BLOG

いまさら聞けない!旅ビギナーにそっと教える「ビザ」とは

2014年07月10日 23時13分 JST | 更新 2014年09月07日 18時12分 JST

旅に出るとき、問答無用で必要なパスポート。日本のパスポートは、水戸黄門の印籠さながら、どの国へ行っても通じることで有名です。

しかし、中にはパスポートだけでは入国できない国も多くあります。そこで、必要になってくるのがビザです。このビザ取得のために様々な書類やら手続きやらで、旅に出る前から心が折れてしまう人がいるとかいないとか。

そこで今回は、旅の準備を少しでもスムーズに行うための、ビザ取得のいろはについてご紹介します。

ビザって何?

2014-07-08-9593526042_136b1fde95_o.jpg

Photo Credit: seyyahil via Compfightcc

そもそも、ビザって何なのでしょうか。

ビザ、というのは一言で言えば入国許可証に当たります。パスポートは国籍身分を示す証明書であるため、本来の意味のみを考えると、パスポートだけで入国することはできません。しかし日本の場合、「許可証がなくても入国して良いですよ。」という協定を結んでいる国が多くあるため、許可証無し(ビザなし)で入国できる国が多くあるのです。なぜ、そんな協定を結ぶことができたのかは、日本の経済成長と安定した情勢に理由があります。

もちろん、留学や仕事で海外へ行く場合は、就労ビザや学生ビザが必要ですが、旅行では、滞在可能期間は各国で決められていますが、許可を取らずとも行くことができるのです。

以上のことを踏まえると、「ビザが要る国」というのは、先述した協定を結んでいない国、ということになります。ビザの取得を義務付けている国は、雇用問題や戦争など、様々な理由があって、「許可証なしには誰も入れられない」という姿勢をとっているのです。

日本人(日本のパスポートを持っている人)でも、ビザが必要な国は事前にきちんと調べていかないと、不法入国扱いになることもあります。

ビザの要る国一覧

さて、ちょっぴり難しい話が終わったところで、実際どの国に行くときにビザがいるのかを見てゆきます。以下は日本のパスポートで行ける185カ国の中から、ビザ(その他別途許可証)が必要な国だけピックアップしてみました。以下参照:wikipedia道祖神

●アジア

2014-07-08-.jpg

写真:Haruna Nasu「~秘境の地~ミャンマー インレー湖を巡る!」より

カンボジア/ミャンマー/インドネシア/東ティモール/バングラデシュ/インド/ネパール/アルメニア/トルクメニスタン/ウズベキスタン/カザフスタン/スリランカ

●中近東

バーレーン/イラン/ヨルダン/クウェート/レバノン/オマーン/カタール

●アフリカ

2014-07-08-1.jpg

写真:Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その1 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アブシンベル編

アルジェリア/エジプト/カーボベルデ/トーゴ/ジプチ/エチオピア/ケニア/タンザニア/ウガンダ/アンゴラ/コモロ/マダガスカル/モザンビーク/ザンビア/ジンバブエ/エリトリア/ガボン/ガーナ/ガンビア・コモロ/ギニア/ギニアビサウ/コンゴ(旧ザイール)/コンゴ共和国/コートジボワール/サントメ・プリンシペ/シエラレオネ/ジプチ/スーダン/赤道ギニア/ソマリア/チャド/中央アフリカ/ナイジェリア/ニジェール/プルキナ・ファソ/ブルンジ/ベナン/マリ/南スーダン/モーリタニア/リビア/リベリア

●オセアニア

オーストラリア/ノーフォーク島

●ミクロネシア

2014-07-08-432330497_047108eb28.jpg

Photo Credit: chotda via Compfightcc

グアム/マーシャル諸島/ナウル/北マリアナ諸島/パラオ

●メラネシア

パプアニューギニア/ソロモン諸島

●ポリネシア

トケラウ

●南北アメリカ

アメリカ/ベリーズ/パナマ/キューバ/プエルトリコ/アメリカ領ヴァージン諸島/ブラジル

●ヨーロッパ

ベラルーシ/ロシア

初めて名前を聞く国も多く、ビザが必要な国はなかなかマニアックな地域が多いように思われます。ただ、インドやアメリカと言った、旅のメインスポットに躍り出るような国でもビザが要るという点は、要注意です。

ビザ取得にかかる料金&滞在可能日数

2014-07-08-11.jpg

写真:Shohei Watanabe「ヨルダン エジプトより船で入国 アカバから首都アンマン滞在」より

ビザを取るために必要な条件は、国によって様々です。ほとんどの国は、空港や国境でビザを取得することができ、有料です。しかし、どこの国から入国するかによって変わったり、陸路と空路で滞在可能日数が違ったり・・・。また、ビザに関する諸条件は突然変更されたりするため、渡航前に下調べしておきましょう。

●ビザ取得が無料な国

ヨルダン/レバノン/マーシャル諸島/パラオ/ソロモン諸島

●日本で事前にビザを取得した方がいい国(空路で入国する場合のみ)

トーゴ/ケニア/ベリーズ

基本的に、日本で取得できるなら事前に取って行った方が安心ですし、何より余計な手間がいりません。特に上記の3カ国は、政府が国内取得を推奨していたり、空港で取得するビザは滞在可能日数が7日と短かったりするため、日本の大使館に出向いて、取得する方がベターです。

ビザではないものが必要な国

2014-07-08-au.jpg

写真:Tomoaki Eto「メルボルン上空へ気球の旅」より

先ほど、ビザが必要な国を挙げましたが、あの中には数カ国、ビザではなくて別のものを取得する国があります。その別のものとは、ESTA。Electronic System for Travel Authorizationの略で、アメリカが導入したシステムです。ウェブ上で取得申請ができ、アメリカ以外でも、このESTAの取得を義務付けている国があります。

●ESTA取得が必要な国

オーストラリア/ノーフォーク島/スリランカ/アメリカ/プエルトリコ/アメリカ領ヴァージン諸島

更に、ESTAでもビザでもないものが「ツーリストカード」。限られた国しか入国条件として扱っていませんが、こちらも不規則に変わるため、随時チェックが必要です。

●ツーリストカードが必要な国

キューバ/メキシコ/ベネズエラ

ビザや入国の際に必要な書類や情報は、決して安定しているとは言えません。国の政治情勢や、自然環境など、思いもよらない事態によってかなり変動します。

お目当ての国に行く際は、必ず事前に調べることをオススメします。

ライター:立花実咲

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT