BLOG

【コラム】世界一美しい船旅の真の魅力は、心の暖かさだった

2015年12月29日 22時04分 JST | 更新 2016年12月27日 19時12分 JST

世界一美しいクルーズと呼ばれる、ノルウェーの北極圏を行くクルーズ「フッティルーテン」。連日窓の外には、言葉を失ってしまうほど美しく壮大なフィヨルドが広がる。その神秘的な麗しさに敵う景色は、世界をみてもそうそうないだろう。

【コラム】色の少ない世界で起こる北極圏の未知の体験

2015-12-28-1451282071-9595717-1DSC02018640x428.jpg

だがこのフッティルーテン、皆が想像する豪華客船の派手な雰囲気とは大きく異なる。他のクルーズが娯楽目的なのに対し、フッティルーテンはもともと、フィヨルドで鉄道などがひけないノルウェー内の重要な交通機関として発足した。

だから今でも、地元の人々が国内移動の際に使う、日常的な移動手段でもあるのだ。

2015-12-28-1451282086-4777091-2DSC014911640x428.jpg

船が港に着き、船内から降りてくるおじいちゃんを待つ家族の姿。再会しハグして、仲良さそうに帰っていく光景。そんなほっこりする場面にたくさん出会える。

150人程度の小規模の船なので、数日間船の上で暮らしていると、同じ時間を共にする乗客とどんどん顔見知りになり、言葉を交わすようになる。スタッフも10人程度で、様々な街や船内でのアクティビティを通して、彼らとは友達のようになれる。

そう、数日間いるだけで、まるでファミリーのようになっていくのだ。 こんなにも心暖まるアットホームなクルーズは他にはないだろう。

文・写真:KANA(世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【世界一美しい北極圏クルーズ】フッティンルーテンの幻想的な冬の船旅5日間!

【関連記事】

【コラム】日本から遠く離れた地で、月夜に気づかされたこと

【コラム】色の少ない世界で起こる北極圏の未知の体験

【コラム】まるで「千と千尋の神隠し」のように混沌としたマカオ

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT