BLOG

新築ホテルラッシュのダウンタウン・ロサンゼルス。2014年〜2017年開業の5つを紹介

2014年11月01日 01時29分 JST | 更新 2014年12月30日 19時12分 JST

1927年築のビルが、最新鋭のホテルに。「エース・ホテル・ダウンタウン・ロサンゼルス」とは」でも紹介した、2014年オープンの「エース・ホテル・ダウンタウン・ロサンゼルス」の他にもロサンゼルスのダウンタウンエリアではこれから数年、新しいホテルのオープンが控えています。

なぜオープンが続くのか「ロサンゼルス観光局」に伺うと、主に3つの理由があるとのことでした。

ひとつ目は「ダウンタウンにあるコンベンション・センターへの大きなコンベンション誘致に向けて、ロサンゼルス市がホテルの新築に力を入れている」こと、ふたつ目は「大規模なエンターテイメント・スポーツなどの複合施設であるL.A. LIVEが2010年に完成後に住民も増え、もともと治安が悪いと言われていたダウンタウンは安全な街に様変わりしつつあるので、ダウンタウンの宿泊需要も今後増え続けるであろう」こと、3つ目は「メトロの充実により、ハリウッドなど観光地への移動も便利になった」ことだそうです。

今回は、2014年から2017年に至るまでダウンタウンLAエリアにオープンするホテルを一挙紹介します。

1. エース・ホテル・ダウンタウン・ロサンゼルス

2014-10-30-1IMG_3081.jpg

写真:Takato Ichiki「Ace Hotel Downtown Los Angeles‎に泊まってみた

1999年にシアトルでオープンし、その後ポートランドやニューヨーク、ロンドンなどでも展開されている「Ace Hotel」(エース・ホテル)。ダウンタウンLAにも1927年築の歴史あるビルをリノベーションし登場しました。詳しくは「1927年築のビルが、最新鋭のホテルに。『エース・ホテル・ダウンタウン・ロサンゼルス』とは」にて。

2. ザ・ライン

2014-10-30-2LA_KoreaTown_40.jpg

写真:ザ・ライン外観 © Matt Marriott / L.A. Tourism

2014年1月、ダウンタウン至近のコリアタウンに登場しました。外観からも分かる通り、客室一面に広がる大きな窓が特徴です。アメリカン・テイストを取り入れた韓国料理を特徴とする有名シェフ ロイ・チェ氏の新レストラン「POT」をはじめ、カフェ、ベジタリアンレストラン、バーと飲食の楽しみ方が豊富です。

3. レジデンス・イン&コートヤード・バイ・マリオット

2014-10-30-3ScreenShot20141018at11.18.49PM.png

写真:Residence Inn Los Angeles L.A. LIVE サイトより

2012年6月から建設が始まり、2014年夏にオープンしました。高層23階建て、客室174室のコートヤード・バイ・マリオットと218室のレジデンス・イン・バイ・マリオットを備えています。道路を挟んでL.A. LIVEの隣というアクセスの良さが魅力です。

4. シェラトン・ロサンゼルス・アンド・メイシーズ・ショッピングプラザ(「The BLOC」内)

2014-10-30-5ScreenShot20141018at11.21.34PM.png

写真:The BLOC サイトより

ダウンタウン中心地の歴史あるビル群を、複合施設「The BLOC」として1億6,000万ドルをかけて改造する計画が進行中。2014年初頭に始まり、2015年秋までに完成の予定です。レストランや、屋外ショッピングエリアを併せ持つショッピングエリア、高級オフィスビルなどとともに、485室を有するシェラトン・ホテルも全面改装の上オープンとなります。ビルの地下からメトロの駅に直結予定というアクセスも魅力です。

5. ウィルシャーグランド

2014-10-30-6ScreenShot20141018at11.24.20PM.png

写真:Wilshire Grand Center サイトより

1952年にオープンしたホテルの跡地が、総額10億ドルを投じたオフィスとホテルが入る73階建ての一大複合タワーに生まれ変わります。オープンは2017年、リニューアル後のホテルの客室数は900室を予定しています。

古いビルをリノベーションしたホテルから、新築の近代的なホテルまで、宿泊の楽しみ方は様々。近隣にはホテルのみならず新たな飲食店のオープンも目立ちます。ロサンゼルス圏の観光地としては、ハリウッドやビバリーヒルズなどの陰に隠れがちだったダウンタウン。オフィスを中心とする「働く街」としての面だけではなく「遊ぶ街」としても進化を続けるこのエリアに宿泊して、新たなロサンゼルスの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

情報提供:ロサンゼルス観光局

【関連記事】

世界中のセレブが注目!アメリカのヘルシーな食文化とは

ロサンゼルス流コールドプレスドジュースを代官山の「Why Juice?」で。

【スイーツ】食べるのがもったいない?旅先で見つけたスイーツ

【朝食】朝は甘い系?しょっぱい系?世界の朝ご飯7選

ライター:Takato Ichiki

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT