BLOG

【地中海料理】本場はどんな味?人気の地中海料理を食べられる国6選

2014年08月31日 17時19分 JST | 更新 2014年10月30日 18時12分 JST

旅行に行くときは現地の料理を味わうことも、一つの大きな楽しみです。例えば日本で愛されている地中海料理は現地で食べたらどんな味なんでしょう。日本で食べる料理は本物と違うのかな?

Compathyで旅行中に食べたものの写真がたくさん載せられています。というわけで、今日は南ヨーロッパの料理を味わった旅人のログブックを紹介します。

(1) モロッコ

2014-08-30-IMG_4278450x600.jpg

Ryo Aita「謎の国モロッコ!なんなんだこの国は!聖都ムーレイ・イドリスを訪ねる【Vol.1】

モロッコの定番料理!スープは「ハリラ」。香辛料がきいててスパイシー!茶色の左のものは「シュバキア」といって、かりんとうのようなもの。茶色の右のものは...忘れました。

(Ryo Aita「謎の国モロッコ!なんなんだこの国は!聖都ムーレイ・イドリスを訪ねる【Vol.1】」より

(2) ポルトガル

2014-08-30-DSCN1218450x600.jpg

Tsubasa Ebihara「Villages of "Aldeias Historicas de Portugal" 」より

「ポルトガルの歴史的村々」巡りの最後は、Sortelha ソルテーリャへ。昼食は、Porco Mista (豚肉のグリル盛り合わせ)とSalade Mistaを頼んだら、こんなことになりました。グラス赤ワインは溢れんほどに並々と注がれています。(Tsubasa Ebihara「Villages of "Aldeias Historicas de Portugal" 」より)

(3) スペイン

2014-08-30-sarami_1041.jpg

トモテラ「マドリードからアンダルシアへ」より

スペインの食の楽しみは、やっぱりバル。生ハム、チョリソー、チーズなどの盛り合わせを頼んだら、こんな物凄い量が・・・こんなに食えん!!!と思ったのに、意外と完食できちゃいました。

(トモテラ「マドリードからアンダルシアへ」より)

2014-08-30-085.jpg

Yuki Ishiwatari「バルセロナ(スペイン)」より

スペインといえばパエリア。ヨーロッパでは米を食べる機会も少ないので、食べたときは久しぶりの米の味に感動。笑

(Yuki Ishiwatari「バルセロナ(スペイン)」より)

(4) ギリシャ

2014-08-30-santorini_003.jpg

Akiyuki Minami「「Santorini 2009 - サントリーニ島にて、白と青の断崖の向こうに世界一の夕陽を眺める」より

地中海料理は新鮮な野菜が欠かせません。ベジタリアンの方にとってはきっと天国でしょう。ギリシャ料理は野菜はもちろん、チーズ、肉、魚などなど、多種多様です。個人的にムサカが一番ですが。

(5) クロアチア

2014-08-30-DSC_05802337x600.jpg

トモテラ「クロアチア再訪 ドゥブロヴニク」より

ドゥブロヴニク最初のディナーはKonoba Dalmatinoで。中々の人気店なので早めに入店。食事時の時間はかなり混む模様。伝統的なダルマチアの料理を出してくれます。もう何を食っても美味すぎです!!値段も、ドゥブロヴニクのレストランにしては安い方。気さくな接客も最高です。

(トモテラ 「クロアチア再訪 ドゥブロヴニク」より)

(6)イタリア

2014-08-30-IMG_0512.jpg

トモテラ「ヴェネチアとヴェローナを訪れた後はミラノでライブを観た」より

出発前から是非食べたいと楽しみにしていた、アマローネのリゾットです。期待通りの美味さ!!この店、1ユーロからグラスワイン飲めるし、料理も美味いし、お店の人がすごい感じ良くて大好きです!!この店に行く為にヴェローナ再訪したいくらい。

(トモテラ 「ヴェネチアとヴェローナを訪れた後はミラノでライブを観た」より

2014-08-30-2322834463_d5cd6e569a_o.jpg

Yuichi Yokota 「Italy2008

本場のカルボナーラは日本のそれとは全然違う美味しさ!

(Yuichi Yokota 「Italy2008」より

本物のカルボナーラには卵とベーコンを入れて、牛乳や生クリームを一切入れません。イタリアにはナポリタンも存在しないのです。

アジアン料理好きは必見!知られざるインドネシアの定番グルメ3つ

いかがでしたか? 日本で美味しい地中海料理を食べられるお店が山ほどあります。しかし、現地で食べるときは雰囲気も違いますから、やはり「本物の味」は違うなあと感じるのではないでしょうか。現地の人が集まる場所を発見したら、なおさらその濃い雰囲気を味わえそうです。

■Ryo Aita「謎の国モロッコ!なんなんだこの国は!聖都ムーレイ・イドリスを訪ねる【Vol.1】

■Tsubasa Ebihara「Villages of "Aldeias Historicas de Portugal"

■トモテラ「マドリードからアンダルシアへ

■Yuki Ishiwatari「バルセロナ(スペイン)

■Akiyuki Minami 「Santorini 2009 - サントリーニ島にて、白と青の断崖の向こうに世界一の夕陽を眺める

■トモテラ 「クロアチア再訪 ドゥブロヴニク

■トモテラ 「ヴェネチアとヴェローナを訪れた後はミラノでライブを観た

■Yuichi Yokota 「Italy2008

ライター:Leti Letizia Guarini

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT