BLOG

平壌冷麺専門店もある!手軽に身近に楽しめる北朝鮮の文化

2016年02月07日 02時04分 JST | 更新 2017年02月04日 19時12分 JST

こんにちは、TRiPORTライターの新田浩之です。

今回は、日本にいながら北朝鮮の文化に触れる方法をお伝えします。「北朝鮮」と聞くと思わず身構える方も多いかもしれません。確かに、政治面では日朝の間に多くの問題があるのは事実です。ただ、長年、朝鮮半島で培われた文化が存在することは否定できません。せっかくの機会に、私たちが知らない北朝鮮の文化を覗いてみませんか。

2016-02-05-1454654735-9364632-1DSC_0167640x360.jpg

筆者撮影

北朝鮮の文化を知ることができる「朝鮮の声」

一番手っ取り早く北朝鮮の文化を学ぶ方法はラジオです。実は北朝鮮から日本向けに、日本語で放送される「朝鮮の声」という番組があります。この番組の内容は、99.9%は指導者を称えるプロパガンダ放送。ただ、たまに北朝鮮の文化や歴史、料理などを紹介することがあります。これが実に興味深くおもしろいのです。夏には平壌冷麺について特集することも。また、平壌以外の地方都市の見所なども紹介してくれます。

しかし近年、「朝鮮の声」は文化面の番組を縮小し、音楽の番組を増やす傾向にあります。その代わりなのかは定かではありませんが、「朝鮮の声」日本語課のホームページができました。ホームページの「自然・名勝」「歴史」のコーナーは日本語で書かれています。プロパガンダ的要素はありますが、北朝鮮の文化を学べることは間違いありません。

2016-02-05-1454654750-1686493-2P1242294640x480.jpg

筆者撮影

北朝鮮の代表料理、平壌冷麺を食べる

北朝鮮の料理といえば「平壌冷麺」です。平壌冷麺が広まったのは皮肉にも1950年の朝鮮戦争のとき。南に移住した北朝鮮の住民によって広められました。元々、平壌冷麺に使われている麺は蕎麦粉を原料としています。そして、牛肉などでダシをとったスープに大根のキムチの汁や牛肉を組み合わせて完成。なお、盛岡冷麺は平壌冷麺と北朝鮮の咸興冷麺を融合したものです。

平壌冷麺が気になったので、さっそく神戸市内にある平壌冷麺専門店で平壌冷麺を食べました。見た目は夏の暑さを和らげそうな爽やかな印象です。まずはスープと共に麺をひと口。麺はゴムのような独特のコシがあり、やみつきになりそうな味わいです。少し辛いスープが麺との相性抜群! そして牛肉とシャキシャキした野菜。野菜、麺、スープの組み合わせが素晴らしく、何杯でもいけそうな気がしました。日本では韓国料理のほうが有名ですが、「北朝鮮の料理も捨てがたいなぁ」と思いながら完食。まず「食」から北朝鮮の文化を知るのもおすすめです。

2016-02-05-1454654764-9158122-3567606675_7812e1e93d_o640x429.jpg

Photo Credit: Shohei Watanabe「2005年金正日政権下の北朝鮮

北朝鮮の文化を学ぶ意味

冒頭でも書いたとおり、日本と北朝鮮の間には難問がたくさんあります。そして政治的な問題から、私たちは北朝鮮を「遠い国」だと思い、北朝鮮住民を偏見な目で見てしまいがちです。しかし、北朝鮮の文化に接すると、日本と北朝鮮の文化の類似性に気づくはず。類似性に気づくと北朝鮮が「近い国」であることを理解するでしょう。お互いの「理解」がこれらの難問を解決する重要な要素だと思います。

ライター:新田浩之

Photo by: Shohei Watanabe「2005年金正日政権下の北朝鮮

Compathyで北朝鮮の旅行記を見ましょう

2016-02-05-1454654780-8123859-4567603145_ac5dff04b6_o640x340.jpg

Shoei Watanabe「2005年金正日政権下の北朝鮮

2016-02-05-1454654797-574005-52000027640x340.jpeg

Shoei Watanabe「韓国 軍事境界線~朝鮮戦争の爪痕と反日教育の前線を見る

【関連記事】

島国では味わえない陸路の国境越え!出入国審査は意外に甘い?

仕事に役立つ!異文化間コミュニケーション術<アジア編>

日本以外の国で「本音と建前」ってあるんでしょうか?

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT