BLOG

ニューヨークで実感した「日本の看板を背負っている」ということ

2015年04月19日 01時51分 JST | 更新 2015年06月16日 18時12分 JST

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。

日本で生まれ育った皆さんは、常日頃、自分が「日本人である」ということをどのぐらい意識して生活していますか? 街中や職場、学校などで異国の人と接する機会はあっても、周りの大多数が日本人という環境では、日本人としての振る舞いを意識するということは、そう多くないと思います。

今回は、先日ニューヨークを訪れた際に「私も日本の看板を背負っている一人」ということを改めて感じたエピソードを紹介します。

恩人に言えなかった「ありがとう」


2015-04-17-1429236969-1578261-aimage1640x480.jpg

Photo credit: Eri Iwasa 「弾丸NY

予定より1時間半ほど遅れ、夜の9時過ぎにニュージャージー州に位置するニューアーク・リバティー国際空港に到着した私。ここから、宿泊する予定のホテルがあるブルックリン区の最寄り駅までは、バスと電車を乗り継ぐのが最短ルートだと事前に調べていました。

しかし、到着が遅れたためにバスは運行しておらず、携帯の充電が切れてしまったため、ネットで調べることもできないという状況に。路線図を見てもイマイチわからなかったので、仕方なく片言の英語とジェスチャーで空港の職員さんに聞いてみたのですが、上手くコミュニケーションがとれず、気が付けば1時間ほど経過していました。

最終的に、職員さんに駅のホームまで案内してもらい、そこにたまたま居合わせたアジア系の女性に途中まで連れて行ってもらうことに。下車した私に、乗せてくれた女性は「ここでタクシーを拾って、目的地まで連れて行ってもらったほうがいい」と言い残し、パッといなくなってしまいました。心身ともに疲れ果てていた私は、その場で心からのお礼を伝えることができませんでした。

普段当たり前にやっている「助けてもらったらお礼を言う」という行為が、知らない土地だからといって、なぜできなかったのか...。彼女の中で日本人に対するイメージが悪くなっていないかということが気になり、何だか私の心の中に大きな「しこり」が残るような出来事でした。

無意識のマナー違反


2015-04-17-1429236985-9009261-bcanon_ixy_cebu_1714640x480.jpg

Photo credit: KANA「ニューヨーク女子旅/ヘルシーなピンクの可愛いお菓子屋さん

渡航先の習慣に従うのは当たり前のことですが、知識がないまま訪れた場合、知らないうちにマナー違反をしていることもあるでしょう。なかでも日本人には馴染みのないチップ文化に関するマナー違反は、多くの人がやってしまいがちだと思います。国によってはサービスを受けたらチップを支払うという習慣があり、このチップは住人の生活の糧となる重要な役割を果たしていることもあります。

私はニューヨークでそのことを知らず、チップを支払わずにレストランから出ようとしました。その時、一緒にいた友人が「アメリカではチップを支払うのが常識だから、テーブルにチップを置いておくんだよ」と教えてくれたので、非常識な観光客にならずに済みました。もし支払わずに帰ってしまったら、店員さんに「日本人は非常識だ」と思われたかもしれません。個人の小さな行動一つで、日本人全体のイメージが悪くなる可能性だってあるのです。

全員が「日本の看板を背負っている」


2015-04-17-1429237003-5917265-cDSCF3390640x359.jpg

Photo credit: Grzegorz Samborski「NYC

ニューヨークでタクシーに乗った際、エチオピア人のドライバーから、こんな嬉しい言葉をもらいました。

「Japanese is very good people(日本人はとてもいい人だよね)」

思わず満面の笑みがこぼれたと同時に「多くの日本人が作り上げた『日本人はいい人』というイメージを壊してはいけない」「私も日本の看板を背負っている一人なんだ」という実感が湧きました。

現在、訪日外国人観光客は右肩上がりに増え続け、2015年2月は138万7千人もの人が日本を訪れたそうです。これは、2003年に日本政府観光局が統計を開始してから、単月で過去最高の数値。これからもますます、世界各国から日本へ注目が集まることが予想されます。

世界の人々からは「日本人は誠実」「日本人は親切」という評価をいただくことが多いようです。これは多くの日本人の言動によって作り上げられたものでしょう。日本にいても、どこにいても「日本の看板を背負っている一人」という自覚を持ち、自分の無責任な行動で評価を下げることがないように心掛けてきたいですね。

(ライター:小林香織)

Photo by:Grzegorz Samborski「NYC


ニューヨークの旅行記はこちら

*Eri Iwasa 「弾丸NY

*KANA「ニューヨーク女子旅/ヘルシーなピンクの可愛いお菓子屋さん

*Grzegorz Samborski「NYC


【関連記事】

【スイーツ】食べるのがもったいない?旅先で見つけたスイーツ

他人ごとじゃない!実際に旅で起こった「まさか」の出来事

食文化という観点から、その国の歴史を紐解いてみませんか?

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT