BLOG

スポーツを愛するメルボルンの人々。そのルーツとは?

2014年05月26日 17時11分 JST | 更新 2014年07月25日 18時12分 JST

2014年、FIFAワールドカップがブラジルで開幕するのも、もうすぐです。老若男女問わず、首を長くして待っていることかと思います。その一方で、一足先に盛り上がりを見せているのは、オーストラリアの南部、メルボルンで開催されているAustralian Football(オージーリーグ)です。

メルボルン ログブック

写真:「メルボルンには本当に世界一カフェがあるのか?メルボルンに確認しに行ったついでに、ケアンズも周る旅」より

フットボールはオーストラリア全土で人気のスポーツですが、中でも特にメルボルンで盛り上がりを見せているのには、ちゃんと理由があるんです。そして、他にも様々なスポーツの大会が開催される街でもあります。なぜ、メルボルンではスポーツがここまで愛されるのでしょうか。

今回はメルボルンのスポーツ事情に迫ってみましょう!

オージーリーグが今、熱い!

3月からオージーリーグが開催され、盛り上がりを見せるメルボルン。しかし、いろいろな街がある中で、どうして「メルボルン」なのでしょうか。

何故なら、オージーリーグに出場するチームの3分の2がメルボルン発祥のチームであり、さらに試合の70%がメルボルンで開催されるためです。しかし、出身地が同じというだけで、どのフットボールチームも他チームに負けないほど個性的で魅力的です。そこで、チームの中でも一際人気をのあるチームを2チームご紹介します。

■Daisuke Ogura「メルボルンには本当に世界一カフェがあるのか?メルボルンに確認しに行ったついでに、ケアンズも周る旅

コリングウッド(Collingwood)

collingwood 3

写真:「Collingwood Football Club」公式Facebookページより

まずはコリングウッド(Collingwood)です。1982年にメルボルンのヴィクトリア・パークを拠点として結成されたチームで、ユニホームは白と黒のストライプが印象的です。ファンの間ではマッグパイズ(Magpies)との愛称で親しまれています。

オージーリーグ(AFL)から最も援助されているチームということもあり、優勝を期待されていること間違いなし!注目すべきチームの1つです。

リッチモンド(Richmond)

richmond

写真:「Richmond FC」公式Facebookより

次に、黄色と黒のボーダーで虎を連想させるリッチモンド(Richmond)をご紹介します。1885年に結成され、タイガーの愛称で親しまれています。1908年以降、10回トップの座を奪い、これは歴代の優勝回数を見ると6位に入るほどの功績です。

もっとも、最近優勝した年は1980年と少し昔ですが、今なおメルボルンでの人気は絶大です。優勝を渇望しているファンも少なくないはず。

テニスやラグビー人気も見逃せない!

australian open 2

写真:「Australian Open」公式Facebookページより

人気を博しているのはフットボールだけではありません。

テニス、ラグビーもオーストラリアの人々に愛されているスポーツの一つです。毎年1月に開催される全豪オープン(Australian Open)の賑わいは、テニスが愛されている証拠です。2014年の全豪オープンに出場した錦織圭選手が、世界ランク1位のナダル選手(スペイン)に敗れるものの、大健闘したことは、記憶に新しいことかと思います。

ちなみに、私は2012年の全豪オープンを生で観戦しました。試合が始まると室内だと思いっていたドームの屋根が一気に開き、ギラギラの太陽に照らされる客席。正直「焼けたくない......。暑い!」と思いつつ、太陽よりも熱いファンたちの声援でアドレナリンは満タン! オージーファンとの一体感を、いっそう感じることができました。

ただし、観戦する際はサングラスをお忘れなく!

ラグビー メルボルン 

写真:Daisuke Taniwaki「オーストラリアぷち語学留学」より

フットボールやテニスとは違い、ラグビーは日本人にとってあまり身近に感じないかもしれません。そんな方は、まずスーパーラグビー(SUPER RUGBY)を観戦してみてください。日本人向けに5日間のスーパーラグビー観戦ツアーが組まれるほど、その人気は未知数です。

「スーパーラグビー」は、南半球における歴史ある大会で、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国の3か国で争われる国際的なリーグ戦です。開催期間は7月までなので、今からでも間に合います。運が良ければ決勝戦を現地で観戦できちゃうかも?!

■Daisuke Taniwaki「オーストラリアぷち語学留学

週末は公園でスポーツをするのが日課

3510525742_d2678c58eb_b

Photo Credit: danonenationscup via Compfightcc

メルボルンの人々にスポーツが欠かせない理由が少しずつわかってきました。

しかし、誰しもがスポーツ観戦できるのでしょうか? メルボルン市民が全員、スポーツに興味があるのでしょうか? メルボルン出身の友人に尋ねてみました。

オーストラリアは広大な国土を持っています。日本の20倍もの面積です。小学校には日本のものとは比較できないくらいのグラウンドが広がり、毎日放課後になると男女問わずスポーツを楽しむようです。また、学校の外にも広々とした芝生を持つ公園があちこちにあります。当然ながら公園には、フットボールのゴールなどが備えられています。週末には、園内で友人や家族と共にスポーツを楽しむようです。

スポーツが好きでも予定が合わなかったり、お金が無かったらスポーツ観戦に足を運ぶことは難しいですよね。しかし、例えばオージーリーグならチケットは約17ドルです。日本円で約1600円、とてもリーズナブルなのです! また、スポーツ番組がとても多く、スポーツバーや家でビールを飲みながら観戦するのは日課だそうです。

いかがでしたか? メルボルンの人々にとってスポーツは、生活を楽しくするための必須アイテムなのです。ぜひ現地を訪れ、本場のスポーツ観戦を体験してみてください!

メルボルン上空へ気球の旅

ライター:山本萌

http://blog.compathy.net/

▲編集元:TRiPORT

Melbourne - The Skinny