BLOG

【コラム】数年ぶりに訪れたハワイのパワースポットで感じた違和感

2015年10月11日 15時44分 JST | 更新 2016年10月01日 18時12分 JST

━ツアー客がぞろぞろと踏み入り写真を撮って帰っていく。 はたしてこのような有様が、本物のパワースポットなのだろうか━

2015-10-02-1443764200-8722406-cDSC08803_1640x428.jpg

ハワイは島全体がパワースポットと呼ばれるくらい、神聖な島と言われている。しかし、近年はガイド本にいくつも取り上げられ、観光地化してしまった場所が多い。 数年ぶりにハワイのある場所に足を運んでみた。

そこで目にしたもの...。それは、大型ツアーバスが乗り付け、ガイドと共に数十人もの観光客がカメラを片時も離さず写真を撮りまくり、ぞろぞろ帰っていく姿。靴には車内を汚さないようにするためか、ビニール袋がかけられていた。

その光景に違和感を覚えた。自然の恵み豊かな大地と相反していたのだ。ここは神聖なパワースポットではないのか? なんとも言えぬ違和感と共に立ち去った後、天然のヒーリングプールがあるとロコに聞き、オアフ島の西の果てを訪れてみた。そこはパワースポットなのかはわからない。特にメディアで騒がれてもいないし、実際に行ってもロコ達数人しかいなかった。

2015-10-02-1443764222-1731525-dDSC08798_1640x428.jpg

しかし着いて驚いた。その場所へは普通の車では行けず、足場の悪い道を一時間近く歩かなくてはいけないという。歩き出して数分、だんだんと後悔してきた。ここ数日間の土砂降りの雨で道はどろどろになっていた。歩けるなんてものじゃない。サンダルなんて泥にまみれ、壊れて用済み。身体にも服にも泥が飛び散り、裸足で何度も滑りそうになりながら泥道を歩いて行った。 引き返そうと思ったが、ここまで来て...という気持ちと、なんだか何かに導かれている気がして戻れなかった。

2015-10-02-1443764245-9835193-eDSC08804_1640x428.jpg

結局、聞いていた所要時間の2倍かかって、辺りが暗くなる頃にやっとの思いで辿り着いた、その神秘の場所。その場所に着いて身震いした。人は本当に心の底から体験をしたとき、感動という気持ちが表面に出てこず、何も言葉にできなくなるのだろうか。

2015-10-02-1443764282-7718729-fDSC08808640x428.jpg

そうして天然プールに体を入れた瞬間、降り出してきた雨。「甘い考えで神聖な場所に来るな」と大地に言われている気がした。本来スピリチュアルスポットとは、大変な思いをし、苦労したすえに出会うことができ、心身を浄化させてもらえる場所だったのではと思う。もちろん敬意を払うことが前提にある。

この体験は、恐らく行った者しか感じられないであろう、様々な気づきをもたらしてくれた。 本当の意味でのヒーリングや浄化を求めてスピリチュアルスポットに行きたいのなら、ガイド本に載っている場所ではなく、自分自身のアンテナで心地よいところを探し、惹かれるところに行くことをおすすめしたい。きっとそこには何かしら、そのときの自分に必要な出会いがあるはずだから。

文・写真:KANA「HOTな海外オシャレ旅LIFE」「TRAVEL PHOTO集」 (世界を飛び回るトラベルフォトライター。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【ハワイ一か月】暮らすように滞在したハワイ旅行記 2015夏

【関連記事】

同じアメリカの異なる雰囲気の街で気が付いた違いと共通点

行き先はハワイなどのリゾート地?流行りの「オトナ留学」とは

アメリカの旅路で迷い込んだメルヘンが織りなすファンタジーの世界

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT