BLOG

まだ間に合う!なでしこジャパンを追いかけていざカナダへ!

2015年06月17日 23時50分 JST | 更新 2016年06月14日 18時12分 JST

TRiPORTライターの八木彩香です。

FIFA女子ワールドカップカナダ2015に出場しているなでしこジャパン。現地時間6月8日19時にスイス戦がキックオフし、2連覇をかけた戦いが始まりました。予選を勝ち抜き、決勝まで行った場合は現地時間の7月5日16時にカナダのバンクーバーにあるBCプレイス・スタジアムにて熱い戦いが繰り広げられます。4年前に日本中を感動に巻き込んだ優勝の瞬間をこの目で見てみたいと思いませんか? 今からでもまだ間に合います! さっそくカナダへ行ってみましょう。

いざ、バンクーバーへ

2015-06-15-1434332343-3387383-1IMG_2484640x480.jpg

Photo credit: Koichiro Albus Victor「カナダ バンクーバー~ヴィクトリア

日本からバンクーバーへ行くには直行便、もしくはアメリカ・アジアの経由便があります。直行便の場合、フライト時間は約8時間~9時間。成田空港ではエアカナダと日本航空、羽田空港では全日空が毎日運航しているので、比較的アクセスしやすい海外の一つと言えるでしょう。日本のパスポートを持っていれば観光目的の6ヶ月以内の滞在であればビザは不要。あまり実感はないかもしれませんが、日本のパスポートは信頼度が高く「今すぐ海外へ行きたい!」と思い立ったらすぐに行けるパワーを持っているのです。 6月・7月のバンクーバーの気温は20度前後で、日本と違って湿気も少なく比較的過ごしやすくなっています。バンクーバー市内は大きすぎず、歩きやすく、わかりやすい街とも言われているので、初心者でも安心だと思います。試合観戦前後にはサーモンやロブスターなど、豊かな自然が育んだシーフード料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

キャピラノ公園も必見

2015-06-15-1434332360-3030133-2IMG_2505640x480.jpg

Photo credit: Koichiro Albus Victor「カナダ バンクーバー~ヴィクトリア

他にも定番の観光スポットと言われる2014年に125周年を迎えた「キャピラノ公園」は必見。年間80万人が訪れるここには、スコットランド人開拓者のジョージ・グラント・マッケイによって作られたキャピラノ吊り橋があります。高さは約70メートル・橋の全長は約137メートルと迫力満点。一見危なっかしそうに見えますが、スチールワイヤでしっかりと固定されているので安心。しかし、後ろの人が橋をゆらゆらするとドキッとしてしまうとか。試合を応援しつつ、その土地を楽むことができる日本代表を追いかけての海外旅行もなかなか楽しいのではないでしょうか。

(ライター:八木彩香)

Photo by: pixabay

日本のパスポートは世界第4位!これって何のランキング?

居心地バツグン!自然豊かなカナダを満喫できる街3選

【激アツ】わざわざ観に行く価値のある本場のスポーツ5選

バンクーバーの旅行記はこちら

*Koichiro Albus Victor「カナダ バンクーバー~ヴィクトリア

*Masayuki Oka「バンクーバー2013

【関連記事】

【激アツ】わざわざ観に行く価値のある本場のスポーツ5選

【船旅】いつもとは一味違う水上の旅が楽しめる名スポット5選

「5月病かな?」と思ったら行ってみたいおすすめの場所5選

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT

関連記事

なでしこ、3連勝で1位通過