BLOG

留学先で出会う日本人同士のコミュニケーションで得られること

2015年09月23日 14時55分 JST | 更新 2016年09月17日 18時12分 JST

皆さんこんにちは! TRiPORTライターの眞田舞です。

近年、日本でも語学力、特に英語を使用する機会が増えてきています。英語を身につける手段として、英語圏への留学を決意する方も多いのではないでしょうか。

人気の留学先では、同じ目的を持った日本人が切磋琢磨しています。留学中にできるだけ英語力を伸ばすためには、留学先では極力日本語を話さない・日本人同士で一緒にいない・英語だけで生活する等のアドバイスを聞いたことがあると思います。そのせいか、実際に留学先の現地に行ってみると、日本人同士でお互いを拒絶していると感じることがあるかもしれません。

しかし、はたして日本語を話すことや日本人同士で固まることが、間違った留学中の時間の過ごし方なのでしょうか? 日本人の友達を作ったら、英語力は伸びないのでしょうか? 今回はあえて、一般的に言われている留学成功法とは反対に、日本人と過ごすことで得られることを紹介します。

2015-09-18-1442556426-392491-aDSC05628640x425.jpeg

Photo credit: Hiyori Nishimura 「アメリカで最も美しいキャンパスを誇るロングアイランド大学Post キャンパスを見学!

日本人を通して多国籍の友達の輪が広がる

グループスタディーやパーティー等、海外ドラマや映画の中で見る学生生活はとっても楽しそう! 留学生活中には、みんなでワイワイ過ごす、出発前に思い描くような楽しい体験が待っています。

さて、留学する人は多くは単身で飛び立っていくかと思います。 知っている人が誰もいない、見知らぬ土地でのソーシャライズは精神的に大変なことかもしれません。日本の学校で勉強した英語力だけだった場合、いきなり英語だけの中に入っていくのは正直とても大変です。話していることはなんとなくわかるけど、詳細まではわからないし、なぜみんなが大笑いしているのかはさっぱりわからない...。

そんな状況の中で、 自分は留学生で英語がわからないからもう一回同じ話をしてくれと、多勢が盛り上がっているのを遮ってまで言うことができますか? 言える人は問題ありません! 友達の輪もすぐに広がっていくことでしょう。しかし、大半の人は言えないのではと思います。

そもそも友達が一人もいないのに、誰がパーティーに誘ってくれるでしょうか? そんな状況の場合は、まず日本人に話しかけてみるのも一つの手段です。自分より前に来ていた日本人なら、留学初期の自分よりは少なくとも交友関係があるはず。例えば、その友達は交友関係が広かったとします。その友達が企画したパーティーに呼んでもらいました。交友関係が広いので、そのパーティーには他の国からの留学生やネイティブの英語を話す人もたくさん来ます。そうすると、日本人ではない人と知り合える機会ができますよね。さて、ここからコミュニケーション取っていくのは自分次第です! せっかくの機会を逃してはいけません。

最初は話しかけやすく、言葉もわかる日本人に話しかけても問題ないと思います。心細いのはみんな同じ。大事なのは、誰かと交流しようとすることです。「誰も話しかけてくれないから」「同じ日本人とは仲良くなりたくないから」といって、殻に閉じこもるくらいなら、日本語で日本人に話しかけたほうがよっぽど次の交流関係につながります。

2015-09-18-1442556443-3664449-bIMG_0881.jpg

Photo credit: Yi Li 「Harvard University

日本語を話してストレス発散

「使う量=英語力の向上」という方程式は、個人的には間違ってないと思います。英語と触れ合う機会がないと英語力は伸びません。できるだけ英語を読む、聞く、話す機会を失わないようにしたいですよね。

留学中、ずっと日本語に触れずに生活できる人はとても立派だと思います。ホームシックになったときは、日本語を聞いたり読んだりしたくなるものです。

現地にいる間、学校の授業は当然全て英語。買い物に行くときも食事を頼むときも、生活全般において英語を使用しなくてはいけません。そんな日々の中で、数時間日本語でおしゃべりをしたとしても、伸ばせる英語力に影響があるかといったら、私はそこまでないと思います。

逆に、日本語を話すことでストレス発散になるはずです。同じ日本人同士だからこそ分かち合える悩みやジレンマを話し合うことで気持ちが楽になり、いいリフレッシュになるのではないでしょうか。あまりにも日本語ばかり話していると、逆に英語を話していない自分に危機感を抱いて、次の日はもっと積極的に英語で話しかけたり、授業で発言しようと思えるはずです。

もちろん、インターネットで日本のテレビ番組を見たり、日本語でばかり情報を探したり、常に日本人と一緒にいてしまっては、せっかくの留学が無駄になってしまいます。あくまでリフレッシュとして行うようにしましょう。

2015-09-18-1442556460-5933140-cIMG_0753640x427.jpeg

Photo credit: Yusuke Saito 「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ

バランスが大切

日本語を使うこと・日本人とばかり一緒にいることをおすすめしているわけではありません。拒絶をしなくても、英語力を伸ばすことはできるし、満足する留学にすることができます。他の日本人留学生だって、英語力を伸ばしたり学位を取るという共通の目標を持っている人たちです。 同じ目標をもっているからこそ協力し、苦楽を共にすることができます。

改めてお伝えしたいことは、バランスが大切ということです。留学には時間もお金もかかります。だからこそ、できるだけ英語力を伸ばしたいし、自分の糧にしたいですよね。そのためには、全力で英語に向き合うことが必要となりますが、たまに「日本語」での息抜きがあってもいいのです。

留学を成功させる方法は、一人ひとり違うかと思います。全ては自分が何を目標にし、満足できる結果を出せるかどうかなのです。

ライター:眞田舞

Photo by: Yi Li 「Harvard University

関連旅行記はこちら

*Hiyori Nishimura 「アメリカで最も美しいキャンパスを誇るロングアイランド大学Post キャンパスを見学!

*Yusuke Saito 「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ

*Yi Li 「Harvard University

【関連記事】

生活費が半分で済む?ラスベガスに留学するってこんな感じ!

真のグローバル人材とは?社会人層の留学が増えている3つの理由

留学経験者の52%が生涯の友と出会ってる?留学の3つの価値とは

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT