BLOG

この夏こそ南イタリアへ!- 南イタリアのおすすめ夏イベント3選 -

2014年05月19日 16時42分 JST | 更新 2014年07月18日 18時12分 JST

まだまだ5月ですが、暖かい日々が続く中で夏の予定を立て始めている方が少なくないでしょう。もし次の旅行には憧れのイタリアへ!とお考えの方。メインの場所ばかりではなくて、あまり知られていない南イタリアはいかが?

地中海から吹く風を感じながら、南イタリアで夏の気分を味わいたいあなた! 今日は南イタリアの3つの夏イベントをご紹介します。

スクショ

Photo Credit: Letizia Guarini 「南イタリアの夏巡り」

(1) 澄み切った海でパンクライブに参戦!「デル・マーレ・ミーティング」/カンパニア州

早くない?!と思う方が多いかもしれませんが、南イタリアは5月から既に夏のイベントが始まっています

そのなかで5月30日から6月2日までチレント(※1)に位置するマリーナ・ディ・カメロータで「デル・マーレ・ミーティング」(Meeting del mare)というイベントが開かれます。マーレは海、という意味のイタリア語です。

18年前ローカルなイベントとして始まった「デル・マーレ・ミーティング」は、だんだん大きくなって、現在若者に大人気の夏フェスティバルになっています。イタリアの偉大なアーティストはもちろん、世界中に有名なバンドのステージが見られる上に、4日間のライブは完全に無料! そして、ことばを失うほどきれいなチレントの海を見ることができます。

(※1)チレントとは、カンパニア州サレルノ県の地域をいう。ナポリから2時間ぐらい離れている。

Ayu Aoki 「イタリア ナポリ」

473414054_ed22a68728

Photo Credit: Freeariello via Compfightcc

今年出演するアーティストのなかでは「ゴーゴル・ボールデロ」(Gogol Bordello) が注目を浴びています。ニューヨークで結成されたパンクロックバンドで、ウクライナ出身のユージン・ハッツを中心に、東欧諸国、スコットランド、イスラエル、アフリカ、中南米、アジア系などなど世界各国の雑多な人種・国籍の男女混合メンバーによって構成されています。

6月1日にこの「ゴーゴル・ボールデロ」が登場。ユニークなパフォーマンスを見るチャンスです。お見逃しなく!

詳細はこちら(イタリア語のみ)。参加したい方はナポリから電車でピショッタ(Pisciotta)あるいはチェントーラ(Centola)駅に降りて、「Meeting del mare」行きのバスに乗ってください。

(2) ほろ酔い登山を楽しむ「ワイン祭り」/バシリカータ州

電車がなかなか通らないことで有名な南イタリアを旅するのは、簡単ではないかもしれません。しかし、それはそれで冒険であり、旅の楽しみです。どんどん新しいことにチャンレジする旅の方が、一生忘れない思い出を作れるはず!

カンパニア州から各駅停車の電車に乗って、あまり知られていないバシリカータ州に入ってみましょう。ここも素敵なイベント、神秘的な場所......そしてなんといっても、美味しいワインがあなたを待っていますよ!

matera4

Photo Credit: Letizia Guarini 「Potenza-Matera (Basilicata)への旅」

毎年8月12日から15日までサンタンジェロ・レ・フラッテ(Sant'Angelo Le Fratte)という小さな山村でワイン祭りが開かれます。

バシリカータ州はワイン産地として有名ですが、ワイン祭りの4日の間にサンタンジェロ・レ・フラッテのすべてのワイン貯蔵室が公開されます。山の麓から村を歩きながら、それぞれの貯蔵室にとまって100円でワイングラスをもらえます。いうまでもなく、村の一番高いところにたどり着くときはみんな酔っぱらっています。そこで飲み続けながら夜中まで踊る、大人気の夏イベントです。

volodellangelo_voucher_pasqua_2014

Photo Credit: www.volodellangelo.com

二日酔いから復活したら、カステルメッザーノ(Castelmezzano)へ移動。ドロミーティ山地に位置するこの小さな山村ではユニークな体験ができます。山の麓から歩いて、あるいはロバに乗って山頂まで行くと、なんと天使のように空を飛ぶことができます。

「天使の飛躍」(Volo dell'Angelo)と呼ばれるこのアクティビティでは、鋼鉄のロープにつるされながらカステルメッザーノの山頂(1019m)から手前にあるピエトラペルトーサ(Pietrapertosa, 888m)まで飛ぶことができます。そして、ピエトラペルトーサの山頂(1020m)まで登って、またカステルメッザーノ(859m)まで飛びます。1450mくらい離れている二つの村を飛ぶスピードは時速120キロです。

ひとりではもちろん、カップルでも体験できます。息を飲むような山に囲まれて空を飛んでみませんか?

詳細はこちらです(予約必須)。

Letizia Guarini 「Potenza-Matera (Basilicata)への旅」

(3) ワインと汗まみれで乱舞「タランタの夜」/プッリア州

] DSCF1136 Photo Credit: Natsuko Uoi 「イタリア2012」

夏の祭りを追いながら、バシリカータ州からプッリア州へ移動。そこはアルベロベッロが有名な観光地ですが、プッリア州を訪れるなら南イタリアの最大フェスティバル「タランタの夜」(Notte della Taranta)に行かないと大損します!

8月5日から23日までサレント半島(※2)の様々な村で南イタリアの伝統的な音楽ライブが開催されます。そして、毎年20万人も参加するメルピニャーノ(Melpignano)の大きなライブで、盛大にフェスティバルの幕が降ります

サレント半島の伝統的な踊りといえば、タランタ(Taranta)とピッツィカ(Pizzica)がありますが、この狂った踊り自体にも印象深いエピソードがあるのです。

伝説によると、サレント半島ではあちこちの家々で、若い娘たちがクモ(タランチュラ)に噛まれて毒が回り、半狂乱になるという不思議なことが起こったそうです。家族が困ったあげく娘の周りでタンバリンを叩き鳴らしたところ、娘がその

リズムに取り憑かれたように踊り出したそうです。タンバリンを速く強く叩けば叩くほど、それに合わせて娘の踊りも激しくなっていきます。とうとう娘たちは踊り疲れて気を失い倒れます。やがて目を覚ますと、娘の体からはクモの毒気がすっかり抜けていて、正気に返っていたそうです。

もちろん「タランタの夜」でもワインは欠かせません! 一晩中ワインを飲んで、汗を流すイタリア最大の音楽イベントに参加してみませんか?

イベントの詳細はこちらです。

Natsuko Uoi 「イタリア2012」

(※2)サレント半島とは、プッリャ州のターラント県、レッチェ県、ブリンディジ県にまたがる地域をいう。イタリア最東端でもある。

今度こそ南イタリアへ

いかがでしたか? 旅に行くとき観光するのはいいですが、現地の人に混じって祭りの雰囲気を味わってもいいかも。南イタリアなら美味しいご飯&ワイン、温かい人と楽しいイベントがあなたを待っていますよ!

Buon viaggio!

Letizia Guarini 「南イタリアの夏巡り」

Look: Italy