BLOG

本場のクリスマスをフィンランドの「サンタクロース村」で過ごしたい!

2014年07月22日 15時13分 JST | 更新 2014年09月16日 18時12分 JST
 

梅雨も佳境、いよいよ暑い夏が始まろうという頃ですが、季節を半周したら何が待っているか、みなさん忘れてはいないですよね? そう、一年で一大イベントであるクリスマスです。恋人とロマンティックに過ごしたり、友達とわいわいと賑やかに過ごしたり、家族でケーキを囲んだり。過ごした方が違うにせよ、素敵なクリスマスを過ごしたい!と皆さん思いますよね。

クリスマスと言えばサンタクロースを想像しますが、実際に「サンタクロース村」という場所が存在することをご存知でしょうか。

2014-07-18-4429153287_5f1b72ee38.jpg

Photo Credit: roomman via Compfightcc

フィンランドのロバ二エミ市にあるアミューズメントパークで、周囲は森に囲まれた幻想的で小さな村です。サンタクロース・オフィス、サンタクロース郵便局、クリスマスグッズの店が連なり、毎年世界中から何十万人もの人々が訪れるフィンランド随一の観光スポットでもあります。

今日はフィンランドの「サンタクロース村」のおすすめポイントを4つ、ご紹介します。

1. 一年中クリスマスムード

北欧フィンランドにある村は雪景色の絶景を一望できる村とも言えます。この景色の中でサンタさんに会えるなんて、子供心が躍りますね。

2014-07-18-CIMG1512e1403519025853.jpg

写真:Misaki Oikawa「Rovaniem旅行

「サンタクロース・オフィス」に行けば、サンタさんにも無料で会うことができます。記念撮影も撮れますが、自分のカメラでの撮影は禁止されていて、1枚25ユーロで購入できます。噂によればサンタさんは1人だけではなく複数人おり、しかもその内の何人かは日本語も話せるだのだとか。

2014-07-18-CIMG15133e1403848293140.jpg

写真:Misaki Oikawa 「Rovaniem旅行

お土産屋さんはこんなかわいらしい建物になっており、日本の国旗も! どれほど日本人に人気のスポットなのかが分かります。

2. 記念物がたくさんある

インフォメーションセンターでは、北極圏に突入した証明書を発行してもらえます。証明証は1枚4.2ユーロです。

2014-07-18-CIMG15152e1403853874168.jpg

写真:Misaki Oikawa 「Rovaniem旅行

日本語と英語と各言語が用意されています。また、とても人気なのがサンタクロースからのクリスマスカード。郵便局に行って、申込書に届け先の住所と名前、また希望する言語を記入し、1枚7ユーロから送れます。

サプライズで日本にいる大切な人への贈り物にも良さそうです。証明書も手紙も、サンタクロース村のものなら少し特別な感じがします。

3. オーロラが見れるチャンス

北欧フィンランドでは年中オーロラが見られるチャンスがあります。日が出ている時間が短いハイシーズンの11月~3月は、オーロラを見るのにオススメの時期と言われています。

2014-07-18-9819802274_3ccb85752c.jpg

Photo Credit: The Aurora Zone via Compfightcc

4. クリスマスの日は注意

2014-07-18-5270600203_d153f03ccb.jpg

Photo Credit: kevin dooley via Compfightcc

肝心のクリスマス期間である、12月24日午後~12月26日午後まではフィンランドの国鉄とロバ二エミ市の空港がお休みです。

サンタクロース・オフィスの営業時間も短縮されます。12月24日が9時~15時、25日は12時~17時と営業時間が変更されるのです。ロバ二エミ市のレストランもクリスマス休暇のお店があり、クリスマス当日はサンタさんといつでも会えるわけではないので注意しておきましょう。

サンタクロース村全員で楽しむクリスマス!

フィンランドのサンタクロース村は一年中クリスマスムードに包まれていますが、いざ当日を迎えるとサンタさんはフルタイム勤務になるのか、はたまた自分もクリスマスを楽しむためか、サンタクロース村は閑散としてしまいます。

ですが、みんなでクリスマスを祝おうという姿勢を貫く雰囲気は素敵ですね。ぜひ一度クリスマスの本場の国フィンランドに訪れて、ちょっぴり早く大切な人と素敵なクリスマスの思い出を作ってみてはいかがでしょう。

■Misaki Oikawa 「Rovaniem旅行

■yokoichi「Finland,Helsinki2014

■Hiroaki Takeuchi「初めての一人旅 北欧スウェーデン〜フィンランド

ライター:菱井園絵

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT