BLOG

あなたの趣味の本場はどこ?興味から繋がる海外への道とは

2015年05月12日 16時08分 JST | 更新 2016年05月11日 18時12分 JST

こんにちは。 TRiPORTライターの梅澤です。

近年、若者の海外旅行離れが進んでいると言われています。20代の海外旅行者は1969年が過去最高であり、その数はおよそ460万人でした。そこから数は減り続け、2012年には300万人にまで落ち込んでいます。その勢いは止まらず、今後も20代の海外旅行者は減っていくのではないかと予想されています。

その一方で、女性のみに絞って見てみると、近頃は増加傾向にあるようです。2013年の統計では、20歳~24歳までの女性の28%が海外旅行経験者です。ところが、世代全体でみると、その割合は14%まで落ち込んでしまいます。(※データ参照:日刊読むラジオ

海外へ行かない理由は人によって違い、お金がない、時間がない、英語が話せない、安全面で不安があるなど様々でしょう。私の場合、他の趣味にお金と時間が取られてしまっているのが一番の理由です。ただ、行きたいという気持ちがないかというと、そうではありません。皆さんの中にも、海外旅行をしたいという気持ちが少なからず存在していると思います。

ではまず自分の趣味や好きな食べ物・飲み物などから本場のものに興味を持ってみて、それを堪能してみるのはいかがでしょうか。例えば、祭りが好きな人にはこのようなものがおすすめです。

フェス好きな人が必見!バーニングマン


2015-05-12-1431406477-729418-a15950911426_9f8f938c55_b600x800.jpg

photo credit: August 29, 2014 via photopin(license)

「バーニングマン」は、アメリカネバダ州のブロックロックデザートにて、毎年9月の第一月曜日に開催されます。参加者主導型のフェスティバルです。仮想や音楽、オブジェなど、クリエイティブな表現を参加者同士で紹介し合います。何かを作らなくても、もちろんお祭りには参加することができます。フレンドリーな参加者がほとんどなので、誰でも楽しめるはず。

お酒が苦手な人でもOK!オクトーバーフェス


2015-05-08-1431063582-3697744-2schweiz_082640x480.jpg

Photo credit: Kanae Hoshi 「オクトーバーフェス

近頃は日本でも開催されているので、その名を聞いたことがある人も少なくないでしょう。その名の通り毎年9月にミュンヘンで開催されます。ちなみにミュンヘンでは会場のTheresienwiese(テレージエンヴィーゼ)を略して「Wiesn(ヴィーズン)」と呼ばれています。ビールで有名なお祭りですが、ソフトドリンクも用意されているので、お酒が苦手な人でも安心して参加できます。

他のリンク オクトーバーフェス

他にも、建築物に興味があるという人には以下のようなものがおすすめです。

建築物巡り旅-ジェフリー・バワの建築物


2015-05-08-1431063599-2952293-320150321_18.01.01640x478.jpg

Photo credit: Shino Ichiyama「SRI LANKA - Love Architecture! Geoffrey Bawaの建築を巡る

スリランカ最大の都市コロンボにあるジェフリー・バワの建築物です。スリランカといえば仏教遺跡のイメージが強いですが、スリランカのリゾート計画に貢献した彼の建築物も見逃せないスポット。特に、彼の最高傑作と言われているヘリタンス・カンダラマホテルは必見です。

映画好きな人にオススメ-『白雪姫』のお城・アルカサル


2015-05-08-1431063616-6079654-420140913_05.15.22.jpg

Photo credit: Yoshiyuki John Oshima「子豚と白雪姫の町セゴビア

カスティーリャ・イ・レオン州セゴビアにあるアルカサル。これはディズニー映画『白雪姫』のお城ののモデルになったことでも有名です。他にもセゴビア周辺では歴史的な古城や廃墟がたくさん残っており、「セゴビアの旧市街と水道橋」という名前で世界遺産に登録されています。

ちなみに私の場合、海外志向になったきっかけは、海外の映画やドラマが好きなことでした。特に海外の映画祭には大変興味があり、その中でもサンダンス映画祭にはぜひ行ってみたいです。サンダンス映画祭は、インディペンデント映画を対象にした映画祭で、クエンティン・タランティーノの映画や、最近では『セッション』を輩出したことで有名な映画祭です。

今回は祭り、建築、映画に関する興味からの旅をお伝えしました。自分の趣味へ熱中し、なかなか国外へ意識が向かないと、海外へ行くきっかけも少ないのかもしれません。しかし、自分の趣味が海外文化と繫がっている部分もきっとあるはず。そこからきっかけを掴んで、海外へ出てみてはいかがでしょうか?

(ライター:Ryosuke Umezawa)

Photo by:Keita Yasumoto 「オクトーバーフェスト参戦!


関連旅行記はこちら

*Kanae Hoshi 「オクトーバーフェス

*Keita Yasumoto 「オクトーバーフェスト参戦!

*Shino Ichiyama「SRI LANKA - Love Architecture! Geoffrey Bawaの建築を巡る

*Yoshiyuki John Oshima「子豚と白雪姫の町セゴビア


【関連記事】

少しの勇気でインターネットの先へいつ行くの?○○でしょ!

物語の「読者」から「主人公」へ。その差はたったの一歩だけ

モノの豊かさは幸せなのか?自然と「内向きになる」国内状況

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT