BLOG

【夕焼け】1日のうち数分間だけ見られる絶景。旅を彩る夕焼けスポット10選

2014年11月07日 16時10分 JST | 更新 2015年01月04日 19時12分 JST

こんにちは! ライターの渡部です。

すっかり秋も深まってきた今日この頃。みなさんは秋といえば、どんなことを連想するでしょうか。今日はCompathyのログブック(旅行記)に投稿された「夕焼け」をピックアップ。秋は、空気が澄んでいるため、一年でもとりわけ夕焼けが美しい時期とされています。

"秋の夕日に照る山もみじ"(童謡「もみじ」より)

"秋は夕暮れ 夕日のさして山の端いとちかうなりたるに、からすのねどころへ行くとて三つ四つ、二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり"(清少納言「枕草子」より)

古来より親しまれている歌や文学にも、その様子が見て取れますね。夕焼けは、明るい昼間が終わり、暗い夜がやってくる合図。夕日があたり一面をオレンジ色に染め上げる情景は、少し寂しげでもありますが見る人の心を癒し、パワーを与えてくれます。万国共通の夕日の美しさを、ぜひご覧ください。

(1)ランカウイ島

2014-11-05-1_20140301_19.25.11.jpg

Shino Ichimiya「Langkawi - 毎日海に沈む夕陽を見て過ごす贅沢

風が吹いて涼しくなった夕方、今度はパンタイテンガーのビーチへ。ビール片手に海に沈みゆくサンセットを堪能。

(Shino Ichimiya「Langkawi - 毎日海に沈む夕陽を見て過ごす贅沢」より)

(2)台湾

2014-11-05-02image2.jpg

Satomi「2011冬 台湾旅

舟が沈む夕陽とかぶる瞬間ねらって撮った写真。われながらいい感じで撮れた!

(Satomi「2011冬 台湾旅」より)

(3)イビサ島

2014-11-05-3image22.jpg

Masaki Iwamoto「オフシーズン x イビサ島 x サンセット = ゆったりバカンス

ゆったり、陽が落ちる時間を楽しみます。

(Masaki Iwamoto「オフシーズン x イビサ島 x サンセット = ゆったりバカンス」より)

(4)トルコ

2014-11-05-4RIMG0257.jpg

Misaki Tachibana「真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ)

石灰棚から見る夕焼け。ほんとうはこのエリアは立ち入り禁止区域なのですが、看板が2箇所程度にしか立っていないため、気付かず侵入。写真を撮っていた時に、チャリに乗ったおじちゃんに笛を吹かれて、いそいそと退場しました。

(Misaki Tachibana「真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) 」より)

(5)イースター島

2014-11-05-5IMG_8563.jpg

Ayako Kondo「神秘とロマン溢れすぎているイースター島一周の旅

海を見つめる7体のモアイと一緒に夕日鑑賞。これまた神秘的なのが、このモアイたちが向いている方角は、春分の日と秋分の日の日没の方角と一致するらしい。何なんやイースター島。

(Ayako Kondo「神秘とロマン溢れすぎているイースター島一周の旅」より)

(6)フランス

2014-11-05-6IMG_3374.jpg

D「France~Mont-St Michel,Paris

いちいちオシャレな街だと思った

(D「France~Mont-St Michel,Paris」より)

(7)モロッコ

2014-11-05-720.jpg

Mayu「COUNTDOWN IN MOROCCO

2013年最後のサンセットも体験できました♪ 海外でのこういうゆったりした時間、大好きです

(Mayu「COUNTDOWN IN MOROCCO」より)

(8)日本(熊本県)

2014-11-05-8WP_001431.jpg

Kazama Ryosuke「ほぼノープランで九州旅行

米塚を背景に夕日を眺める。夕日を撮るのは難しいね。

(Kazama Ryosuke「ほぼノープランで九州旅行」より)

(9)ペルー

2014-11-05-9IMG_0769.jpg

Jun Naohara「ボリビア•ペルー 一人旅

リマにて。旅も終わりです。

(Jun Naohara「ボリビア•ペルー 一人旅」より)

(10)ハワイ島

2014-11-05-10bigisle20131230d.jpg

Tomoaki Eto「旅人の数だけ物語がある

ハワイ島西海岸に位置するコナからは毎日美しい夕陽を見ることができる

(Tomoaki Eto「旅人の数だけ物語がある」より)

一日のうち、ほんの数分の貴重な時間。だからこそどこか神秘的で、そして儚く美しいのでしょう。みなさまも旅先のとっておきの瞬間を目に焼き付けてくださいね。

【関連記事】

アートと歴史が育む、カラフルな街「グアナフアト」の6つの魅力

【肉料理】豪快にかぶりつきたい、ヨーロッパ肉料理5選

【街並み】歩くだけで気分がアガる!世界のカラフルな街並み7選

【ディズニー】世界中から愛される「ディズニー映画」の舞台になった場所7選

ライター:Mika Watabe

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT