BLOG

【コラム】アメリカの小さな街パドゥーカの街造りに学ぶべきこと

2016年02月07日 02時13分 JST | 更新 2017年02月04日 19時12分 JST

アメリカロードトリップ【ミシシッピリバー横断の旅】で、全米のかわいい街ランキング10位以内にランクインする、ケンタッキー州のパドゥーカという街に立ち寄った。

赤煉瓦が築いてきた街並みは、ランキングのトップに君臨できるほど可憐だが、心を動かされたことは、それだけではなかった。

パドゥーカは、街全体でアートな街作りやアーティストの支援に力を入れている。ミシシッピリバーの氾濫を防ぐ堤防も、パドゥーカの魔法にかかれば、街を彩るアートになる。

2016-02-05-1454656299-4813920-1DSC00127_1640x428.jpg

気さくな夫婦がスタートさせたクラフトビール醸造所と、バリスタが丁寧に一杯一杯作るコーヒースタンド、そしてアトリエやギャラリーが一帯となった施設は人々の憩いの場。

カフェで流れてくるパドゥーカ在住アーティストの音楽、パドゥーカ産の手作りビール、壁に飾られたパドゥーカ在住美術家の絵画...。何気ない日常で、この街で生み出されたものに触れることが、街を愛し、守っていく心に繋がっていく。

さらに施設のイベントスペースでは、メイクアップレッスンやアート制作など定期的に市民が集うイベントを開催し、住人一人一人の繋がりを強くし、コミュニティを形成している。

2016-02-05-1454656318-9149789-2DSC00368_1640x428.jpg

大都会で失われつつある、地域内の人と人の暖かな繋がりや、街で生まれたものを愛する心、地産地消や地域活性化がここにはあった。

まずは自分の街の人々と繋がることから、やがて私達ワンダーラストの使命でもある、世界中の個人と個人が繋がっていけるような世界になることを願う。

文・写真:KANA (旅フォトジャーナリストとして世界を飛び回る。各国の人々の暮らしや世界観を写真と文で表現する。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。Instagram@xxxkanaaaa

■ミシシッピリバーの公式観光情報はミシシッピ・リバー・カントリーUSA日本事務所HPに

Compathyでこの旅の関連旅行記を見ましょう

2016-02-05-1454656333-3060036-3DSC00102_11640x340.jpeg

KANA「【アメリカ・ケンタッキー州】本場のバーボン&全米トップ10の可愛い町を楽しむ旅

【関連記事】

【コラム】アメリカの音楽の聖地メンフィスが、旅人を惹きつけるワケ

【コラム】アメリカに実在する「トム・ソーヤの冒険」の街へ

【コラム】いつもここから、旅が始まる

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT