人向けの企業やお店も多い地域を選択し、そこで訓練してもいいかもしれません。あなたが一生懸命学び、働く気があるならきっとたくさんの人が手を差し伸べてくれるはずです!

ライター:Anna Shimizu

Photo by: Tomoka Aono「ボラカイ・・・のお隣の隠れスポット!カラバオ島で、地球と遊ぶ一日!

【関連記事】

海外免許で観光もアリ!渡航先として人気あの国でも使える!

あなたは何が優先?家族や趣味を優先する労働観の相互理解

【働き方】海外で感じた日本との違いと共通点から今後を考える

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT