BLOG

アートと歴史が育む、カラフルな街「グアナフアト」の6つの魅力

2014年10月09日 17時27分 JST | 更新 2014年12月07日 19時12分 JST

こんにちは。TRiPORTライターの赤崎です。

サボテン、タコス、テキーラ......メキシコについてどんなイメージがあるでしょうか? 日本から飛行機で約13時間、日本との時差は14時間。メキシコと言えば、犯罪率が高く、治安の悪さ、麻薬組織の抗争など様々なニュースを耳にしますが、そんなメキシコの中に治安がよく、様々な色と、アートに溢れた世界遺産の小さな街が存在します。

アートな街「グアナファト」とは

2014-10-08-1guanafat2.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト」より

18世紀に世界の1/3の銀を産出していたグアナファトは、その富によってメキシコで一番美しい街を作り上げ1988年には世界文化遺産にも選ばれています。また独立戦争では政府軍と解放軍の激戦の地ともなった歴史的な舞台でもあり、今でもその痕跡を目にすることができます。

2014-10-08-2guanafat7.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

グアナファトの家々はなんといってもカラフル。メインの道から外れても石畳の細かく入り組んだ道がいくつも伸びており、おもちゃ箱や絵本の世界に入り込んだかのような錯覚を起こさせてくれます。ゆっくりと歩いて街並を楽しむのがこの街の一番の楽しみ方です。

また、街並だけでなく、グアナフアトには見逃せない魅力がたくさん詰まっているのです。見所をいくつかご紹介致します。

(1)エストゥディアンティーナと一緒に歌って踊りながら街を歩こう

2014-10-08-3guanafat5.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

夜にトゥナと呼ばれる、スペイン伝来の楽団とともに、一緒に街を練り歩くことが出来ます。教会の前や街のシンボルのひとつでもあるグアナファト大学の前等雰囲気の良いポイントで歌や音楽、時には共に踊りを楽しむことも。言葉や歌が分からなくても全く問題無く楽しませてくれます。

昼間にテアトル劇場の周りで当日券を楽団員たちが販売しているので購入することができます。

(2)ちょっと怖いけど行きたいミイラ博物館

2014-10-08-4guanafat9.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

とても乾燥した風土の為、埋葬後数ヶ月でミイラ状態になってしまい埋葬5年後に埋葬税を払っていない場合、掘り起こされて状態の良いものは展示に回されていた、というシステム。博物館に併設して、お化け屋敷風にしたちょっとした建物もあるので一緒に覗いてみるのがオススメです。街の中心地からはバスやタクシーで、時間に余裕があれば歩いて30分程で行けます。

(3)特色の違いを楽しむ教会巡り

2014-10-08-5guanafat6.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

人口の90%がカトリックと言われているメキシコ。小さな街、道沿い等にも欠かさず教会が点在しています。グアナファトの街にも多くの教会があり、それぞれの特色が違っています。豪奢なものからシンプルなものまで様々な教会があり、老若男女、常に誰かが祈りの為等に訪れており敬虔な姿を目にすることが出来ます。また週末には結婚式が行なわれていることも多く、タイミングが良ければ日本とは違う結婚式を見ることが出来ます。

(4)いつでも音楽を楽しめる

2014-10-08-6guanafat1.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

夜にエストゥディアンティーナと共に音楽を楽しむことも出来ますが、街の中心地のカフェやレストランなどでは弦楽器等を弾きながら歌ってくれる楽団や歌い手など様々な人が音楽を奏でてくれています。チップを渡してお願いするもよし、気に入ればチップを渡すも良し、食事をしながら、コーヒーを飲みながらなどなど、いつでも心地よい音楽を耳にすることが出来ます。

(5)街の人たちと会話を楽しもう

2014-10-08-7guanafat8.jpg

Photo:Yusuke Saito:「世界のおふくろの味巡りの旅〜メキシコ編〜」より

メキシコ人は基本会話が大好きで見知らぬ同士でも挨拶や会話を楽しんでいます。英語がほとんど通じないですが、場所名などで道を聞けばほとんどの人が親切に教えてくれます。現地の人との会話は旅の醍醐味のひとつです。簡単なフレーズをいくつか覚えて行くなら旅がより楽しくなります。

(6)アートを楽しもう

2014-10-08-8guanafat3.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

メキシコを代表する画家、ディエゴ・リベラが生まれた街でもあるグアナファト。リベラの生家の美術館を始め多くの美術館があります。また週末には劇場で演劇などの催し物が開催され、広場には絵やパフォマーたちが集まります。

さいごに

2014-10-08-9guanafat4.jpg

Photo:Eika Akasaki「【世界遺産】おもちゃ箱のような街-メキシコ・グアナファト

語り尽くせないほど素敵な街、グアナファトにはメキシコシティの街からバスで5h程で行くことが出来ます。治安が驚く程良く、街の多くの場所で警察官を目にします。時期に寄っては映画祭や、芸術祭等が行われ世界中から多くの著名人が訪れています。どの時期でも楽しめるグアナファトに是非足を運んでみましょう!

【関連記事】

言葉が分かると旅はもっと豊かになる。海外で語学留学してみよう - スペイン語編 -

[世界の一秒]メキシコ - チチェン・イッツァの後光 -

隅々まで行きたい、熱気あふれるエキゾチックな国「モロッコ」の5つの魅力

[世界の一秒]トルコ - 犬に観察される -

ライター:Eika Akasaki

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT