BLOG

肩こりは日本人だけ?フランスには「○コリ」があるらしい...

2015年05月03日 17時02分 JST | 更新 2015年06月30日 18時12分 JST

日々パソコンとにらめっこをしている人が増えている昨今。デスクワークには「肩こり」がつきものです。ある調査によると、日本人の約9割が肩こりに悩まされているとか! しかし、他の国ではほとんど肩こりに悩まされる人はいないようです。一体、なぜ...?

2015-05-01-1430440581-1497632-aIMG_2243640x570.jpg

筆者撮影

「肩こり」という言葉は日本にしかないそうで、そのせいで必要以上に気にしてしまうからという説があります。ちなみに肩こりという言葉の発祥は「夏目漱石」が書いた「門」という作品からだそうです。

2015-05-01-1430440598-1123098-bimage18640x423.jpg

Photo credit: Hiroshi Sasaya「フランスの旅

一方でフランスには「足コリ」があるそう。「足が重い」という慣用句があることから日本の肩こりのように「何となく足が重く感じてつらい」という症状を多くのフランス国民が訴えているとか...。

フランスの優雅な街中を歩き回った後に「あれ? これ足コリだな...」とつぶやけばあなたも立派なフランス通になれるかも?

*Hiroshi Sasaya「フランスの旅


【関連記事】

その食べ方は大丈夫?!世界の食事マナー6選

意外と知られていない、海外Wi-Fiをレンタルする方法と料金比較の注意点とは

心配ならまず相談!渡航における予防接種の基礎知識 - アフリカ・中南米編 -

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT