BLOG

【コラム】寒い冬こそ、北欧に行く理由

2016年01月09日 16時52分 JST | 更新 2017年01月07日 19時12分 JST

11月末、ノルウェーのクルーズの旅に誘われ、北欧に行くことになった。

初めての北欧。寒さが苦手な私は、「北欧に行くなら夏でしょ」と、勝手に思い込んでいた。「冬の北欧って寒いし、なんだか街が寂しそうな感じがする」と、勝手に思い込んでいた。

しかし行ってみて驚いた。 なんだろう、この温かみのある街は。

2016-01-08-1452218931-2322769-151219214235119_deco640x427.jpg

Photo credit: Instagram@xxxkanaaaa

お店の前に決まって置いてあるキャンドルのゆらめく炎、カラフルな家の窓に写るふんわりとしたオレンジ色の灯り、ふわふわのファーやもこもこな毛糸のファッション。

木の温もり溢れるカフェも、外がすーっと透き通るような寒さだからこそ、過ごす時間が楽しくなる。

2016-01-08-1452218946-7392040-2151219215144108_deco640x416.jpg

Photo credit: Instagram@xxxkanaaaa

北の国には、寒い時期だからこその冬景色の美しさや良さがあるもの。やっぱり北部の国は冬が似合うみたいだ。

今となっては、冬に行って良かったと心の底から思う。自分勝手に想像していた先入観を捨て、もっと自由に冒険してみよう。その先入観が、素敵な体験を逃してしまっているかもしれないから。

ライター:KANA (世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

Photo by: Instagram@xxxkanaaaa

この旅の関連旅行記

*KANA「【世界一美しい北極圏クルーズ】フッティンルーテンの幻想的な冬の船旅5日間!

*KANA「【ノルウェー・オスロ冬女子一人旅】お洒落な可愛いカフェ巡り&クリスマス満喫の旅

【関連記事】

【コラム】幸福度が高い北欧の人々の幸せの秘訣

【コラム】色の少ない世界で起こる北極圏の未知の体験

【コラム】北極圏の犬ぞりに参加するおばあちゃんから見習うべきこと

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT