BLOG

【博物館】思わず入ってしまう、世界のヘンテコ博物館5選

2014年10月07日 18時42分 JST | 更新 2014年12月06日 19時12分 JST

旅行先で美術館や博物館を訪れる人は決して少なくないと思います。アートや歴史が好きな人ならなおさら、どんなに長く展示を見ても飽きることはありません。

でも、たまには少し変わった博物館にも足を運びたくなります。「なぜこんなものを展示しているんだろう」と首をかしげながらつい入ってしまいます今日はCompathyのログブック(旅行記)から少し変わった美術館・博物館をまとめてみました。世界の国々で何が展示されているか見てみましょう。

(1) トイレ文化展示館「解憂斎/Mr.Toilet House」/韓国


2014-10-07-a_12.jpg

Natsumi Daizen「韓国の水原(Suwon)という街を知っていますか?世界で唯一の○○館がある街です。


ここトイレ展示館内には様々なトイレにまつわるオブジェがいっぱい。見た目も本当にシュールなんです。友達は歴史に詳しいのか、韓国のトイレ事情について説明してくれたけど、それ以上にここのオブジェが面白すぎて終始笑いが絶えず...。

なんで韓国はこんなん作ったんやろか...?

(Natsumi Daizen「韓国の水原(Suwon)という街を知っていますか?世界で唯一の○○館がある街です。」より)

解憂斎のテーマはトイレです。本物の公衆トイレ、世界中のトイレマーク、トイレに関する様々な模型や銅像などが展示されています。この展示館は世界トイレ協会会長でもあり、元水原市長だった故・沈載徳(シム・ジェドク)さんのご自宅だったそうです。

(2) クチン猫博物館/マレーシア

2014-10-07-b_image.jpg

Chicaco Furuta「マレーシア・クチンで猫祭り!?」

何もないようなところにある丘の上の建物へ。「ここが猫博物館だよ」と言われて中に入るとホールには写真で見ていた猫ゲートが! バスできてたらなかなかみつけられなかったかもなあ。感謝!

(Chicaco Furuta「マレーシア・クチンで猫祭り!?」より)

クチン猫博物館では猫に関する品物は2000点以上集められています。彫刻や絵などが展示されているだけではなくて、猫を巡る歴史の研究も行われているそうです。

■ねこ派なら必見!世界の猫博物館4選

(3) 失恋博物館「Museum of Broken Relationships」/クロアチア

2014-10-07-c_DSC01691398x600.jpg

Takafumi Sato「クロアチア・オーストリア旅行

失恋博物館は失恋とその遺品をコンセプトに、巡回展として発展してきました。ウエディングドレス、元カノからもらったぬいぐるみ、元カレのパンツ、辛い過去から解放されたい人が博物館に寄贈したものがコレクションとなっています。2011年のヨーロッパ博物館アワードにノミネートされている素敵な博物館です。

(4) エロティックアート博物館 「The Erotic Museum of Barcelona」/スペイン

2014-10-07-d_DSC07095401x600.jpg

Svetlana Bel「Barcelona - the city of dreams

バルセロナの中心、ランブラス通りにあるエロティックアート博物館が1997年から世界のエロティックアートを集めています。インドのカーマ・スートラから日本のエログロ、そしてスペインのピンク映画の歴史を遡り奈良が世界のセクシュアリティを覗くことができます。

(5) チョコレート博物館「The House of Chocolate Perugina」/イタリア

2014-10-07-e_DSC03819.jpg

Ayumi Kato「2013~2014 ローマとウンブリア州の旅

巨大なバーチョ♡中身は本物のチョコです。

(Ayumi Kato「2013~2014 ローマとウンブリア州の旅」より)

イタリアの有名なチョコレート屋ペルジナの創業百年記念の際に開始されたチョコレート博物館。チョコレート工場、チョコレート学校、博物館などなど、楽しみ方がいろいろあります。とになくチョコレート好きな方なら必見です。

さいごに

いかがでしたか? 異国を訪れるとき芸術などを通してその国の文化を知るのが面白いですが、少し変わった博物館にも足を運ぶ価値があります。 次の旅に探してみてはいかがでしょうか。

Buon viaggio!

【関連記事】

【麺料理】夏バテでも食べやすい!アジアの麺料理10選

コッポラ監督の最新作、南イタリアの豪華ホテル「パラッツォ・マルゲリータ」とは

【肉料理】豪快にかぶりつきたい、ヨーロッパ肉料理5選

【ワイン】旅先で贅沢に味わいたい、南ヨーロッパのワイン5選

ライター:Leti

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT