BLOG

【コラム】大航海時代のポルトガルと中華が混ざり合うマカオ

2016年01月16日 15時27分 JST | 更新 2017年01月14日 19時12分 JST

マカオはなんとも面白い街だ。簡体字が羅列する中華圏独特の商店街があるかと思えば、隣の一角に足を運ぶと一変し、ヨーロッパのメルヘンチックな街並みが広がり出す。

2016-01-15-1452837025-1439015-1macaocompressor640x427.jpg

メルヘンなポルトガルの街並みのすぐ後ろに見えるのは、中華圏の下町らしい少々古びた家屋

東洋の相反する雰囲気が融合する不思議な世界。それが「マカオ」なのだ。この不思議な街は、一昔前までポルトガルの領地だった。それゆえ世界のどこを探してもない、ポルトガルと中華圏の雰囲気が混ざり合った、独特の世界観を醸し出している。

歴史散策ウォーキングルートを進んでいくと、次々とポルトガルに存在しているような教会や街灯、広場などが出現し、果たしてここがマカオなのか、ポルトガルなのか、なんだかよく分からなくなってくる。はるか遠くに存在する、西洋の国家に迷い込んでしまった気分だ。

2016-01-15-1452837042-316580-2C360_20151207134741456640x480.jpg

2016-01-15-1452837058-2493533-3C360_20151207134754875640x480.jpg

大航海時代のエッセンスが残るポルトガル料理と、中華料理が融合して進化した「マカオ料理」も、ここでしか味わえない独自の文化。その昔、ポルトガルからマカオへの航路の途中にあった植民地インドや東南アジアの香辛料や食材が、ポルトガル料理に加わり発展したものがマカオ料理なのだ。

マカオ半島の水辺の近くの、緩やかな風が心地よい一角にたどり着き、ポルトガル料理とマカオ料理が食べれるという少しレトロなカフェに入ってみた。

アンティーク調のペダルや舵取り、色褪せた航海の風景が写し出されるポスター。穏やかな時が流れ、ふと顔を上げれば目の前は海。

そんな古き良きカフェでマカオ料理を口にしていたら、いつの間にか大航海時代にトリップした気分になっていた。

マカオの公式観光情報はこちら

文・写真:KANA。世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。 Instagram@xxxkanaaaa

この旅の関連旅行記

*KANA「【12月のマカオ旅はお祭りラッシュ!】国際マラソンにラテンシティパレードにフェスティバル

【関連記事】

【コラム】観光街から離れ、住宅街を旅することで発見できるもの

【コラム】異次元が融合する混沌の国、摩訶不思議なマカオ

【コラム】マカオと中国。平穏の中に見え隠れする人々の凄絶な思い

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT