BLOG

【世界の名言】精神的な旅をしなければ、どこへもたどり着けない

2015年01月31日 01時02分 JST | 更新 2015年03月30日 18時12分 JST

「どんなに遠くに旅をしても、その距離と同じだけ精神的な旅をしなければ、どこへもたどり着くことはできません」-リリアン・スミス(米国の女性画家)

2015-01-29-DSC04422.jpg

Yoshitsugu Abe「Around the world

たまに、さっき初めて会ったばかりなのにまるで幼馴染のように気を許し合い、一気に仲を深められるような人に出会うことがある。いわゆる相性が良いってやつだ。旅は一期一会。僅か10分程度の会話で別れたとしても、再会したときには親友のように喜びあう。一方で、どんなに長く一緒にいても仲良くなれない人もいる。いわゆる馬が合わないってやつだ。これらの経験をするとつくづく、「付き合った時間と友情の深さは比例しない」と実感する。

きっと旅もこれと同じようものなのだろう。どんなに遠くまで旅をしても、その距離と同じだけ精神的に成長できるとは限らない。逆に成長できていないのならば、本当はどこへもたどり着くことができていないのかもしれない。「移動距離と成長は比例しないのだ」。

目的地を決めて、ただそこへ向かうのは「旅行」と言うべきだろう。精神的な着地点、つまりそこへ行って何をしたいのか、何を感じたいのかを考えて、初めて「旅」となる。あなたはどっちがお好みだろうか?


【関連記事】

【世界の名言】「旅の過程にこそ価値がある」スティーブ・ジョブス

【世界の名言】あちこち旅をしても、自分から逃げることはできない

【世界の名言】僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

【世界の名言】人間の幅を広げる3つのものは人、本、旅である

ライター:八木彩香

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT